一死一塁における攻撃手段

Last Updated on 2024年5月20日 by wpmaster

これまで、ケース打撃に関して書かれたコンテンツは、数多いですが、どれも、バッテリーを含めた内野手、外野手の主に肩関節、股関節を含めた肉体の稼働の仕方とそれによる加速距離の限界、生じ得るプレーを網羅されていません。

よって、セオリー化された得点手段では、得点できない、また、他にもこんな得点手段があるということが生じてきています。

当サイトでは、既に産み出されたケース打撃に関するコンテンツに書かれていないこと、定説化された得点手段の限界とその超越に関して述べています。

当該記事では、一死一塁のケースに絞って、上記のこと記載した関係記事を列挙しておきます。

概要

一塁走者は、二塁ベース及び三塁ベースを蹴った後でも一塁に帰塁できる。

一死一塁のケースでは、飛球を野手が落球した場合。打者が走者となるので、一塁走者は、進塁義務が生ずる。

よって、一塁ベースは、打者走者に占有権が生ずる(野球規則5.06 (b))。

一塁走者は、一塁に触れていた場合、一塁走者がフォースドアウトとなる。

打者走者は、一塁ベースを蹴ってファゾーンをオーバーランしなければならない。

打球に触れた野手が一塁に投げて一塁走者が先にアウトになれば、一塁走者に一塁の占有権が復活する。

守る野手は、二塁並びに三塁及び本塁を一塁走者に蹴れれる前に、一塁走者にタッグしないと一塁走者をアウトにできない。

一塁走者は、本塁に生還できる。

一方、野手が落下点の後ろに入る過程でバックを踏んだ(拇指球で地面を進行方向と逆に蹴ること)後に帰塁し、野手がノーバウンドで打球に触れた後、一塁を離塁する手段を採用すると、野手が落球した場合、バックを踏んだGoの場合よりも進塁の程度が留保されてしまう。

関係記事

[豚vs鷹㉓]点の取られ方が弱いチーム

[野球]コンプライアンスをぶっ潰せ

[野球]あなたはこの試合にどんな評価を付けますか[白痴度テスト]

[野球が]まだまだ子供だね[豚vs獅子4回戦]

[隙を突く野球]走者が立ち上がる際にタッグしたオスナのタッグプレーの一部始終を解説します。

牽制帰塁、ライナーバックの方法

[隙を産み出さない野球]内外野のカットプレーのツボ

[悲報]相手が産み出した隙を逃してしまう[日本ハム]

[野球]リード、ビハインドに関係なくやらなければならないこと

小林樹斗のリリーフ転向、高橋昂也の先発ローテ入り&田村ー小園ー持丸のクリーンアップ私的構想固まる

新井よ、大いに泣け!カープの弱点教えます[プロ野球申し送り事項]

相対的にも絶対的にも野球が強くなりきれていない

[OP戦豚對鯉]サヨナラで勝つのは弱いチーム

[野球]意識髙い系は要らない!大敗の活かし方[豚vs獅子③]

[野球]走者一二塁、私ならこうする[豚vs獅子②]

打者走者及び一二塁走者の進塁阻止の優先は大惨事を産む[野球守備]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA