巨人から移籍3年目DeNA平良拳太郎のピッチング

2017年1月5日にFAで巨人へ移籍した山口俊の人的補償として横浜DeNAベイスターズへの移籍が発表される。

2018年、シーズン初登板となった5月18日の阪神タイガース戦では5回1失点で初勝利を挙げる。その後も先発ローテーションの一角として13試合に登板し、5勝を挙げる。

動作解析

平良は、ヒールアップして右股関節を外旋、左膝をレッグアップ、上体が反る。

2回目のレッグダウウンのときまで右股関節の外旋をキープ。

テイクバックのときに左肩よりも右肩を上げ、右腕前腕部を回内して右腕を背中の側に引く。

右肩関節の外転のときに右膝が内入りする。

「く」の字を作ってから左足の着地位置の探りが短い。

右腕上腕部を外旋してトップを作る前に右肩を左肩よりも下げる。

トップを作ったときに肩、肘が上がって、スリークウォーター~オーバースローで投げていることと肩、肘が下がり、サイド~スリークウォーターの高さでリリースしていることがある。

左足が着地してから右肘が出てくるまでに間がある。

リリースの瞬間、左足が突っ張る。

フィニッシュのときに、三塁側に体重が残ることがある。

左足の拇指球で地面を蹴って右足をターンさせるが途中で止める。

各種指標

球種配分

球場別成績