2019広島vsヤクルト20回戦若手3投手が結果を出せずに敗戦

この試合に登板させられた3投手は、これからの投手ではあるけれども、残り試合から、これ以上、巨人と離されてはいけない試合に登板させられているということは勝ちを計算しているということでもある。

グラウンドに水分を含みマウンドが掘れたり滑る中、山口翔、塹江、島内は、それぞれ長所もあるのだが、3人共、後ろの股関節のタメが足りなかった。
故に残念な結果となった。

打つ方は、鈴木誠也は、後ろの股関節の使い方が拙く小川を助けることとなった。

6回裏松山は、割れを作ったとき、左足前脛骨筋を回外(内反)し、体重を左足のスパイクの外側に乗せる。

両股関節をぶつけると左足の拇指球を支点に左足首、左膝が飛び出る。打球にスライス回転がかかる。
左翼席に本塁打
広島4-8ヤクルト

雨もフィクションされた経済関係によって産み出されたもの
4点差まで追い上げたが、7回途中グラウンドコンディションが損なわれて試合終了。