2019広島vsDeNA15回戦ロペスに投じたインローが最大の敗因

筒香の2番は、逆方向のバッティングは打撃を崩すからであり、それでホームランバッターを2番に置いて引っ張らせる。奇策でも何でもない。

低目に投げさせりゃいいってもんじゃない。何度も同じ失敗を繰り返すベテラン捕手

この試合の最大の敗因は、石原とジョンスンのバッテリーだね。
濵口から連打で点を取れないのは想定内
濵口は、左足のスパイクの外側に重心をかけ左股関節を外旋して右膝を上げる。右膝を内入れしたとき、重心は左足小指球に移る。逆「く」の字を作って右膝を内に入れたときに左足踵が地面を離れ、左足前脛骨筋が回内(外反)。左肩は右肩よりも下げている。テイクバックが骨盤よりも前までしか引かず捻転差も小さい。
右肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかる。右手は親指が上に切り替わる。
両肩の肩峰をぶつけるように担いで(外旋→内旋)投げられている。
リリースの瞬間に左膝が伸びていたが右足が突っ張る。右足スパイクの外側の踵で地面を蹴って上体を三塁側に倒し左足をターン、両足がクロスする。
走者を貯めてからは瞬発力のロスを抑えて投げていた。
最大の原因は押し出しの一点しか取れなかった打線ではない。

石原は、何百回同じ失敗しても懲りないんだね。

左打者が投じたアウトロー、右打者から見たインローは、割れを作って打てばアッパーで振ってもダウンで振っても芯が通過するコース。

故障でもしてない限りは、ちょっと打撃がいいぐらいのピッチャーですらホームランが打てるホームランボール。
何でロペスに投げるんだ。
ロペスは、インローのストレートを押し手主導で左翼席に本塁打を打つ。

「ジョンンスンは、コースは悪くないが打った方が上手かった」って言うんだろけど、とんでもない。野球を知らなすぎだ。

バカープファンが野球を知らないのはいい、しかし、石原は何年キャッチャーやってるんだ。バッティングが打てないから右打者のインローがホームランボールだと言うことを知らないのか。
田中広輔だけでなく石原も今後必要になるときは来ないから登録抹消していいよ。

ジョンスンは、「く」の字を作ったときに、左足の踵が地面を離れ左膝が内に入る。左股関節のタメが足りなかった。

菊池涼介は、三好を獲った段階でメジャーは100%ないこと、巨人入りが確定したことは既に書いている。菊池は代打で使えばいい。
タナキクマルは、既にオワコン
育成に舵を切るのではなく、今季は、これから小園、三好、曽根でリーグ優勝をする。

遠藤は、投げさせた緒方と佐々岡がいけない。
遠藤は、リリース前に後ろ足を軸に骨盤が回る。リリースの瞬間に左膝が折れ曲がり右腕上腕部が凹む。アウトローにチェンジアップをワンバウンドさせ、三塁走者が本塁に還る。
昭和のOBが絶賛するテイクバックが横に大きいのはフィジカル面でも技術面でも百害あって一利なし。右股関節を二塁ベース方向に引くだけで右腕は捻転させないこと。

既に陳腐化してるV3打線

敗因の2番目は、松山をスタメンで使ったこと。結果論じゃないですよ。私は、松山の打撃の動き、特に軸足の移動が良くなっていないこと、一塁守備の拙さから後半戦は松山は代打専門で行けと書いていますから。小園を内野で使うならレフトは現状消去法で引っ張れば進塁打になり、二塁からシングルヒットで本塁に還れる野間だろう。

松山は、1回表は、アウトローのスライダーをミートの瞬間、右足が折れ曲がり左膝が伸び切り二飛
3回表真ん中低目のスライダーをヘッドアップ。惜しくも何ともないバッティング。

しかし、3回表の松山とロペスが交錯したプレーは、松山もロペスもどちらも悪くない。
ロペスは、進路に入らなければ捕球できなかった。走塁妨害にはならない。

松山は、減速を抑えて故障を回避するという面からは、足から滑るという方法もあったがスピードを緩めて駆け抜けた。
速度を落とさず駆け抜ける場合、ベースを踏んだときに腱、ふくらはぎ、ハムストリングス、前脛骨筋、踝を故障し得る。突き飛ばされたロペスも故障し得る。
フィクションされた経済関係を基礎に行うヘッドスライディングも足から滑る場合同様、重心を落とすので走るスピードを減速させるだけでなく、頚椎、首を始め大けがになり得る。
松山がしたことは、労働力の再生産を強いられているプロの仕事。これはやむを得ない。
小園は、1回表、右足のストライドを狭めて着地するのが遅れ両股関節をぶつけたとき右足の壁が崩れ後ろ足を軸に骨盤が回る。真ん中低目のストレートを打ってスライス回転のかかった三邪飛。崩されながらもフィニッシュで左膝が真下に落ちている。カウント2-0から打っていったのも大いに結構。
振らないと膝を上げる間、股関節を使ってストライドを狭める間、スイングの間がつかめませんから。
7回表は、失敗してもいいから小園にヒッティングさせて欲しかった。

8回表、菊池、バティスタが高目のクソボールのは振ったのはOK
始動が早まるから。
低目のワンバンを振るのがいけない。
しかし、バティスタは、最終結果は右足の内踝が前に倒れストライドが広がりアウトコースベルトの高さのストレートを見逃し三振。
菊池は後ろ足の拇指球で骨盤を回し右膝が真下に落ちない。
インハイのストレートを空振り三振