[選手名鑑]北山亘基

右投げ右打ち
1999年4月10日
京都成章高ー京産大ー2021ドラフト8位
182cm 83kg

投球動作

北山は、左足のスパイクの内側、右足のスパイクの外側踵寄りでエッジをかけ、僅かにオープンスタンスにしてセットアップする。ボールは、右手中指の付け根で握る。左足のスパイクの外側で地面を蹴って左膝を上げる。左膝を落とすと右足外踝にウェイトが移る。右腕前腕部、左腕前腕部を回外する。右腕前腕部、左腕前腕部を回内する。右手首が骨盤を越える。頸反射はしていない。左腕上腕部が内旋している。右足小指球にウェイトがかかる。右肘をアウトサイドの逆Lにし、インバートWで右手首をつまみ上げる。逆Lの段階では、頸反射していない。左腕前腕部を回外する。右足拇指球にウェイトが移る。左足は、スパイクの内側の踵寄りから入射する。右肘アクセレーション前に左股関節が外旋する。ここで最も両肩甲骨が接近する。リリースの直前、左膝の屈曲は浅い。右手親指のしなりを解いたときに頸反射する。両股関節をぶつけると右股関節が屈曲する。右腕と背骨の交わる角度、右肘の高さは、オーバーハンドである。右足小指球で地面を蹴り、右股関節を伸展させて右足を一塁側にターンする。両足をクロスさせる。

球種

フォーシーム Max 156km/h
ナックルカーブ
フォーク
カッター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA