[対楽天11回戦F3-6E]投手を中心とした守りの差が顕在化した試合

日本ハム対楽天11回戦、先発は、日本ハムが加藤貴之、楽天が岸孝之

地方球場で登板する岸孝之

岩手県営野球場は、マウンドの傾斜が緩く、黒土と砂を配分しており、前足をスパイクの内側から入射する投手は、前膝の加速にブレーキがかかる。当該マウンドは、掘らないと粘土が出現しない。前足のスパイクの外側から入射する投手は、スパイクの外側の歯が地面に入射しない。
岸は、左足のスパイクの内側、右足のスパイクの外側でエッジをかけ、セットアップする。右足のスパイクの外側をプレートの一塁側に沿わせる。左足、左肩を一塁線に向け、オープンスタンスにしてセットアップする。ボールは、右手中指の付け根で握る。首を三遊間に向ける。右腕前腕部は回外するが、左腕上腕部が内旋する。
首を三塁線に向ける。左腕上腕部が外旋する。左股関節が内旋する。
左膝を屈曲する。左足首が背屈する。右足踵にウェイトがかかる。頸反射はしていない。
左腕前腕部を回外する。左膝を伸展する、左股関節が外旋する。右足の小指球にウェイトが移る。右腕前腕部を回外する。左足首が背屈する。左足踵は一塁線を向く。首と左肩は左打席の外側のライン寄りに移る。頸反射はしていない。
左腕前腕部、右腕前腕部を回内する。右足踵にウェイトが移る。頸反射はしている。右肘側副靭帯は伸展している。
右肘は、インバートWでつまみ上げる。右手首をした向きに右肘を屈曲したときに頸反射はしていない。右手親指の腹でボールを叩いたとき、右足のスパイクの外側でエッジをかけ、Cアーチができる。頸反射をしている。
左足は、スパイクの内側の踵寄りから入射する。右肘のアクセレーション前に左股関節が外旋する。頸反射している。最大外旋位では頸反射していない。リリースの直前に頸反射する。リリース直前の左膝の屈曲は、135°よりも深い。カーブを投げるときは、左足がX脚になる(インステップ)。
岸は、無走者のケースでは、右足小指球で地面を荷重し、左足拇指球で地面を蹴る。ワインドアップモーションで左膝を屈曲、左足首を底屈したとき頸反射していない。二段モーションで左足首を背屈したときに右足が踵体重になり、更に左膝を上げたとき右足踵がヒールアップする。頸反射はしていない。左腕前腕部、右腕前腕部を回外する。左足踵を左打席の外側のラインと一塁線の交わるポイントから30cm一塁寄りに進んだところに左膝を骨盤の高さで屈曲し左足踵を向けたとき右足が踵体重になる。頸反射はしていない。左足首を底屈したときに右足小指球にウェイトが移る。左腕前腕部、右腕前腕部を回内したとき、左膝が伸展する。左足首は背屈している。右足外踝にウェイトがかかる。右肘を逆Lにしたとき右足の外踝にウェイトがかかる。頸反射はしていない。
松本剛の一発は、最も簡単にホームランが打てるインローの投球で、岸の失投である。

地方球場で登板する加藤貴之

加藤は、左足のスパイクの外側をプレートの一塁側に沿わせてセットアップする。頸反射はしていない。左膝を屈曲する。右膝を屈曲する。右足首を底屈する。左足踵にウェイトがかかる。右腕前腕部、右腕前腕部を回外する。右足首を背屈すると左足がヒールアップする。頸反射していない。右腕前腕部、左腕前腕部を回内すると、左足踵で地面を荷重する。右膝が伸展する。右足首は背屈している。頸反射している。右肘が伸展してしまう。頸反射していない。左腕前腕部を回内したまま、左腕上腕部を内旋してしまう。左足小指球にウェイトが移る。頸反射はしている。左肘がアウトサイドの角度で屈曲してから左手親指の腹でボールを叩く。右足はスパイクの外側の踵寄りから入射する。左肘の屈曲のとき、左肩関節外転前は、頸反射している。未だ、右腕前腕部は回外していない。左肘のアクセレーションと共に右腕前腕部を回外する。最大外旋位で右膝の屈曲は135°より浅いが、右足股関節から下がO脚になる。頸反射はしていない。
3-3の同点で、9回裏。上原健太は先発ローテーションで投げている。吉田輝星を前の試合先発させた関係で、ブルペンには、投球する手の親指のしなりを解く前に、投球肩が残っている投手がいない。これは、試合前からわかっていたことである。
北山が走者を2人出し、代わった鈴木健矢が島内に3ランを打たれて3-6で日本ハムが敗れた。

総合

地方球場のマウンドを使いこなせなかったのは加藤の方であった。3失策は、地方球場を使いこなせなかったからではなく、トップを作る、バックステップするという基礎ができていないだけである。新庄は、今季は、全選手、様々なケースで使ってテストしている。先発、リリーフ、敗戦処理の配置が決まるのは、来季以降であるから、今は、勝敗云々を問う段階ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA