[選手名鑑]田中正義

右投げ右打ち
生年月日 1994年7月19日
創価高ー創価大ー2016ドラフト1位
公称サイズ 188cm 93kg

投球動作

田中正義は、右足のスパイクの外側、左足のスパイクの外側で地面を蹴って僅かにオープンスタンスにしてセットアップする。右手中指の付け根でボールを握る。右足の足裏全体でプレートを踏んで、右足踵に重心がかかる。左足スパイクの外側踵寄りで地面を蹴る。右腕前腕部を回外、回内する。左腕前腕部を回内する。
二塁側への右股関節の外旋がしっかりできている。ヒップファーストでステップし、前傾させた上体と左足が垂直に交わる。
右肘を逆LにするインバートWで右肘をつまみ上げる。Cアーチのときに右足のスパイクの内側でエッジをかけられているが、右肘を右肘をつまみ上げたところから両肩がM字になる。左腕前腕部を回外する。左肩が開く。
左足は踵から入射する。右肘のアクセレーション前に左股関節が外旋する。右腕上腕部の外旋、右腕前腕部の回外が大きくなく、胸の張りが大きくない。右手親指のしなりを解いて両肩峰をぶつけていく段階でも、未だ、頸反射していない。

右肘の位置は高いが、トップの位置はそれほど高くはなく、スリークウォーターに近いハンドになっている。
右腕前腕部を回内したときに上体が一塁側に傾くが、回転軸の傾きは大きくない。
右腕上腕部の回外後、左内転筋は伸びていく。フィニシュで壁が崩れる(左膝が折れている)。上体は、地面と平行になるところまでタンブルする。

球種

フォーシーム Max 157km/h
スライダー
フォーク
カーブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA