[選手名鑑]奪三振率11.33育成選手出身で初の無安打無得点千賀滉大

右投げ左打ち
生年月日 1993年1月30日
蒲郡高ー2010育成4位ー支配下登録(23/04/2012)
公称サイズ 186cm 92kg

投球動作

千賀は、右足のスパイクの外側の踵に体重をかけ、右股関節を外旋して左膝をレッグアップ。二度目のレッグダウンのときいにも右股関節の外旋をしている。
左膝を内入れ、上体と左足で「く」の字を作ったとき、左足内転筋を内旋、右股関節を外旋している。右足の腱を伸ばし、右足前脛骨筋を回外(内反)している。右腕前腕部を回内し、右肩を左肩よりも下げる。
右肩を左肩よりも下げ、右腕は骨盤の横まで引くが、上体と下半身の捻転差は横にやや大きい。
右肘を逆Lにしたときの上体と下半身の捻転差は横に大きくはない。
右足の腱を伸ばし、右足前脛骨筋は回外(内反)し、前に倒れていないが、右膝が前に倒れる。
左足の踵を上にして左足内転筋を内旋、左足甲をホームベース方向に向ける。右足は小指球を支点に右足踵が地面を離れている。
右肘をつまみ上げたとき、両肩甲骨がややぶつかる。右足は拇指球を支点に踵が地面を離れる。右足内転筋が内旋、右足前脛骨筋が回内(外反)する。右膝は落ちず、右足内踝は地面に着かない。
左足はスパイクの内側から着地するが、左手は親指が上に切り替わる。左肩が開く(右肩関節~左肩関節のラインから外れる。

右腕上腕部を外旋しトップを作る前までは、右腕前腕部を回内している。右足の拇指球から小指球までを支点に右膝が伸び、左膝が開く。
右腕上腕部を外旋しトップを作ったときに右腕前腕部が回外し、右肘が沈む。右足の親指から小指までを支点に右膝が内に入り伸びる。

リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足踵が右足小指を支点に右足の真上に来ている。右足のスパイクの外側から頭まで一塁側に伸びるラインができてしまっている。
リリースの瞬間、左膝が突っ張らず、右腕上腕部が凹む。
右足を三塁側に着地させる。

球種

フォーシーム Max 160km/h
カッター
フォーク
スライダー
シンカー
カーブ

登板試合

(2022)
対日本ハム10回戦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA