無死三塁における攻撃手段

Last Updated on 2024年5月21日 by wpmaster

これまで、ケース打撃に関して書かれたコンテンツは、数多いですが、どれも、バッテリーを含めた内野手、外野手の主に肩関節、股関節を含めた肉体の稼働の仕方とそれによる加速距離の限界、生じ得るプレーを網羅されていません。

よって、セオリー化された得点手段では、得点できない、また、他にもこんな得点手段があるということが生じてきています。

当サイトでは、既に産み出されたケース打撃に関するコンテンツに書かれていないこと、定説化された得点手段の限界とその超越に関して述べています。

当該記事では、無死三塁のケースに絞って、上記のこと記載した関係記事を列挙しておきます。

概要

三塁ゴロは、一次リード、二次リードを取っていた走者が三塁にタッグされずに三塁に帰塁するのは、困難であるから、本塁突入一択である。

関係記事

[豚vs鯉Ⅳ]負けに等しい引分け、敗因は1つの走塁ミス

[野球]あなたはこの試合にどんな評価を付けますか[白痴度テスト]

[悲報]相手が産み出した隙を逃してしまう[日本ハム]

[豚vs水牛7回戦]ズリセン野球はするな

山本由伸を攻略したが、守りで相手に隙を与える[対オリックス12回戦F5-0Bs]

無死一塁からのランエンドヒットで一塁走者が本塁に還る!ベースランニングの基本[対楽天14回戦F2-1E]

[野球]ミスしないシャッフルからのゴロゴー

僅差のビハインドにおける攻撃に課題を残す[対ソフトバンク19回戦F2-7H]

[誰にも内緒で教えて欲しい]無死二塁におけるバントエンドラン&二死三塁からノーヒットで得点する方法

[悲報]指揮官が安打や四球を待つとこうなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA