[野球]コンプライアンスをぶっ潰せ

Last Updated on 2024年4月1日 by wpmaster

日本ハム対楽天13回戦

先発は、北山亘基と田中将大

試合は、2-3で日本ハムが敗戦

日本ハムは、11安打を産みながら2点しか取れない。

ロスチャイルドは、工作員を使って各産業の指導者であるエリートから洗脳していく。労働者は、サービス労働の量が増し、労働から逃げられなくなる。セオリー化されたものは、信用してはならないのだ。

日本ハムの広告宣伝に参画する電通の社員に説教でもされたのであろう。新庄は、一打席で2度のスクイズ失敗以後、一切のスモールベイスボールの手段を封印してしまった。

一死一二塁におけるケース打撃

一死一二塁におけるケース打撃

先頭の走者は、帰塁は、進行方向の先の塁を蹴ってからでもできる。帰塁するよりも先に進行方向の先の塁を蹴らなければならない。

打者走者を含め、後続の走者も、打者がフライングエルボーをした後にスタートした後にスタートを切る。
打球がリリースされた後も帰塁せずに走り続ける。

野手が打球に触れた後も直ちに帰塁を始めず、先頭の走者の進行方向の逆の塁に野手に送球させることにより先頭の走者の進塁及び本塁生還をアシストする。

打者走者より先に走者が複数出塁している場合、後続の走者は、打球に触れた野手が進行方向の塁に投げたら盗塁()進行方向と逆の塁に投げたら帰塁を開始する。

全ての走者は、ライナーバックの失敗はOK(関係記事)。

帰塁を優先させると、野手が打球をノーバウンドで触れられなかった場合に2つ以上進塁することができた場合に、実際、野手が打球をノーバウンドで触れられなかった後に1つの進塁に留まってしまう。

3回裏一死一二塁、一塁走者松本剛、二塁走者五十幡、打者清宮、カウントは3-2

田中将大は、首を2塁走者の方に向ける。首を左打席の内側のラインのバックネット寄りのコーナーに向け直してからセットを解く。

清宮は右翼にライナーを打つ。
右翼の小郷は、電車バックして、右翼塀際のアンツーカーと芝の境目から一歩分前のところでフォアハンドシングルで打球に触れる。

小郷は、落球せずに送球のトップを作り、この段階で2アウトが成立する。小郷は、一塁に2バウンドで送球する。

松本剛は、左股関節を外旋、右股関節を内旋して二塁ベースを蹴ってオーバーランし、右股関節を外旋、左股関節を内旋して三塁に進む準備をしている。

外野フライで2つ進塁することができる。事実関係は、下記のとおりである。

[事実関係]

投手は、左投手である。一塁走者に腹側、二塁走者、三塁走者に背側を向けている。中堅秋山翔吾(右投げ左打ち)は、前進守備シフトを採る。

秋山は、三塁線に背側、一塁線に腹側を向けて背走する。前進守備を採っていたので、シャッフルする間が作れず、左足拇指球で地面を蹴ってしまう(2歩目)。

秋山は、左腕前腕部を回外しフォアハンドシングルで打球に触れる。左手の掌が左肩の外側に向く。グラブを左胸に包み込む。左手首が掌屈する。

秋山は、右股関節を内旋、左股関節を外旋して三塁線に腹側、一塁線に背側を向ける。左腕前腕部を回内、左手人差し指の付け根と左手親指基節骨でボールを挟む。左腕前腕部を回外する。左手首が掌屈する、右腕前腕部を回内してボールをグラブから抜き取ると左腕前腕部が右肩の方に入っていく。

一人目の中継に入った二塁手への送球がワンバウンドする。

一人目の中継に入った二塁手はフォアハンドシングルで送球に触れる。左腕前腕部を回内し、左手人差し指と左手親指基節骨でボールを挟む。

送球に触れてから走者の方に首を捩じっているので左腕前腕部の回外運動の回転半径は短くでき、送球に触れることができた。

しかし、煎餅捕りをしたので、右腕前腕部を回内してボールをグラブから抜き取らなければならない。左腕前腕部が右肩の方に入っていく。右腕前腕部の回内、回外運動の回転半径が長く、加速距離が短くなってしまう。

しかし、五十幡は、本塁に向かって走っておらず、帰塁し始めてしまう。

一塁手の伊藤裕季也が一塁ベースに触球する。

松本剛は、一塁に戻れずに併殺が成立する。

一死二塁におけるケース打撃

一死二塁におけるケース打撃

二塁走者は、打者がゴロを産み出した場合、進塁義務が生じない。

二塁方向、三塁ベース方向の双方がタッグプレーとなる。

打者走者は、減速せずに一塁ベースを駆け抜け、野手の触球より先に一塁ベースを蹴れたら、審判が評価を付けるのを待たずにフェアゾーンをオーバーランし、先頭の走者の進行方向とは逆の塁に野手に送球させ、先頭の走者の本塁生還をアシストする。

ランエンドヒットの場合、二塁走者は、ラインの後ろ(外野寄り)で一次リードのみ取る。

三塁手、遊撃手が二塁走者の走路よりも前に出て守っている場合に、打者が遊ゴロ、三ゴロを産み出した場合、二塁走者は、帰塁することなく進塁する。

三塁手、遊撃手が二塁走者の走路より後ろに守っていても、打者がトップハンドの肘を上げた後に、ベースを離れ、二塁走者の走路より前に前進していった場合、二塁走者は帰塁せずに三塁に進む。

三塁手、遊撃手が二塁走者の走路の後ろに守っていた場合、三塁手又は遊撃手が前進せずにシフトを敷いた位置で打球に触れた場合、つなぐ野球の信奉者は二塁に戻れと言うが、私見は違う。
打球に触れた野手が投球肘を上げ、グラブを持つ手の肘が進行方向と逆の塁(この場合は、二塁又は一塁)に向いた後に三塁及び本塁方向にスタートを切る。

一塁に入った野手が送球に触れた後、地面にボールを触れさせれば得点できる。

打者走者は、四球を与えられたら、二塁に走る。捕手が二塁に送球したら二塁走者は本塁に走る。

4回裏一死二塁、投手田中将大(右投手)、打者マルティネス(右投げ右打ち)、二塁走者万波

遊撃村林は、定位置後方、二塁走者の走路よりも後ろ、二三塁間アンツーカーと外野の芝との境目に守る。

三塁手のフランコは、二塁走者の走路よりも後ろ、三塁ベースアンツーカーと二三塁間の走路の境目に右足のスパイクの外側を沿わせる。二塁手の小深田は、仮想一塁走者の走路よりも後ろに守る。

田中将大は、首を二塁走者の方に向けた後、首を右打席の内側のラインに向けてからセットを解き、左足拇指球で地面をタップする。右腕前腕部は背中から出ない。

マルティネスは、ヘッドの外側に投球を引っ掛け、三遊間に地を這うゴロを産む。

三塁手のフランコは三塁ベースに向かう。

村林がシフトを敷いた位置で両腕の前腕部を回外してグラブを入射する。両肘を畳んでグラブをヘソの方に引く。
左手小指基節骨で打球を叩く。

右手親指の爪の裏でボールを押しグラブからボールを抜き取る。左肘が右肩の方に入る。
左腕前腕部の回外、回内、右腕前腕部の回外運動の回転半径が長く加速距離が短くなる。

三塁で二塁走者をアウトにするのは難しい。

しかし、万波はヘッドスライディングをして二塁に帰塁してしまう。

村林が、右肘を上げ、一塁方向に左肩を向けた後も離塁しない。三塁に走らない。

二死一三塁からのケース打撃

二死一三塁からの得点手段

フォースボーク
三塁走者は、ファウルゾーンで一次リードのみ取る。
偽装スクイズ
スクイズ
重盗
ランエンドヒット

バントさせるか否かは、打者のインサイドアウトの完成度の到達度による。
盗塁のスタートは、全ての打者に初球からOK
カウント3-0からでもワンバウンド以外は振ってかまわない。

神主打法はしない(A)。

カットしない(B)。

逆方向に追っつけない(c)。
ゴロを打つ練習をしない(D)。

(A)~(D)は、ワンバウンドを空振りし、ストライクをスイングできない。インサイドアウトスイングの水準が向上しない。

打者は走者がスタートを切った投球をスルーせずに水平方向に捻転差を作らず本塁打して構わない。

カウント3-0、3-1、フルカウントでランエンドヒットをかけるか、又はディレードスチールを義務付ける。

ドリルスライディング(右腕前腕部を回外、左股関節を外旋→右股関節を内旋)をする。

打者に四球を与えたら、一塁走者は三塁に走る。三塁走者は、三塁送球の有無に関係なく本塁に走る。

5回二死一三塁、打者万波、一塁走者清宮、三塁走者松本剛
万波の初球、一塁走者、三塁走者は、ハーフウェイまで二次リードを広げてディレードスチールのスタートを切る。
万波は三ゴロを打ち、清宮は二塁フォースドアウトになる。

一死満塁における守備

一死満塁における守備

守備の基本

前進守備は採らない()。

ファアハンドシングルでグラブを入射し、グラブを持つ手の小指基節骨→親指基節骨の順で打球を叩く。

先頭の走者の進行方向の逆の塁に投げない。

特に一死満塁を含むフォースプレーが要求される場合は、打者がゴロを打った場合、先頭が走ってくるであろうというリスクという実体のない観念ではなく、先頭の打者を含め、全ての走者に進塁義務が生ずる。すなわち、先頭の打者を含め全ての走者が必ず現実に走ってくるのである。

先頭の打者の進行方向と逆の塁である三塁に投げれば、三塁走者が、二塁に投げれば、三塁走者だけでなく二塁走者まで本塁に還ってくる。

打者走者が野手の触球より早く一塁ベースを駆け抜ければ、無安打で得点が入る。

単打やミットに収まるまで投球の軌道を追いストライドを広げて四球をゲットするのを待ち、つなぐ野球をすること、ルーズベルトゲームを産むことに関する信奉者は、併殺崩れによる一点は止む無しとするが、無安打による失点が積み重なり点差が広げられれば追い越すのが難しくなる。

田中広輔や矢野の6-4-3のダブルプレーに歓喜の肥えを上げ、3位になって「CSで勝って下剋上だぁ~」と言ってサービス労働をしてロスチャイルドに利潤を産み出し続ける赤い帽子のファンのように、次元の低い白痴供は、6-4-3のダブルプレーにパチパチパチパチと拍手をすればよい。

しかし、本塁に投げて三塁走者をアウトにするのが優勝するチームの野球である。

4回表一死満塁、打者北山(右投手)、打者安田悠馬(右投げ左打ち)
一塁走者西川遥輝、二塁走者辰己、三塁走者フランコ

安田は、ヘッドを残して三遊間にライナーを産む。

遊撃手の山田遥輝は、二三塁間アンツーカーと外野の芝の境目で右膝をアウトサイドの角度に伸展、左膝を屈曲してスライディングする。

ハーフバウンドの角度で左腕前腕部を内旋しバックハンドシングルでグラブを入射する。
右股関節をバックステップしてヘッドステイバックする。
左腕前腕部を回外してフォハンドシングルにグラブの向きを変える。左手手親指爪の裏と人差し指の爪の裏でボールをつまむ。

左腕前腕部を回内し、右手親指の爪の裏でボールを押し、グラブからボールを抜き取る。
左腕前腕部の回外、回内、右腕前腕部の回外運動の回転半径が長く加速距離が短くなる。
右手首を背屈後、右腕前腕部を回内してサイドハンドの角度で二塁に送球する。

二塁に入った二塁手ハンスンが二塁ベースの左中間寄りのコーナーと右翼寄りのコーナーを跨いでフォアハンドシングルで送球に触れる。

一塁手淺間が一塁に入る。
ハンスンが一塁に送球して併殺が成立する。

脚注

用語の意味に関しては、下記記事参照

[知って得する]頻出野球用語集[完全保存版]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA