加藤貴之無四球完封、機動力を使って得点できない[対ロッテ23回戦F4-0M]

日本ハム対ロッテ23回戦、先発は、加藤貴之と鈴木昭汰
加藤は、9回無失点とロースコアの試合を作ります。打線は、初回に4失点した後は、追加点が取れず、最終結果として12安打で4得点しかできません。

一死一三塁からの攻撃

1回裏 一死一三塁 宇佐美の初球
捕手は、右手親指でボールを叩いて右肘を上げるのであるが、捕手が右肘をヒッチしたとき、右手親指でボールを叩く前に一塁走者上川畑がスタートする。 三塁走者近藤は、シャッフルしながら二次リードを取る。
捕手は、ピッチャーズバックするが、二塁送球がプレートを越えた後、三塁走者の近藤は左腕上腕部の外旋を解く。右足はスパイクの外側から入射するが、右膝が右足の爪先より前に出て加速できない。三塁に帰塁した後、再び二次リードを取る。二塁送球は、プレートから三塁側に外れたところ、プレートより後ろでバウンド、二塁ベースアンツーカーの前の芝のところで2バウンド目 左投手である鈴木昭汰は、首を一塁方向に向けてホームに投げるので、捕手がした二塁送球をカットできず、二塁べース前アンツーカー内で遊撃手が捕球する。一二塁間に上川畑が挟まれている間に、近藤は、右足はスパイクの外側から入射するが、右膝が右足の爪先より前に出て加速できない。近藤は、これをもう一度繰り返す。

二死一二塁からの攻撃

2回裏一死一二塁 バントで送って一死二三塁としても無安打で得点できる。
一死二三塁 松本剛 初球を打って右直を産み出す。三塁走者は、リタッチするが、タッグアップで本塁に還れない。
木村に対する1,3球目は、打者の膝より上の投球の軌道となる。2球目は、木村がファウルを打つ。 4球目、二三塁走者は、木村がトップを解除後スタートする。木村は、右飛を産む。
6回裏
二死一二塁 一塁走者が二三塁間で挟まれると得点できる。
打者細川の初球、捕手がバックハンドでノーバウンド捕球後 一塁走者、二塁走者が帰塁する。
6球目、捕手がバックハンドでノーバウンド捕球後 一塁走者、二塁走者が帰塁する。
9球目、投手が右手親指でボールを叩いて右肘を上げた後に、一塁走者、二塁走者がスタートを切る。細川は、左飛を産む。

無死二塁からの攻撃

7回裏、無死二塁、二塁走者は、進塁義務が生じない。バントで送って一死三塁とすれば、無安打で得点できる。いかなるケースでもワンバウンドを振って打者が三振した場合、インサイドアウトスイングの練習をしなくなるから打者走者は、振り逃げで出塁してもミスは帳消しにできたという価値は付けない。打者走者以外の走者は進塁の必要はない。
木村は、ワンバウンドの投球を振って空振り三振する。
7回裏
二死二三塁のケースは、二塁走者が飛び出して投手が二塁牽制の始動を開始後、本盗すれば無安打で得点できる。
打者宇佐美、2球目、左打者のインローを捕手がノーバウンドでフォアハンド捕球後 二塁走者、三塁走者は帰塁する。
3球目、宇佐美は、バントの構えからバット引く。宇佐美がトップを作った後、二塁走者、三塁走者がスタートする。捕手がバックハンドでノーバウンド捕球後、二塁走者、三塁走者が帰塁する。
4球目、左打者のインローを捕手がノーバウンドでバックハンドで捕球後、二塁走者、三塁走者が帰塁する。
5球目、左打者のアウトハイ 宇佐美がトップ解除後、二塁走者、三塁走者がスタートする。捕手がバックハンドでノーバウンド捕球後、二塁走者、三塁走者が帰塁する。

二死満塁
打者石井への初球、打者の膝より上の投球の軌道
2球目、何れの走者も石井がトップ解除後スタートする。石井は、一ゴロを産む。一塁走者が二塁フォースドアウト

坂本光士郎のピッチング

右肩を左打席の外側のラインの外側ボール1個分外れたところに向ける。首と両肩を結ぶラインが交わる角度をアウトサイド150°にしている。左足のスパイクの外側をプレートの三塁側に沿わせる。グラブは、背骨の左側で丹田の高さにセットする。
右膝は、ベルトの高さでアウトサイド110°の角度で屈曲する。右股関節を内旋する。右足踵で地面を荷重する。頸反射している。右肩が左打席の外側のラインからボール3個分外れたところに向く。
右足の裏を25°の角度で立てる。
坂本は、右足のスパイクの内側から入射する。
リリース直後の左肘の高さ、左腕と背骨の交わる角度は、スリークォーターである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA