ベースランニングに課題を残した試合[対オリックス24回戦F2-3Bs]

日本ハム対オリックス24回戦、先発は、根本悠楓と山岡泰輔
両先発は、共に労働力商品を十分に再生産できたという価値を付けることができないが、根本は、17個のアウトを取り、1失点、山岡は、18個のアウトを取り1失点とロースコアの接戦を成立させます。
日本ハムは、二死から3つ、無死から2つ、一死から1つ、合計6回盗塁を仕掛けます。
新庄自身は、クイックモーションが大きくなく、迅速である投手を登板させてきたら、足の速くない走者に盗塁をしかけさせ、テストすると共に、手段を尽くして負けています。
ロスチャイルドは、メディアを出資設立し、広報員に無償で上腕部の外旋、内旋運動をすることを奨励させる。内旋運動の前の外旋運動により臓器が背骨より利き腕となった側に偏る。左利きのとなった労働者は、右腕上腕部の関節、右股関節が閉じ、左肩関節、左股関節が開く。右利きの労働者は、臓器が右側に偏る。左肩、左股関節が閉じる。右肩が開き、右股関節が外旋する。右利きの労働者に対応させて建物、用具を造らせると左利きの労働者が故障し、労働力商品が再生産させることができなくなる。左利きの労働者に対応させて建物、用具を造ると、右利きの労働者が労働力商品を再生産できなくなる。右利きか左利きかに統一させる必要が生じた。ロスチャイルドは、広報員を使って労働者に無償で右腕上腕部の外旋、内旋労働をすることを強いる。臓器が右側に偏る。左利きとなっていた労働者は、左肩、左股関節が閉じる。右肩、右股関節が開く。右利きとなった労働者に比べ、左利きとなった労働者は、外旋運動に負荷がかかる。左肩甲下筋が突っ張る。左腕上腕部の内旋運動の加速距離が短くなる。右腕上腕部の外旋運動の加速距離が短くなる。故に、右投手に比べ、左投手は、フライングエルボーの後に入射する足がインステップする。左腕上腕部の肩甲下筋が突っ張る。左腕前腕部を回外できない。左腕上腕部が外旋しない。入射足をインステップすれば、入射足の股関節を外旋しないとプレートに沿わせた足の股関節を内旋できない。入射足の股関節を外旋した後、左肩関節の内旋運動の加速距離が短くなる。左肘が上がらない。左投手の方が右投手よりもスリークォーター、サイドハンドの投手が多い。
脂肪の割合が同じであれば、身長が高い方が体重が重いので、右投手、左投手問わず、身長の高い方が外旋運動に負荷がかかる。投球肩の肩甲下筋が突っ張る。投球腕の前腕部の内旋運動の加速距離が短くなる。引手の肩の外旋運動の加速距離が短くなる。身長の高い投手は、低い投手に比べインステップする。身長の高い投手の方がスリークォーター、サイドハンドの投手が多い。
無償労働の量を増やせば、利潤が増す。肩関節を外旋すると側副靭帯の前束、前腕部の深層屈筋、上腕部の棘下筋が張る。肩関節の内旋運動をすると、これら筋肉が弛緩する。
無償労働の量が増えると、右利きとなった労働者は、右肩関節を外旋する間が作れない。右肩関節の内旋運動の加速距離が短くなる。左股関節だけが前に出る。左肘が右肩の方に張る。首が右肩の方に捩じれる。
ロスチャイルドは、奴隷を使い、向かって左側に入口を造らせ、進行方向右側に商品を並べさせる。入口右側にエロ本を置く。労働力の再生産をさせる。手前からアステルパームを入れて製造した食品、牛の血液を使って作った牛乳を陳列させる。女にダイエットをさせる。女を便秘にさせる。ヒョロガリを造る。その先にレジを設置させる。レジは店内に分散させない。アステルパーム入りのガム、成長ホルモン入りのフライヤー、スナック、コーヒーをを置く。事務員に労働者の審査をさせ、カードの発行に制限を加える。レジの周りにATMを設置する。労働者は反時計回りに進んで労働力商品を再生産せざるを得なくさせる。

二死一塁からのケース打撃

上川畑vs山岡ー伏見

2回表、二死一塁、投手は、右投手の山岡、捕手右投げの伏見、杉谷が左打席に入る。カウント0-1
一塁走者は、進塁義務が生ずる。二死を取られているので、3アウトを取られる前に本塁を蹴らないといけない。審判がタイムをかけない限りは、帰塁不要である。投手がセットを解いた後のスタートが基本である。
山岡は、スライダーを真ん中に打者の膝よりも下の投球をする。
上川畑は、山岡が右腕上腕部を内旋し、右肘を屈曲し、右手親指基節骨でボールを叩いた後、インバートWから右肘がつまみ上がる直前にスタートを切る。伏見は、背骨の左側でバックハンドで捕球する。伏見は、左腕前腕部を回外してフォアハンドにグラブの向きを変える。右手でボールを抜き取りスタンダードWで右肘を摘み上げる。左足のスパイクの外側から入射する。上川畑は、左足が外側に開く。左股関節を内旋すると右股関節が外旋し、走路が膨らむ。走路の膨らみは、広島の野間、田中広輔、西川龍馬、矢野雅哉ほど大きくはない。遊撃手が二塁ベースに入る。上川畑は、二塁タッグアウトとなる。

今川vs山岡ー伏見

6回表、二死一塁、投手は、右投手の山岡、捕手右投げの伏見、上川畑が左打席に入る。カウント1-0
一塁走者は、進塁義務が生ずる。二死を取られているので、3アウトを取られる前に本塁を蹴らないといけない。ファウルを打って野手が捕球できない場合、2ストライクを取られる前にワンバアウンドの投球を逸らさなかった場合、弾かなかった場合で審判がタイムをかけない限りは、ルール上帰塁不要である。今川は、山岡が右腕前腕部を回外、右腕上腕部を内旋し、右肘を屈曲し、右手親指基節骨でボールを叩く前にスタートを切る。伏見は、真ん中高めを通過するスライダー左膝を地面に着けて背骨の中央でフォアハンドで捕球し、右手人差し指、中指、親指の指先でボールをつまむ。右手親指の指先でボールを押してボールを抜き、右腕上腕部の肩甲下筋が張る。トップを作った後、右肩関節の外旋が小さい。
今川は、近藤ほどではないが、右足をクロスステップ(インステップ)させる。近藤は、右股関節を外旋させるが、今川は、右股関節を外旋させずに左足もインステップさせるリードを取る。アンツーカー内では、近藤ほど走路が膨らまない。ハーフウェイで左足が外側に開く。左股関節を内旋すると右股関節が外旋し、走路が膨らむ。遊撃手が二塁ベースに入る。今川は、二塁タッグアウトとなる。走路の膨らみは、上川畑より小さい。

清宮vsワゲスパックー伏見

11回表二死一塁、投手は、右投手のワゲスパック、捕手は伏見である。古川が左打席に入る。カウント0-2からワゲスパックは、インハイ(左打者のアウトハイ)に、右手の人差し指と中指の間を空けてフォーシームを投じる。右腕前腕部を回外後、右手中指、人差し指の間が閉じる。
ワゲスパックは、右腕前腕部を回内後、右手首を臀部の前で止める。ワゲスパックは、右腕前腕部を回外してから右手親指基節骨でボールを叩くスタンダードWで右肘を上げる。清宮は、ワゲスパックが右手親指基節骨でボールを叩く前にスタートを切る。伏見は、背骨の左側でフォアハンドで捕球する。左足は、スパイクの外側から入射する。
清宮は、左足が外側に開く。左股関節を内旋すると右股関節が外旋し、走路が膨らむ。遊撃手が二塁ベースに入る。清宮は、二塁タッグアウトとなる。走路の膨らみは、上川畑よりも大きい。

無死一塁からのケース打撃

無死一塁の場面では、一塁走者は進塁義務が生ずる。一塁走者は、打者走者がトップを解除した後、一塁走者は打者走者に追いかけられるので、ディレードスチールのスタートを切るのが難しい。
一塁手は、捕手、打者、投手がトップを解く前から一塁ベースに張り付いている。バントの構えをした段階では前進しない。打者がトップを解除した後、一塁手は、一塁ベースを離れる。投手はいつでも一塁牽制が投げられる。
首を一塁ベース方向及び一塁走者の方に捩じる左投手は、引手の肘が投球肩方向に突っ張る。投球肩の外旋運動の回転半径が長くなる。投手が首を打席方向に捩じってから、打者がトップを解除する前は、二次リードを広げるのが難しくはない。但し、投手が首を打席方向に捩じった直後に二次リードを広げると捕手がグラブを持つ手の前腕部を回外する間、投球肘を上げる間が長く作れてしまう。当該投手は、投球肘が上がらない。投手が首を打席に向けた後、投球腕の前腕部を回外してもその加速距離が短い。
打者がトップを解除する前にディレードスチールのスタートを切るのは難しくはない。
右投手は、一塁ベース方向に首を捩じると左肩が閉じない。右足をプレートの後ろに外すと右足が踵体重になり、左肘が右肩の方に入る。プレートの前に右足を外すと、右股関節が内旋してしまい、右肘を上げる前が作れない。右投手は、プレートを外さなければ、一塁牽制を左投手よりも速く投げられる。首を打席方向に戻すと、引手の肘が投球肩方向に突っ張る。投球肩の外旋運動の回転半径が長くなる。投手が首を打席の方に戻してから、打者がトップを解除する前は、二次リードを広げることができる。
バントで送って一死二塁とすると、二塁走者は進塁義務が生じない。ディレードスチールのスタートを切ることができる。二塁手、遊撃手は、一塁手のように投手が牽制を投げる前から予め二塁ベースに張り付いていないので、二次リードも大きく取れる。

捕手は、投球腕の前腕部を回外する間ができれば、投球腕の上腕部が外旋する。ショートスローは、ロングスローよりも投球腕の前腕部を回外する間を長く作り、投球腕の上腕部の外旋を大きくしないと投球腕の前腕部の加速距離が短くなる。
但し、捕手は、投手が投球腕の前腕部を回外してセットを解くより前に、ミットを持つ手の前腕部を回外してミットを持つ手の肘をヒッチすれば、投球腕の前腕部を回外する間が作れる。ホームベースから二塁までよりも三塁ベースの方が短いので、走者は、三盗の方が難しい。

中島卓也vs宇田川ー伏見

8回裏無死一塁、打者万波、カウントは、0-1である。投手は、右投手の宇田川である。宇田川は、右腕前腕部を回内した後、右手首が右股関節を骨盤の右側を通過せず、テイクバックが小さい。右腕前腕部を回外してから、右手親指基節骨でボールを叩き、右腕前腕部を回内するスタンダードWで右肘を摘み上げる。宇田川は、右手人差し指を屈曲させてナックルスライダーを投げる。万波は、アウトローのストライクゾーン内のノーバウンドをスイングする。伏見は、背骨の左側でバックハンドで捕球し、左腕前腕部を回外してフォアハンドにする。
一塁走者の中島は、宇田川が右腕前腕部を回内した後、スタートを切る。遊撃手が二塁ベースに入る。
三塁手は、遊撃寄りで中間守備を採る。三塁ベースに入っていない。中島は、左膝を伸展し、右膝を屈曲して二塁に滑り込む。左足のスパイクの外側のラインを二塁ベースの一塁寄りのラインにぶつけ、ブレーキをかける。二塁ベースをオーバーランしない。

古川裕大vs小木田ー伏見

12回表、中島は、カウント0-1から、バントの構えをする。一塁手は前進しない。一塁走者の古川は、右投手の小木田がセットを解く前に二次リードを広げる。伏見は、アウトコースベルトの高さに構え直す。小木田は、右腕前腕部を回外してセットを解いた後、右手首を右股関節の前に通過させず、テイクバックをしない。右腕前腕部を回内せずに右手親指基節骨でボールを叩き、右腕前腕部を回内するスタンダードWで右肘を上げる。中島は、ヒッティングのトップを作る。中島はトップを解除する。古川は、小木田が右腕前腕部を回外してセットを解いた後、スタートを切るが、ハーフウェイで左膝が外側に開く。左股関節を内旋すると走路が膨らむ。走路の膨らみは、二盗に失敗した4人の中で最も大きい。小木田は、右手人差し指と中指の間を空けフォーシームをリリースする。右腕前腕部の回外後は、右手人差指と中指の間が閉じる。伏見は、インロー(左打者のアウトロー)のフォーシームを背骨の前で右手人差し指、中指、親指の指先でボールをつまむ。左足は、スパイクの外側から入射する。遊撃手が二塁ベースに入る。古川がタッグアウトになる。

一死一三塁からの盗塁

3回表、宇佐美は右足の拇指球で地面を蹴って走塁のトップを解いて左膝がつま先の前に出てしまいます。細川は中越えの打球を産みますが、本塁に還れません。一死一三塁から二盗を仕掛け、一塁走者が二塁ベースをオーバーランすれば、捕手が二塁又は三塁に投げてき得る。二三塁間に挟まれれば、三塁走者は本塁に還ることができる(例①)(例②)ディレードスチールによる本盗は捕手が投手に返球する間に行うことができる。
一死一三塁カウント0-1から中島が、山岡が右腕前腕部を回内した後、二盗を仕掛けます。二塁手が二塁ベースに入ります。山岡は、右肘をスタンダードWでつまみ上げます。伏見は、右打者のインローの膝の高さを通過するフォーシームを背骨の左側でフォアハンドで捕球する。伏見が右手親指の指先でボールをグラブから取り出した後、細川は、二次リードを取ります。伏見が右肘を上げた後、万波は、腹を引っ込め、腸腰筋を垂直に屈曲します。中島は、二塁ベースの一塁寄りのラインに左足のスパイクの内側を引っ掛け、ブレーキをかけます。伏見は、二塁方向に向けて右肘を上げたところで静止します。伏見は、右肘を伸展して右手首を下します。伏見は、山岡に山なりの返球をしますが、細川は、伏見がフライングエルボーを解除した直後に三塁に帰塁しています。中島の二盗のみ成功します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA