総員完封負けを阻止せよ[対ソフトバンク24回戦F0-6H]

日本ハム対ソフトバンク24回戦、先発は加藤貴之と千賀滉大
どんな強いチームを作っても、相手もプロ野球選手であるから143試合に全勝することは、事実上不可能に等しい。しかし、負けるにしても得点0で終わるようでは、チームは強くならない。ロースコアの僅差で負けるチームには弱いという価値を付けることができる。1-2は、惜敗であるが、が、0-1は完敗である。
ロスチャイルドの工作員が労働の過程に「時間」という価値を付ける。プロ野球においては、監督コーチが開幕前に各選手に与える打席数を決める。レギュラーシーズンが30試合が終了する段階から交流戦に入るまでに、そのシーズンオフに自由契約にする選手の候補を絞り込む。ここで、選手は、シーズン終了後に自由契約になるであろうことを感知する。
支配下選手の枠には制限が設けられている。10月に大学のスポーツ推薦の入試が始まる。議員は、選挙で決まるのではなく、ロスチャイルド、ロックフェラーが任命することによって決まる。架空商品を既にフィクションさせているものと別個にフィクションして実体化し、無制限にフィクションできることを実体化しない限りは、CIAの職員を使って議員を殺さない。メディアの使用人に「精神異常者」のレッテルを貼らせ犯人として報道させている人物が殺人を実行しているのではない。殺人の目撃者は、全て売れない役者が演じている。ドラフトは、クジ引きで決まるのではない。タダ働きをしているアマチュア選手及びその家族に支給する架空商品に栄養費という属性、値段が付与される。ドラフト1位選手及びその家族には値段が最も高く付けられる。遅くとも9月頭にはどの選手がどの球団に入るかが決まる。メディアの使用人がドラフトによる新入団選手と自由契約選手を公表するのは10月に入ってからであるが、遅くても9月の頭までには自由契約が選手に通達される。遅くとも9が自由契約を感知した選手は、産み出したサービスに対し支給する栄養費に付される値段を吊り上げないと他球団の監督、コーチ、スカウトが資本に獲得を進言してくれないのである。FA権を行使する選手は、遅くとも9月までには資本に行使する旨を伝え当該選手の旧在籍球団資本が獲れる選手のリストを作成するのである。FA権を行使する選手、自由契約を通達された選手は、通達される直前及び直後、すなわち9月頭には移籍する球団が決まっているのである。

千賀滉大のピッチング

千賀は、左足のスパイクの内側、右足のスパイクの内側でエッジをかけ、右足のスパイクの外側は、プレートの一塁側に沿わせる。左手親指の指先をボールの外側に反らし、右手親指の指先もボールの外側に反らす。右腕前腕部を回内している。右腕前腕部を回内している。グラブは、背骨の右側でベルトの高さにセットしている。
右腕前腕部を回内する。左足の前脛骨筋が回内(外反)し、左足の裏が60°の角度で立つ。
左足は、スパイクの内側から入射させる。

藤井皓哉のピッチング

藤井は、首を三塁ベース方向に向ける。首を左打席の中心線に向ける。首を三遊間に向ける。首を三塁線に向ける。首を左打席の中心線に向ける。
骨盤と二塁ベースをつなぐライン上で右腕上腕部を回外し、右腕で曲線を作る。頸反射している。左足の前脛骨筋が回内(外反)し、左足の裏が45°で立つ。左足首が背屈する。左足の外踝が左打席の内側のラインに向く。右腕前腕部を回内する。右肘が屈曲する。右手小指第二関節を内旋、右腕上腕部を外旋、右腕前腕部を回外する。頸反射している。右手親指基節骨でボールを叩く。頸反射している。

井口和朋のピッチング

井口は、右腕を右肩の高さに上げ、右手首を底屈し、三塁線に向ける。グラブに右手を入れずに頷く。首を三遊間に向ける。右股関節を内旋、左股関節を外旋する。左股関節を内旋、右股関節を外旋しながら足踏みをする。首を三塁線に向ける。
右腕前腕部を回内する。右肘を伸展する。右手小指第二関節を内旋、右肩関節を外旋する。右肘が屈曲する。右手親指基節骨でボールを叩く。右腕前腕部が回内する。スタンダードWで右腕前腕部をつまみ上げる。左足はスパイクの外側から入射する。
左足のスパイクの外側で地面を蹴り、両内踝をぶつけてフィニッシュする。

無死一塁からのケース打撃

3回裏無死一塁、バントをさせるのであれば、一塁走者は二塁ベースを蹴ってオーバーラン後に三盗しないと安打待ちの野球となる。バントをする打者は、ヒッティングの構えからトップハンドの親指のしなりを作ってトップハンドの基節骨のpip関節寄りでグリップを叩いてバッティングの構えに切り替える。ヘッドを立てる。トップハンドの小指第二関節を内旋、トップハンドの肩関節を外旋する。トップハンドの手首が煽る。ヘッドが下がる。更に、トップハンドの小指第二関節を内旋、トップハンドの肩関節を外旋する。ヘッドが立っていく。トップハンドの親指の指先が最大になる。ここがバントにおけるトップポジションである。トップハンドの親指の指先のしなりを解除すると、ヘッドが立っていく。バントの基礎は、プッシュバントなのである。無死一塁、中島は、千賀が右腕前腕部を回内した後、左手親指の指先のしなりが小さく左手親指の指先をしなりを解くと、ヘッドがホームベース方向に倒れる程度が大きい。
千賀が右手首を煽った後、中島は、左肩関節を外旋し始めるが、バントにおけるトップを作る間が作れない。左手親指の指先のしなり小さい。左手親指の指先でグリップを押してしまいヘッドが下がる。小飛球を産む。捕邪飛でもタッグアップで走者は進塁できるが、甲斐は、バックネット裏席と三塁側席の境目に首を向け、フェアゾーンに背を向ける。バントのインサイドアウトの完成度が低いので飛球の到達点のMaxが低い。走者を進めることができない。

二死一塁からのケース打撃

8回裏二死から藤井は、清宮に四球を与える。
無死一塁、打者上川畑のカウントは、2-1である。このカウントでもランエンドヒットを仕掛けることを妨げるものは存在しない。打者は、引っ張ってフライボールを産むスイングが要求される。二死を取られているのであるから、打者がワンバウンドを振った場合は、私見ではインサイドアウトスイングの完成度の向上という面から走者は帰塁しなければならないとするが、ルール上は、1)打者がファウルを打って野手が捕球できなかった場合、2)投手が投球をワンバウンドさせて打者がトップを作った後トップハンドの肩関節が外旋しているが、審判が捕手からボールを取り上げた場合以外は一塁走者は、帰塁は不要である。打球が右翼前であろうと左翼前であろうと足の速い走者であれば、本塁に還れる。足が遅い走者でも三塁に進塁できる。
上川畑は、左手親指基節骨のしなりを解くとヘッドが立つ。すなわち、引っ張った結果結果、投球に差されて三塁と左翼間に落ちるにポテンヒットを打つ。

しかし、清宮は、上川畑の左手親指基節骨がグリップに当たった後にスタートを切っており、三塁に進塁していない。二死一二塁に留まる。

一塁走者の上川畑に二塁ベースをオーバーランさせ、二三塁間に挟まれれば、二塁走者の清宮を本塁に還すことができる。
カウント2-2からの29球目を藤井は、スタンダードWで右肘を上げ、左足のスパイクの外側から入射するが、投球をワンバウンドさせる。甲斐が左膝を着いて前に落す。審判がタイムをかけて甲斐からボールを取り上げる。
藤井は、30球目もスタンダードWで右肘を上げ、左足のスパイクの外側から入射させるが、投球をワンバウンドさせ、甲斐は、両膝を着いて捕球するが、審判がタイムをかけて甲斐からボールを取り上げる。走者に1つしか進塁させない。ロスチャイルドに利潤を産むつないで残塁させる野球、ワッショイベースボールのボタンにスイッチを押す。
二死満塁、打者松本のカウント2-2のところからランエンドヒットを仕掛けるが松本は遊ゴロに終わる。

正木智也のバッティング

正木は、オープンスタンスで構える。右手親指PIP関節が屈曲している。右手人差し指の付け根にグリップを嵌め、フィンガーグリップで握る。頸反射はしている。予備動作は、コックを用いる。ヘッドを80°にして担ぐと共に投手方向にも向ける。左股関節を内旋し、骨盤よりも上で左膝を屈曲する。両肩を結ぶラインがクローズドスタンスになる。右肘をフライングエルボーする。左膝を伸展する。頸反射している。スライドステップでアウトステップする。ヘッドステイバック後も頸反射する。左足は、スパイクの外側から入射する。左翼席に本塁打を打つ。

総合

試合は、完敗であったが、井口が今回の登板で提供したアプローチをこのまま継続すれば、ロースコアの僅差の試合で登板させられる投手の中の一人に加えられるのではないかと思わせてくれた。全くプラスとなる面が見られなかったわけではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA