走者を動かすことのメリット[対西武18回戦F2-2L]

日本ハム対西武18回戦、先発は上原健太と平井克典
試合は、9回を終了した段階で2-2の同点で、延長戦に入った。延長に入っても両チーム得点を入れることができず、延長12回終了、引き分けに終わった。
走者を動かすことによって、1)牽制球を投げさせることによって投手の労働量を増やす、2)
ボークを導出できる、3)一塁牽制を投げたら三塁走者が本盗できる、4)相手の監督、コーチ、及びチームリーダーが前進守備のシフトを敷かせてくれるというメリットの他にもメリットが生ずる。それは、何か。
心理面での動揺と答えた人は、私は正解にしません。捕手は投手に落ちる変化球を投げさせず、フォーシームを投げさせると答えた人も私は正解にしません。クイックで投げることによって球速が落ちると答えた人も私は、正解にしません。
打者走者を出塁させた後、投手は、出塁した走者のいるベースに首を向けます。人間には本能は備わっていません。人間は、ロスチャイルドによってフィクションされた経済関係によってタダ働きをして且つ労働力の再生産が義務付けられています。労働者を使用する権利が貸し出された指揮官は、労働者をタダ働きさせることによって自らの労働量を減らすことができるという経済関係が生じます。投手が走者がいる塁に首を捩じるのは、目線で走者を牽制しろという守備走塁コーヂの指導と後ろの股関節のタメを作ってクイックで投げろという投手コーチの指導によるものです。

バーチスミスのピッチング

5回裏二死一二塁、捕手森友哉がフォアハンドでミットを地面に落とし捕球におけるトップを作ります。右投手のスミスは、右手首、左手首を底屈、左腕前腕部、右腕前腕部を回外して左手親指の指先、右手親指の指先をボールの外側に反らす。右手中指の付け根にボールを嵌める。首を左打席の外側のラインからボール3個分、左肩、左膝をを2個分入ったところに向け、グラブを背骨の前でベルトの上にセットした後、首を二塁ベースのアンツーカーと芝の境目方向に首を捻ります。左肩が左打席の中心線に左肩が向きます。グラブに背骨の右側に入られます。
首の位置を左打席の外側のラインからボール1個分入ったところに首を向けると、左肩、左膝が左打席の外側のラインからボール1と1/3個分入ったところを向きます。グラブが背骨の前に動きます。

ボータカハシのピッチング

捕手森友哉は、左腕前腕部を回内してミットを構えます。右投手のボータカハシは、首を左打席の中心線、左肩を左打席の中心線からボール2個分外れたところに左肩を向けます。グラブは、背骨の前のベルトの上にセットします。
首を二塁ベースと二塁ベース周辺のアンツーカーと芝の境目の中間に首を向けます。左肩が左打席の外側のラインから3.5個分入ったところを向きます。グラブに背骨の右側に入られます。

清宮のスライディングとBona fide rule

8回裏一死一二塁、一塁走者清宮、二塁走者は、中島卓也です。近藤は、ニゴロを打ちます。二塁には、遊撃手の源田が入ります。清宮のスライディングが守備妨害に当たるという価値が審判に付けられ、近藤の二併打が成立しました。
静止を含む全ての肉体の稼働には根拠が存在します。源田と清宮の衝突は偶発ではありません。メンタルによって肉体の稼働をコントロールすることはできません。故意は、実体のない観念です。故意は後付けの方便です。
かつては、現場において、二塁に入った送球を捕球するのが、一塁走者がベースを蹴るのよりも先であれば、二塁に入った野手は、ベースを蹴ってすぐに足をベースから離しても、ベースを踏まずにスライディングしてきた野手を避けてもアウトという価値が審判につけられていました。「二塁ベースを踏む」という行為については、複数の価値が付けれられていました。複数の肉体の稼働が衝突すれば、肉体が損傷し、労働力が再生産できなくなります。タダ働きをさせて医薬品を造らせることができます。保険に加入すれば、ロスチャイルドは、労働者から金を借りてロスチャイルド自身がした借金を保険の加入者に負わせることができます。他の労働者をタダ働きさせて故障者を扶養させることができます。審判は、「二塁ベースを踏む」に複数の価値を付けなくなりました。
清宮は、アンツーカーの手前で右膝が外側に開きます。右足の拇指球で地面を蹴ってしまいます。左股関節が外旋してしまいます(フロントステップ)。左足のスパイクの外側から入射しますが、左膝下がO脚になります。左腕前腕部は回内、右腕前腕部も回内しています。左足拇指球で地面を後ろに蹴ると、左股関節が伸展しきらず(=左股関節が外旋しきらず)、屈曲します。左膝の屈曲の角度が90°になりますが左膝が左股関節の前に出ています。右足はスパイクの外側から入射しますが、骨盤の右側が右足のスパイクの外側のラインからはみ出します。右膝下がO脚になります。左股関節を内旋、屈曲し、左膝が屈曲します。右膝が外側に開きます。左股関節の内旋運動の回転半径が長く、加速距離が短くなっています。清宮は、左足をスパイクの内側から入射します。左膝が伸展します。左股関節のストライドが長くなります。右股関節を内旋、右膝を屈曲しますが、右股関節の内旋運動の回転半径が長く加速距離が短くなります。外崎は、二塁ベースに入ってくる源田にグラブでフォアハンドトスをします。左股関節の内旋運動の加速距離が短くても、左股関節の内旋が減速する前に左股関節を外旋し左膝を伸展、左足首を底屈、背屈して、ベースを蹴れば、アキレス腱、足首、膝、股関節を損傷します。外崎のトスは、二塁ベースの最も一塁ベース寄りのラインを通過します。源田は、左腕前腕部を回内してバックハンドで背骨の左側にグラブを出します。二塁ベースの三塁線寄りのラインの側面を蹴るのではなく上を右足のスパイクの内側で踏みます。源田は、両内踝をぶつけて両足をシャッフルするのではなく、右足首を底屈したままベース上を滑ります。清宮の左足外踝が源田の内踝の中に入ります。清宮の左肩が源田の右膝の内側に入ります。源田は左足のスパイクの外側の踵から入射します。清宮の首が源田の股間に入ります。源田は左足首が底屈します。源田は左足首を背屈させます。源田の左足内転筋が内転して左足のスパイクの内側が入射します。一塁走者は、膝を伸展した方の足でベースを蹴って走塁のトップを作ってオーバーラン(フォロースルー)しないと下半身を損傷します。更にトップを解除し、トップハンドの反対側の足の足首を底屈してスタートを切ってガラ空きになった三塁に進塁できません。二三塁間のランダウンプレーに持ち込んで三塁走者の本盗をアシストすることもできません。
清宮が左股関節の外旋を解き始めたのも二塁ベースから近すぎであるという価値が付けられますが、源田は、二塁ベースの蹴り方の基本と両足をシャッフルして右足をベースから離すという基本もできていません。走者がベースを蹴る方の足の股関節の内旋運動の開始位置とベースまでの距離を長くし、内旋運動の加速距離を伸ばすスライディングを練習することで、二塁手はフライングエルボーをし、ベースに足を入射し、ベアハンド捕球兼送球のトップを作る間ができます。二塁ベースに入った野手が避ける練習をすれば、審判の助けを借りなくても、走者野手双方は肉体の損傷をせずに済むのです。
「守備妨害」に付ける価値を減らし、野球規則6.01(j)の3の「スライディング終了後はベースに留まる」に「オーバーランすることにとって故障を防いだ、及び、オーバーランによって野球技術を進歩させた場合」という価値をも付して複数の価値を付け、守備妨害に関する規定の提供を適用を0に近付けないと、野手がベースの蹴り方、ベースから足を離すという動作を練習しなくなります。野手は走者がオーバーランしてきたら避けられず、野手も走者も肉体を損傷し、労働力が再生産できなくなります。

走者がオーバーランをしなかったら、走者自身が肉体を損傷します。一塁走者が空きの三塁に走るという連続盗塁をしなくなる、ランエンドヒットで一つの出塁に留まるこことなります。バントで送ってドアスイングでゴロを打ってシングルヒットでつなぐ各駅停車の残塁野球になります。清宮のスライディング程度でボナファイドルールを適用していたら”おまんこ野球”になるのだ。

総合

走者を動かすことによって、投手は、牽制球を投げなくても、首が二塁ベース方向又は、三塁ベース方向(左投手は、一塁ベース)に首が向く。オープンスタンスにセットしても前肩が右投手の場合は、ホームベース方向に動く。左投手は、一塁ベース方向に前肩が動く。頸反射していないので、グラブ、前肘に投球肩関節に入られる。投球する手の親指のPIP関節が屈曲する。引手の肩関節の内旋にブレーキがかからない。投球する手の小指が立たない。投球する手の小指第二関節の回転半径が長くなり、前肩を開いた後、トップハンドの小指第二関節の内旋運動、トップハンドの肩関節の外旋運動の加速距離が短くなる。投球する手の親指がしならない。投球肘が上がらない。トップを作っても投球する手の親指の指先が中途半端になる。投球する手の親指の指先のしなりを解いても投球する手の親指の指先が加速しない。
打者は、フライングエルボー、トップを作る間が十分にできる。後ろの肩関節がフルに外旋する。トップハンドの親指がしなる。トップハンドの親指のしなりを解く間が長く作れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA