[選手名鑑]メジャー通算243試合登板イアンクロル#65

左投げ左打ち
生年月日 1991年5月9日
ナショナルズーデトロイトタイガースーアトランタブレーブスーエンジェルスーAAAラスベガスフィフィティワンズーAAAロチェスターレッドウィングスーデトロイトタイガースーAAAエルパソチワワズー巨人(2022年7月5日ー)
公称サイズ 185cm 95kg

投球動作

イアンクロルは、左足のスパイクの内側、右足のスパイクの内側でエッジをかけ、右肩をスクエアスタンス、右足をオープンスタンスにしてセットアップする。右腕上腕部、左腕上腕部を外旋している。頸反射はしていない。左足のスパイクの外側は、プレートの一塁側寄りに沿わせている。グラブは、背骨の左側のベルトの上に置き、ボールは、左手中指の付け根で握る。
右膝を屈曲し、右足首を背屈する。左足踵で地面を荷重する。右膝の屈曲の位置をヘソの上まで上げると左足小指球にウェイトが移る。頸反射していない。
右腕前腕部、左腕前腕部を回外する。右股関節が外旋し、右膝の屈曲の角度がアウトサイドになり、右足首が底屈する。左足踵で地面を荷重する。頸反射していない。
右腕前腕部、左腕前腕部を回内する。左肘は完全には伸展せず緩く屈曲する。インバートWで左肘をつまみ上げる。 左手親指基節骨でボールを叩く。左肘をつまみ上げたが、左腕前腕部が立つ前に右腕前腕部を回外する。左足のスパイクの外側でエッジをかけ、Cアーチができる。頸反射している。右足の内側の踵寄りから入射する。左足小指球にウェイトが移る。頸反射している。左手首の最大背屈位では、頸反射していない。左手小指基節骨の角度を50°になって左打席の外側のラインの捕手寄りのところに向けたところから左手親指のしなりを解き始める。頸反射している。リリース直前の右膝の屈曲は175°である。右膝から上がX脚で、右膝から下がO脚になっている。左肘の高さ、背骨と左肘の交わる角度は、スリークォーターである。左股関節は緩く屈曲している。左足拇指球で地面を蹴り、左足を三塁側にターンし、両足をクロスさせる。

球種

フォーシーム Max 152km/h
カッター
カーブ
チェンジアップ
シンカー

年度別通算成績

MLB

NPB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA