[交流戦対中日1回戦F2-1D]守備面に課題の残った両チーム、勝因は何か

日本ハムの広報担当者さん、ファイターズガールの中にロシア人の女の子とウクライナ人の女の子を混ぜなさいよ。日本のテレビ局は全てロスチャイルド傘下、ロックフェラー傘下の何れかです。広告代理店は、外国人タレント、ハーフタレントを出演させてきました。テレビに洗脳された中高年、特に、クソつまんねえ野球をやっている他球団のファンを確実に釣れます。
交流戦対中日1回戦、日本ハム先発上沢直之、中日先発大野雄大で試合がスタート

札幌ドームのマウンドで投げる大野雄大

大野は、右足の拇指球、左足の小指球にウェイトをかけ、オープンスタンスでセットアップします。左足のスパイクの外側をプレートの三塁側に沿わせます。頸反射はしていない。ボールは、左手中指の付け根で握ります。クイックで投げないときは、右股関節、右膝を屈曲し、クイックで投げるときは、右股関節、右膝を屈曲しません。右足首はいずれも背屈し、何れも左足はヒールアップします。セットを解きます。右腕前腕部、左腕前腕部を回内します。右足首を背屈したまま、右股関節を外旋します。左足は未だヒールアップしています。左手首を骨盤の手前で止め、左肘を逆Lにしたとき左足踵が地面に着きます。頸反射しています。右足首は背屈しています。右肘をインバートWでつまみ上げる過程で、右足首が底屈します。左手首を持上げてから、右腕前腕部を回外します。ウェイトは左足小指球にかかります。右足はスパイクの外側から入射します。左肘のアクセレーション前に右股関節が外旋しています。両肩甲骨がぶつかります。首は背骨の方に戻りません。左手親指のしなりを解いたときに頸反射します。リリース直前に右膝がほぼ突っ張ります。リリースの瞬間、左肘の高さ、左肘と背骨の交わる角度は、オーバーハンドです。左股関節は伸展します。右足拇指球で地面を蹴ります。

清宮幸太郎のバント

4回裏無死一塁、清宮は、初球、ヒッティングの構えから、バントの構えに切り替える。バントの構えは、左手~小指の付け根の関節に嵌めるフィンガーグリップで、頸反射はしていない。左腕上腕部が内旋している。左足内踝、右足小指球にウェイトをかけるオープンスタンス。左手親指のしなりを解く前に左肩を残す。頸反射する。左手人差し指の付け根でグリップを押し、真ん中高めのカットボールを三塁線にプッシュバントする。捕手木下が、アンツーカーを30cm出たところでベアハンドキャッチ、スタンダードWで右肘をつまみ上げる。
2死二塁で石井は、右足はスパイクの外側から入射しているものの、ストライドが広がり、トップを作る間ができず、三振します。
5回裏、2死一三塁、カウント1-1、上川畑は、アウトハイのフォーシームに対し、左肘をヒッチ、ヘッドを立てる、右膝を真下から落とし、右足のスパイクの外側から入射する。左中間に落ちる打球となります。走者が本塁に還ります。これが先制点となります。
7回表二死二塁カウント0-1、外野手は、正規捕球すれば、中日の攻撃終了、前進守備を採ろうが深めに守ろうが打球の落下点の後ろに走る面では同じであるにも関わらず、中堅淺間は右翼寄りで前進守備、右翼万波も右翼線から離れ、右中間を狭め、万波も浅めに守ります。
上沢は、右肘を逆Lにした段階では頸反射できています。しかし、右肘のアクセレーション中に左股関節が外旋します。右手中指の付け根からボールが外れます。
木下が、上沢の投じたアウトコースベルトの高さのフォークをスイング、右中間を破ります。三塁打となり、同点に追いつかれます。
上沢は、124球、大野は、134球を投げ、共に9回を投げ抜き、共に1失点

延長11回裏、日本ハムの攻撃

延長11回裏、阿部が清宮が打った一二塁間のゴロを後逸。ベースランニングが上手くない清宮にランエンドヒットをかけて確実に進塁させます。松本剛の二ゴロで二死二塁。二死ですので、中日の外野飛球を正規捕球した段階で攻撃終了ですから、外野の間を抜けるか否かに関係なく、外野の前に落ちるか否かに関係なく、外野の頭上を越えるか否かに関係なく、打者がトップハンドの親指のしなりを解く前に二塁走者はスタートを切るのがノルマです。清宮の両足はアンツーカーに収まり、シャッフルをしていない。
投手ロドリゲス、カウント1-0。外野手は、正規捕球すれば、日本ハムの攻撃終了、前進守備を採ろうが深めに守ろうが打球の落下点の後ろに走る面では同じであるにも関わらず、中日の中堅手及び右翼手は前進守備を敷きます。
谷内は、ロドリゲスが投じたアウトローのフォーシームに対し、右肘をヒッチ、ヘッドを立てる。右足をスパイクの外側から入射、ヘッドステイバックすると左股関節が引っ込む。右足の爪先が捕手方向に向くが、右膝は外側に開かない。右手親指のしなりを解くとバナナカーブが急勾配になる。フォロースルーは左手小指の付け根で行い、右股関節が伸展してしまうがが、打球は右中間を破る。2-1で日本ハムがサヨナラ勝ちとなりました。
両チーム共に、攻守に課題が残存したままですが、先発上沢が試合を作り、9回まで投げたことにより、リリーフ投手を数多く使わなかったことが勝因でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA