対ヤクルト3回戦F9-6S(26/05/2022)

日本ハム対ヤクルト3回戦、先発は、伊藤大海と小川泰弘

小川泰弘のピッチング

小川は、右足のスパイクの外側をプレートの一塁側に沿わせる。左足の爪先は、右足の爪先からはみ出している。グラブは、背骨の右側でヘソ上の高さにセットする。首は、両肩を結ぶラインと垂直に交わらせている。

一死一三塁からのスクイズ

4回裏、二塁手、遊撃手は、塁間を結ぶラインより後ろに守る。一塁手は、一塁ベースアンツーカー内で一塁ベースのマウンド寄りのコーナーとマウンドを結ぶ対角線上に左足踵を置く。太田は、投手が右腕前腕部を回外してセットを解いた後、左手親指の指先でグリップを叩く。投手が右腕前腕部を回外した後、左腕前腕部を回外する。ヘッドが捕手方向に倒れる。太田が一塁線スクイズ 一塁手が本塁にグラブトスする。三塁走者は、太田が左手親指基節骨でグリップを叩いた後、スタートを切る。三塁走者が本塁に還る。

木澤尚文のピッチング

右足のスパイクの内側、左足のスパイクの内側でエッジをかける。右足のスパイクの外側をプレートの一塁側に沿わせる。グラブは、背骨の前で胸の高さにセットする。左肩は、左打席の中心線よりも左打席の外側のライン寄りに向ける。首と両肩を結ぶラインが交わる角度を150°にしている。右手親指基節骨でボールを押す。右手親指の指先はボールの外側に反らす。
右腕前腕部を回外してセットを解く。左膝を右膝の上の高さで垂直の角度で屈曲する。左足首の背屈の角度が150°である。
右腕前腕部を回内する。左足前脛骨筋が回内(外反)し、左足の裏が55°の角度で立つ。右手首が両股関節を結ぶラインを通過し、右手首の甲がプレートの一塁側の端を越えるが背中の方に入らない。左肩は左打席の中心線よりも左打席の内側のライン方向に動く。頸反射はしている。
右肘はインバートWでつまみ上げる。
右手親指基節骨でボールを叩いた後、両肩を結ぶラインがM字になる。右足小指球にウェイトが移り、Cアーチが崩れる。左肩関節が左打席の中心線に向く。
左足の内側から入射する。
右肘のアクセレーション前に右足の拇指球にウェイトが移り、左股関節が外旋する。頸反射はしていない。左腕前腕部が回外する。
リリース直前の左膝の屈曲の角度は、150°である。右手小指基節骨の入射角は、55°である。
リリースの直後、右腕上腕部の棘下筋が凹む。
右足は右肩の外側でスパイクの内側から入射する。

参考資料

ヤクルト

1回表、小川は、3球目、石井一成に対し、アウトロー(左打者のインロー)にカットボールをワンバウンドさせる(ボール)。
1回表、小川は、13球目、万波に対し、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる(空振り)。
4回表、小川は、48球目、宇佐見に対し、インロー(左打者のアウトロー)にナックルカーブをワンバウンドさせる(空振り)。
5回表、小川は、52球目、谷内に対し、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる(空振り)。
5回表、小川は、53球目、谷内に対し、アウトローにチェンジアップをワンバウンドさせる(ボール)。
5回表、小川は、59球目、淺間に対し、アウトロー(左打者のインロー)にナックルカーブをワンバウンドさせる(ボール)。
7回表、小川は、78球目、アルカンタラ(左打席)に対し、インロー(左打者のアウトロー)にフォークをワンバウンドさせる(空振り)。
9回表、マクガフは、3球目、アルカンタラ(左打席)に対し、インロー(左打者のアウトロー)にスプリットをワンバウンドさせる(空振り)。
10回表、木澤は、6球目、松本剛に対し、アウトローにカットボールをワンバウンドさせる(バント構え、ボール)。
10回表、木澤は、10球目、野村に対し、アウトローにシュートをワンバウンドさせる(ボール)。
10回表、コールは、3球目、アルカンタラ(左打席)に対し、アウトロー(左打者のインロー)にカットボールをワンバウンドさせる(ボール)。
10回表、コールは、9球目、上川畑に対し、アウトロー(左打者のインロー)にカーブをワンバウンドさせる(ボール)。
10回表、コールは、16球目、上川畑に対し、アウトロー(左打者のインロー)にカーブをワンバウンドさせる(空振り三振)。

日本ハム

2回裏、伊藤大海は、16球目、村上に対し、アウトロー(左打者のインロー)にスライダーをワンバウンドさせる(ボール)。
2回裏、伊藤大海は、28球目、長岡に対し、アウトロー(左打者のインロー)にカットボールをワンバウンドさせる(ボール)。
5回裏、伊藤大海は、79球目、中村悠平に対し、アウトローにカーブをワンバウンドさせる(ボール)。
6回裏、伊藤大海は、105球目、インロー(左打者のアウトロー)にスプリットをワンバウンドさせる(空振り三振)。
7回裏、古川侑利は、9球目、村上に対し、アウトロー(左打者のインロー)にスライダーをワンバウンドさせる(ボール)。
9回裏、石川直也は、6球目、山田哲人に対し、アウトローにフォークをワンバウンドさせる(ボール)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA