[対西武6回戦]F0-5L(06/05/2022)追補

日本ハム対西武6回戦、先発は、生田目翼と髙橋光成

二死一二塁におけるケース打撃

二死一二塁のケースでは、一塁走者が二塁走者よりも先にスタートを切り、帰塁を遅らせ、投手又は捕手に一塁又は二塁に送球させれば、得点できる。打者がゴロを産んだ場合、一塁走者が二塁ベースをオーバーランし、二塁走者が二次リード後、左股関節をバックステップしてスタートが遅れたかのように偽装すれば、得点できる。
3回表一死走者無しから、今川がヘッドをボールの外側に入れ、三遊間に地を這うゴロを産む。
中村剛也は、両腕前腕部を回外して両手首を背骨の方に引く。右手親指の指先でボールを押してグラブからボールを抜き取る。左肘が右肩の方に入る。左股関節を外旋するが、左足がスパイクの内側から入射する。右腕前腕部を回外する。左手小指の付け根が一塁ベースに入射する。一塁手が一塁ベースのマウンド寄りのコーナ上で左肘を上に伸ばすが捕球できない。三塁手中村剛也のエラーで出塁する。梅林は、アウトローの投球に泳いで遊ゴロを産む。源田は、背骨の左側にグラブを出し、両腕前腕部を回外して両手首を背骨の左側に引く。源田は、右手で二塁に入った外崎にアンダーハンドでフォアハンドトスする。今川は二次リードで二塁ベースとの距離を詰めスライディングし併殺を崩した。外崎がトスを捕球できずに一死一二塁となる。
3回表一死一二塁、髙橋光成は、低目に投球し、一塁走者梅林、二塁走者今川は、共に、二次リード後、スタートを切り、帰塁を遅らせるが投手、捕手とも一塁又は二塁に送球しない。

一死三塁におけるケース打撃

一死三塁のケースは、安打が産まれなくても得点できる。
5回表一死三塁、今川は、ヘッドの角度を35°にしてクローズドスタンスで構える。しかし、右手親指PIP関節が屈曲している。右肘のフライングエルボーが加速しない。丹田の真下に左足小指球を入射させるが、右腕前腕部の回外が遅れる。インローのノーバウンドの投球を空振り三振、
梅林は、右手PIP関節を屈曲し、右手親指の爪の裏でグリップを押し、ヘッドを投手方向及び捕手方向に倒してクローズドスタンスで構える。梅林は、ストライドが広がり右腕上腕部が内旋し、右肩甲下筋が突っ張り、右腕前腕部を回外しトップを作ることができない。スイングできずに三振する。

生田目翼のピッチング

右足のスパイクの内側、左足のスパイクの内側でエッジをかける。左股関節を外旋し、左足踵を支点に左足の爪先を30°反時計回りさせている。左肩は、左打席の中心線より左打席の外側のライン寄りを向いている。首は、左打席の中心線を向いている。グラブは、背骨の右側で首の高さにセットする。
右足をプレートの一塁側に沿わせる。右手親指基節骨でボールを叩く。
右手親指基節骨をボールから離す。
右手親指基節骨でボールを押す。
首を右打席の内側のラインからボール3個分入ったところに首を向ける。
首を三遊間に向ける。
首を二塁ベースアンツーカー内に向ける。
左肩が左打席の内側のラインから中心線方向にボール1.5個分入ったところを向く。
首を三遊間に向ける。
右手親指基節骨をボールから外す。
右手親指基節骨でボールを叩く。
左打席の中心線よりボール1個分ホームベース方向に首を動かす。
左打席の中心線よりもボール1.5個分ホームベース方向に左肩が動く。
首を左打席の内側のラインに向ける。
左腕前腕部、右腕前腕部を回外してセットを解く。
左腕前腕部、右腕前腕部を回内する。
両股関節を結ぶラインの手前で右腕前腕部を回外する。右手小指基節骨がプレートの一塁側の端からボール1と2/3個分一塁方向動いたところを向く。左肩が左打席の中心線からボール2個分左打席の外側のライン方向に動く。頸反射はしていない。
右手親指基節骨でボールを叩いた後、左足前脛骨筋が回内(外反)し、左足の裏が立つ。Cアーチができている。
スタンダードWで右肘を摘み上げている。
左足のスパイクの内側踵寄りから入射する。
右肘のアクセレーション前に左腕前腕部が回外する。右足拇指球にウェイトが移り、左股関節が外旋する。頸反射はしていない。
右手小指基節骨の入射角が45°で左打席の外側のラインからボール1個分入ったところを向いたところで右腕上腕部を内旋し、右手親指の指先のしなりを解く。リリース直前の左膝の屈曲の角度は、150°である。
リリース直後、右腕上腕部の棘下筋が凹む。右肘の高さ、右肘のレイトコッキングの角度、右腕と背骨の交わる角度は、スリークォーターである。
両股関節をぶつけた後、左膝下がO脚になる。右股関節は屈曲している。
右腕前腕部を回外後、右手人差し指と中指がくっ付かない。
右足拇指球で地面を蹴る。右足は、右肩の外側、斜め前で着地する。

参考資料

日本ハム

2回裏、生田目は、11球目、山川に対し、アウトローにカットボールをワンバウンドさせる(ボール)。
3回裏、生田目は、31球目、源田に対し、アウトロー(左打者のインロー)にフォークをワンバウンドさせる(ボール)。
6回裏、生田目は、52球目、山田遥楓に対し、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる(ハーフスイング、ボール)。
6回裏、生田目は、62球目、オグレディに対し、アウトロー(左打者のインロー)にツーシームをワンバウンドさせる(四球)。
6回裏、上原は、5球目、中村剛也に対し、アウトロー(右打者のインロー)にフォーシームをワンバウンドさせる(ボール)。
7回裏、吉田輝星は、3球目、柘植に対し、アウトローにフォークをワンバウンドさせる(ボール)。
8回裏、堀は、2球目、外崎に対し、アウトロー(右打者のインロー)にチェンジアップをワンバウンドさせる(ボール)。
8回裏、堀は、5球目、外崎に対し、インロー(右打者のアウトロー)にチェンジアップをワンバウンドさせる(ボール)。
8回裏、堀は、12球目、中村剛也に対し、インロー(右打者のアウトロー)にチェンジアップをワンバウンドさせる(ボール)。

西武

1回表、髙橋光成は、10球目、清宮に対し、アウトロー(左打者のインロー)にカーブをワンバウンドさせる(ボール)。
6回表、髙橋光成は、86球目、清宮に対し、インロー(左打者のアウトロー)に縦スライダーをワンバウンドさせる(空振り)。
6回表、髙橋光成は、87球目、清宮に対し、インロー(左打者のアウトロー)にフォークをワンバウンドさせる(ボール)。
7回表、髙橋光成は、93球目、淺間に対し、インロー(左打者のアウトロー)にフォークをワンバウンドさせる(空振り)。
7回表、髙橋光成は、97球目、ヌニェスに対し、アウトローにカーブをワンバウンドさせる(ボール)。
7回表、髙橋光成は、108球目、アルカンタラ(左打席)に対し、アウトロー(左打者のインロー)に縦スライダーをワンバウンドさせる(ハーフスイング、空振り)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA