[選手名鑑]オコエ瑠偉

右投げ右打ち
生年月日 1997年7月21日
関東第一高ー2015ドラフト1位
公称サイズ 185cm 90kg

打撃

オコエ瑠偉は、以前は、右足の内踝、左足のスパイクの外側でエッジをかけ、オープンスタンスにしてセットアップしていた。ヘッドは投手方向に向けていた。右肘のヒッチはせずに、フライングエルボーをしていた。頸反射をしていた。左足は、スパイクの外側から入射していた。
オコエ瑠偉は、右足のスパイクの内側、左足のスパイクの外側でエッジをかけ、オープンスタンスにしてセットアップする。グリップは、右手人差し指の付け根で握る。パームグリップで握る。左腕前腕部を回内し、ヘッドを頭の高さより下、投手方向に向けて寝かせて担ぐ。右脇は空けている。右手中指の関節を内旋する。左足の親指を支点に左股関節を内旋する。右手親指基節骨でグリップを叩く。フライングエルボーをする。頸反射している。左足は、スパイクの外側から入射する。右手小指基節骨を投球の軌道に入れる。逆方向に打ったときは、左手小指の付け根を投球の軌道に入れている。

走塁守備

左股関節、右股関節のバックステップが不完全で、反対側の股関節がフロントステップする。走路が僅かに膨らむ。
外野守備は、両股関節のバックステップ、シャッフルをしながら落下点の後ろに入る。背骨の左側でほきゅする。落下点の後ろから前進したときは、右足を回転軸にグラブの小指側を立ててグラブの小指側で打球を叩いて(左腕前腕部が回外)背骨の右側で捕球できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA