株式会社斎藤佑樹にみる元プロ野球選手のセカンドキャリア

元日本ハムファイターズの斎藤佑樹が、引退後、株式会社斎藤佑樹を設立しました。今回のテーマは、元プロ野球選手のセカンドキャリアです。
バカそうに見えて、実は、これでも私、”学士様”です。東京六大学の内の一つに”スポーツ推薦”ではなく、一般入試で入学しています。
卒業した学部は、筋肉とか関節とか投球動作のことばかりブログで書いていますが、早稲田の人間科学ではありません。
毎回、ロックフェラーやロスチャイルドのことばかり書いていますが、卒業した大学、学部は、江川卓を落とした慶應大学の経済学部ではありません。
実は、法学部です。

資本階級、労働者階級、消費者

本題に入る前の序章として、資本階級、労働者階級、消費者を例を挙げて説明します。
アームシェルロスチャイルドとその子孫(以下、ロスチャイルドという)は、労働者が肉体を稼動して産み出した、実体のあるサービス、道具、労働力商品、受胎する女を含む商品(種苗、樹木、動物、植物、化石、排泄物、原子、土砂、鉱物、原油、電気、水、火、気体、ガス、化合物、半製品、完成品)を借り、労働者に借入れ証を発行します。ロスチャイルドは、当初、紙に日本銀行券と書いて借入れ証を渡していましたが、次第に、借入れ証に日本国債と書いて自ら保管するようになります。更に、借入れ証に関しては、労働者にATMを稼動させ、オンライン上に「現金預入」と表示させるようになります。実体のあるサービス、ロスチャイルドは、労働せずに実体のない貸付け証をフィクションします。ロスチャイルドは、実体のない架空商品(貸付け証)を消費して自身がレンタルした労働力商品、女、商品、道具を自身から買い取ります。ロスチャイルドは、労働者から借りたものを労働者に返さずに、ネコババして自らに売却しているのです。ロスチャイルド自身が貸付け証を受け取ります。松田元が労働力商品をロスチャイルドから貸付け証を借ります。ロスチャイルドは松田元に貸付け証を貸します。貸付け証をフィクションできるのはアームシェルロスチャイルドとその子孫のみです。松田元が借りた架空商品を労働力商品に貸します。ロスチャイルドと松田元が資本階級です。労働力商品は、他者に架空商品を貸さずに、道具、飲食、住居、受胎する女を買い、飲食と睡眠、性労働によって労働力商品を再生産し、肉体と道具を使って商品を加工し、松田元とロスチャイルドに商品を納めることで架空商品をロスチャイルドに返済します。これが労働者階級です。労働者は、ロスチャイルドにネコババされて体を売って無償で働きロスチャイルドの借金を返しているのです。ロスチャイルドと松田元は架空商品を全く消費していないので、労働力商品がサービス、商品を完成させた段階で利潤が松田元とロスチャイルドに生じます。しかし、松田元は、架空商品をロスチャイルドに返さなければなりません。架空商品を消費して、労働力商品が肉体を稼動して産み出した道具、商品、サービスを購入するのが消費者です。購入した商品を使って別の商品に加工せずに、労働力を再生産するのみである者が最終消費者です。ロスチャイルド以外の消費者は、肉体の損耗からトライアンドエラーを繰り返し、自らの労働量を減らしながら産み出すサービスの数量を増やすことにより、他者から購入するサービス、商品の量を減らして労働力が再生産できれば、借りた商品をネコババできます。女子は、幼少の頃より肉体労働の訓練という名が付された疎外労働を、大人から男子よりも軽減され、男親から守られています。よって男よりも散財してネコババできないのが女です。女が、男であれば労働力の再生産に関係のない部分を含む商品を散財して購入するのが奢侈です。男よりも散財して取得して得たサービス、商品は男の奢侈に相当します。よって、女は受胎しないと労働力を再生産できません。奢侈品の代表が女です。松田元、ロスチャイルド、労働力商品は、何れも消費者です。ロスチャイルド、ロックフェラー、サザーランド、チェスター。モルガン家の党首以外は、私を含め皆、架空商品をフィクションする権利を獲得できていません。労働者階級になるかロスチャイルドから貸付け証を借りて資本階級になるしかありません。
私は、国家資格は、普通運転免許と日商簿記2級しか取得していません。簿記2級なんて商業高校に通うヤンキーでも合格できます。商業高校の生徒は、日商簿記2級に合格しないと商業高校を卒業できないんです。野球の世界では、私が投球動作の手本としていた大野豊さんもこの資格を取得しています。私は、法学部でしたので、大学卒業のときには、簿記の借方も貸方もわかりませんでした。入社してからは、最初は営業で次に財務です。簿記は社会人になってから上司の命令で取らされました。就職した会社は、相対的に給料は高かったですが、申し訳けないというということはビタ一文思ったこともありません。給料と労働のバランスに関し、プレッシャーを感じたこともありません。常にもっとよこせと思っていました。言っていました。だから、給料を、”お給料”なんて言っている奴を見るとぶっとばしてやりたくなります。
私は、家(東京23区内に2LDKマンション、風呂トイレは別です。キッチンはガスです。)は無借金で買いました。一人暮らしです。産みの父親も法律上の父親も既に死んでいます。母親は一人暮らしで生きていますが、健康で不労所得があり、一生遊んで暮らせるだけの蓄えがあります。妹は結婚して子供がいます。
車は買ったことがありません。時計も買ったことがありません。ジムには行っていません。ゴルフもやりません。運動は素振りとシャドウピッチングのみです。ゲームもやりません。ギャンブルもしません。固定電話も敷いていません。服は、ユニクロ、しまむらです。問屋でも買います。テレビは持っていません。新聞も取っていません。髪は美容室でカットしますが、セルフカットもやります。退職後は健康診断を受けたことがありません。病院に行ったことがありません。保険にも入っていません。ワクチンも接種していません。イケメンなのでマスクはしません。食事は全て自炊です。支払は全てカードです。コンビニには行きません。リアルの世界での人間関係は断ち切って、匿名同士のオンライン上での付き合いしかしていません。墓なんか買いません。葬式もお別れの会もやりません。
私は、奢侈に走らなかったことで、既に、一生遊んで暮らせるだけの金を蓄財したので、現在50代無職で、世捨て人として生きることができています。ロスチャイルドがコロナをフィクションする前から無職です。よって、全くストレスを感じません。世捨て人と言っても、僧侶や牧師ではありませんよ。僧侶や牧師は、ロスチャイルドに請われて大衆を洗脳して白痴化させるのが仕事です。社会は労使関係の総和です。僧侶や牧師は社会と”密接に”関わっていますから、世捨て人ではありません。私は、誰ともコラボせず曲作りを打ち込みを使わずに一人で趣味として行い、ブログも趣味でやっています。若いときは、趣味なんて敗北者がやるものだと思っていたが、金になるものを作らなくて済む、キャッシュインフローの計算をせずに作ることがいかに素晴らしいことかが最近分かってきたような気がします。
体力面でキツいので野球の監督やコーチは、もうやりません。
現在独身の新庄さんは、婚歴はありますが、婚姻期間はダブルインカムで子供はいません。私は、栗山英樹や岩本勉、そしてカープファンから愛されている松田元と同じ、婚歴なしの毒身です。私は、監督就任前の新庄さんほど奢侈的生活はできませんが、毒身小梨だから、無職で世捨て人になれるんです。チビデブハゲの開業医とかチビデブハゲのオーナー会社の後継者は、国債が国民の借金であると信じて疑わない、産めよ殖やせよに洗脳された経済関係のある者に「結婚しろ、見合いしろ」と粘着されますが、イケメン高身長のサラリーマンは、独身を通していても、ホモやロリコンのレッテルが貼られ、キモがられて終わりです。同族会社のオーナーの倅であるハジメくんは、ロスチャイルドの借金を背負わされているので性行為をして労働力を再生産することが義務付けられ、独身小梨を貫くことに成功するのが難しかったかもしれませんが、私にとって結婚しないことに成功することは難しくありませんでした。人権屋や正義マンは労働をしているので他人の命を奪って戦争に貢献しながら生活していますが、私は平和に貢献しているのです。
今後も、私は、就職は絶対にしません。起業もしません。私は、搾取する側にもされる側にもなりたくないのだ。労働したくないので家族を作ることもありません。実家では柴犬を室内で飼っていましたが、俺の方がペットより先に死ぬことがあり得るのでペットを飼いません。
大学時代、私は、イタメシ屋のバイト代の他にミューシャンとしての収入がありました。イケメン、高身長なのでホストやモデルとしての収入がありました。他にやったことがあるバイトは、引越し屋(上場していない)、サンプリング、香具師があります(年分は別)。基礎控除の38万円と給与所得控除のみで全額源泉所得税が還付されたので、法人は作っておらず、白色申告で確定申告をしていました。その後、ロスチャイルド系の会社で組織再編や移転価格の仕事に従事していたので、上司の命令で、法人税法を勉強したことがあります。税金に関しては、一寸だけ、知っています。
資本を持たない若者が取れる生計手段としては、就職する以外に、下記のようなものがあります。

国家資格を取得する

弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、宅建、社労士、行政書士、ファイナンシャルプランナー、中小企業診断士のようなサービスの転職サイトのコーディネーターは、無職になった者に対し、資格を取ることを推奨します。実体のない能書きタレ系の資格は、労働力商品を購入してタダ働きさせることができる権利が付与されるだけです。現場で実務をしているベテランの中には、無資格であっても、もっと詳しい人はいくらでもいます。有資格者対し、会社資本は、ベテランの無資格者よりも栄養費に付ける価値を高くしなければなりません。だから会社資本は、有資格者を雇いません。能書きタレ系の資格は、再就職には全く役に立ちません。よって、資本がなければ開業できません。故に、ロスチャイルドの借金を返済不要で立替払いしないと開業できないんです。紙幣は架空商品です。ロスチャルドは無制限に紙幣を脳内でフィクションできます。ロスチャイルドは、貸したことにした金が返ってこなくても破産しません。個人事業主でも、ロスチャイルドから金は貸したことにしてもらえます。資格ビジネスの罠は資格予備校がしかけた罠ではなく、ロスチャイルド、ロックフェラーが仕掛けた罠です。就職に有利な資格は、ボイラー管理技士、自動車の大型免許、クレーン、フォークリフト運転免許、倉庫管理主任のような肉体労働に関する資格です。AIが労働に用いられるようになって一番先に仕事がなくなるのは、能書きタレ系の資格を前面に掲げて仕事をする人間です。AIが労働に用いられるようになって最後まで残るのは肉体労働系の資格を取得して労働をしている人間です。オーナーは、異なる商品を製造する毎にAIを別途製造させて購入しなくてはならないからです。

投資、金融商品取引

保険商品、投資信託、架空商品(仮想通貨、外貨、株式、債券)、デリバティブの購入は、架空商品をロスチャイルドに貸して、ロスチャイルドの代理人が借用書を含む別の架空商品又は商品を購入します。架空商品又は商品には、労働者が産み出した価値とは別個に付けられています。自己資金に付けられた価値を超えて購入し、ロスチャイルドの借入金を返済不要で立替払いしないと、生きていけません。

ネットビシネス

私が産み出しているコンテンツは、ロスチャイルドの代理人が制作しているテレビ番組に洗脳されている奴にとっては、胡散臭く感じられるでしょう。
世捨て人の私がコンテンツを産み出したところでバズることはできません。実際、これまで私は、バズったことはありません。
しかし、私は、週平均2回ブログを更新し、週平均10万PV以上を稼いでいます。月平均に換算すると40万PVです。無料ブロガーが5000記事を10年以上要して稼いだ全期間の累計PV数を記事2本を書いただけで稼いでいるのです。すなわち、記事一本制作してアップするだけで5万PVを稼いでいます。どうすればバズれるかについてブログを書いている奴がいますが、俺のブログは、そいつらよりも読まれているんです。一回バズったきりで、その後消えてしまうブロガーは沢山いますが、私は、何年も週平均10万PVを稼いでいます。私もブロガーとしては零細ブロガーではないんです。一回バズれたのはマグレではありません。一回しかバズれないのは、そいつが知識のストックという面で往きの燃料しか積まれていない特攻機だからです。敷衍すると、一の人間が産み出した現象を受胎しただけで他者との関係を創造していないから一瞬しか読まれないのです。
世捨て人がブログを書いて読まれ続けるって簡単じゃないんです。現在はPV数を稼いでくれるクリック業者は使えません。ロスチャイルドの使用人である広告代理店の社員とのコネクションがない、バックアップがない大学在学中の若造や大学出たての若造はバズれません。彼等が広告収入だけで生活費を稼げるほど、ブログの世界は甘くはないんです。
広告収入は、ロスチャイルドが融資しているグーグルの使用人の審査を通らないと得る権利が得られれません。よって、審査を突破したブロガーの産み出したコンテンツはつまらないものになります。実体のない貸付け証すなわち日本銀行券という商品を実体あるものとして価値を付けることが、生産のサイクル、納期を短縮化させ、産み出すコンテンツをつまらないものにするのである。

株式会社斎藤佑樹

斎藤佑樹は、プロ野球選手を引退後、「株式会社斎藤佑樹」を設立しました。彼ならば、広告代理店の社員とのコネクションも構築できるでしょう。
彼は、高校、大学、プロ野球において、嫌いな先輩、ライター、アナウンサーの名前を挙げて、どんないじめをされてきたについて語れば、You-tubeを作って広告収入を得られるでしょう。でも、すぐに燃料切れになるでしょう。彼ならば、野球教室に招かれたり、講演の依頼もあるでしょう。それでは、何故、法人を作るのか、法人を作るメリットは何なのか。
所得税は、累進課税ですが、法人税は、所得に付された価値によって税率が異ならない平均課税です。また、ビジネス面では、”一人会社でない”法人組織を作る方が、個人事業主のままにしておくよりは、ロスチャイルドからの借金が簡単になります。独身の小梨の個人事業主や独身小梨の一人会社の代表取締役は、タダ働きから逃げるハードルが低いので、ロスチャイルドの代理人は、ロスチャイルドが無制限に架空商品をフィクションできるといっても、貸し渋るフリをするのです。食えない税理士の中には、借入れの斡旋を主たる業務にしている者もいます。次に、法人を使った節税手段にはどのようなものがあるでしょうか。
赤字の休眠法人から営業譲渡を受けて、親族を役員にし、商号を変更します。当該法人にマネージメント料を支払えば所得税を節税できます。繰越欠損金が生じているので法人税も生じません。
また、個人の収入と必要経費を法人の収入費用に上げ、法人から給与を受取り給与所得控除を受けるという手段もあります。個人収入を得た際に天引きされた源泉所得税は、法人の資産に計上すれば、全額所得税額控除が受けられます。源泉所得税を費用に計上しても源泉所得税は全額還付にはなりません。
斎藤佑樹は、バックの人間に知恵を付けられたとか、知恵を付ける人間がバックについているだとか面倒くさい話はしなくていいです。斎藤佑樹は、税理士に知恵を付けられたんです。税理士というのは、デビッドロックフェラーが使用人であるシャウプに命じて作らせた職業です。日本以外の地域では、税理士という職業が存在しない地域もあります。農家から相続の相談を受けた元税務署員の計理士が税理士のルーツであるとるというのはお伽話です。税理士には、国税の仕事をしていた者、公認会計士、弁護士、法学及び会計学の修士課程(現在は全科目私見免除とはならず、税法科目、会計科目を一科目ずつ合格しないと資格は取得できません)を修了したものがなることができます。資本金5億円、負債総額200億円以下の法人は監査法人の監査は義務付けられていません。税理士の顧客は、主にオーナー会社の社長です。何故、税理士に知恵を付けられたかと言い切れるかというと、法人を使った所得税の節税のアドバイスは、税理士資格のある者しかできない税理士の独占業務だからです。
オーナー会社の代表取締役は、銀行員に借入れの申込みをすれば、ロスチャイルドの借金について返済不要の立替払いさせられます。法人の役員を含む使用人は、ロスチャイルドに経済関係をコントロールされます。ロスチャイルドに利潤を産み出すことを要求されます。ロスチャイルドの代理人である青年会議所やロータリーの会員から、他のオーナーと労働力商品を購入し事業規模を拡大して借金をする競争、上場する競争を煽られます。人間は、競争させられる段階で経済関係上は敗者なのです。

労働者が産み出した商品、サービスには価値が備わっていません。ロスチャイルドは、「金を貸さなければ、利潤を産み出すことができた」と言って利息を徴収しますが、ロスャイルドは、金を無制限に産み出すことができるので、自らの手元に流入させた架空商品に付ける価値がゼロになることはありません。利潤を産み出すのは、金ではなく、労働者が肉体を稼動させるからです。しかし、ロスチャイルドは労働をしません。「金を貸さなければ、利潤を産み出すことができたのに」というのは詭弁なんです。
ロスチャイルドは、土地を買わせて金を貸したことにします。土地を抵当に入れます。経済関係上の所有は、ロスチャイルドになります。
土地は、利潤を産み出しません。労働者が土地を使って労働するから利潤を産みます。地代の要求、地代に価値を付けることも詭弁なんです。しかし、ロスチャイルドは、法律上の権利義務者ではないので、土地の借主は、法律上の地主と土地に付ける価値を争うことができません。
労働者に電力、石油、通信網、水道を供給させる産業に金を貸しているのはロックフェラーです。ロックフェラーは法律上の権利義務者ではないので、電力、石油、通信網、水道に付ける価値をロックフェラーを争うことができません。
それでは、オーナーが、タダ働きさせることができるのは誰か?
それは、外注先の労働者、仕入先の労働者と自社の労働者です。
オーナー会社の資本は、仕入れた商品、サービスに労働者の報酬を上乗せして商品に値段を付けると説明します。しかし、労働者に支給した架空商品に付けた価値を、商品、サービスに付けた値段に上乗せしたら、他者は、その商品を購入と引き換えに支払う架空商品に同じ価値は付けません。現実には、資本は、労働者の労働には価値を付けません。だから労働のことをサービスって言うんです。故に労働者をタダ働きをさせた段階でロスチャイルドに利潤が生じるのです。すなわち、商品を架空商品と交換したときに利潤が生ずるのではありません。商品、サービスに付ける値段は、労働に付ける価値とは別個に付けられます。労働者に支給する架空商品に付ける価値は、飲食物に付けられている価値に数量を乗じたものです。数量は、経済関係の更新に基づく経験則によって改変されます。仕事は全裸でもできます。会社の建物に交代で寝泊まりさせれば住居は要りません。機械を止める必要もありません。交通費の支給も必要ありません。粗利が生じていれば、オーナーが仕入先、外注先の労働者又は自社の労働者を搾取しているということです。
販売管理費は、主に、売上原価に計上されなかった仕入先、外注先の労働者が産み出した商品、サービスに付けられた価値です。
労働に使用している機械、パソコン、建物には仕入業者のオーナーが価値を付けています。労働者が肉体を稼動して機械、パソコン、建物を使うことによって利潤が産み出されます。機械、パソコン、建物が利潤を産み出すのではありません。すなわち、機械、パソコン、建物に付けられている価値は下がりません。簿記上の減価償却の仕訳を示すと、(借)減価償却費 (貸)商品です。
しかし、経済関係を歪曲せずに仕訳で示すと、(借)給料 (貸)未払給与です。
アームシェルロスチャイルドは、学んでこなかった貧乏人をリクルートして大学教授のレッテルを貼ります。その大学教授に物神論を大衆に対し宣伝させているのです。
よって、当期純利益が赤字でも、当期純利益に減価償却費をプラスして黒字になれば、”栄養費に付けられる価値が搾取されている”ということです。
減価償却前の当期純利益が黒字であれば、栄養費に付けられる価値が搾取されているということは、勤労動員に駆り出されて読み書きがロクにできないジジイの労働者でも知っています。後進国からきた移民の家族で、親にタダ働きされられてているガキでも知っています。
オーナーは”金の亡者”なんです。
オーナーが「社会のために事業をしている」「他人のために商売している」「人助けをしたい」「誰かを救いたい、守りたい」から商売をやっていると言っても、搾取されている側からすれば、「へん、何言ってんだ、この野郎!」ってなるわけです。
租税法の大学教授は、国債がロスチャイルドの借金であることを知りません。税金がロスチャイルドの借金の元利の支払いであることを知りません。国庫に税金を払っていると思っています。しかし、国庫なんて存在しませんから。現実には、税金は、日本銀行の出資証券を取得しているロスチャイルドに納めます。
商学部や経営学部の教授や、仕事をしなくても資格試験の予備校の学費を親が出してくれた先生方は、ボンボンバカボンンバカボンボンだから、減価償却が未払人件費であること、税金は、ロスチャイルドの借金を奴隷が返済させられているということを知りません。ダブルマスターの二世税理士は、これらのことを知らないだけでなく、もっとバカです。
オーナー会社の代表取締役の役員報酬がゼロであっても借入金で食っていけます。
当期純利益が赤字でも、前期末現預金残高に現金売上、売掛金の回収、捏造された借入金の受け容れ、前受金をプラスし、借入れ元利の支払い、買掛金の支払い、租税、販間費の支払をマイナスしてプラスになれば、栄養費に付けられる価値が搾取され、労働者に架空商品が即支払われていないということです。資金繰り表なんて簿記を学んでいない奴でも作れます。栄養費に付けられる価値が搾取されているということは、勤労動員に駆り出されて読み書きがロクにできないジジイでも知っています。後進国出身で親にタダ働きされているガキでもわかります。だからオーナー会社の代表者にとって財務諸表は、ロスチャイルドの代理人である銀行員と代表者の家族以外に対しては5重丸の極秘資料なのです。オーナーは、オーナーに養われていて逆らえない家族に経理をやらせるのです。
オーナーは”金の亡者”なんです。払える金があるのに金がないという嘘泣き野郎なんです。
メディアの使用人は、ボランティア法人の代表取締役、ボランティア法人に投融資をしているロックフェラーのことは、サービスの受給者から架空商品を受け取らない人格者であることを強調します。しかし、メディアの使用人は、ボランティア法人の代表取締役やロックフェラーが、使用人に無償で食事を作らせたり、瓦礫の片づけをさせていることを強調しません。使用人が自由意思で食事を作ったり、瓦礫の片づけをしているかのように報じます。
斎藤佑樹は、現在独身小梨です。裏金を含めたところの契約金、プロ野球選手のときの年俸総額によって、奢侈に走り散財しなければ、一生遊んで暮らせるだけの金の半分は稼いでいるでしょう。一生遊んで暮らせるだけのカネの半分を稼いでいなくても、他の職業の同世代の奴よりも転職のスタートラインが有利です。労働は、労働しないと生活できないから、止むを得ずするものである。仕事は生計手段にすぎない。事業目的は実体のない観念である。今現在できることだけをやればよい。何をしたいかなんか決める必要はないのだ。定款は変更できるのであるから、新しいことができるようになって実績ができたら定款に付けくわえていけばよい。仕事なんて一生遊んでくらせるだけのカネができればやめたって構わない。彼は、規模を拡大する競争をする必要はありません。他人を雇わずに、借入れをせずに、自分一人でやれる範囲内の仕事を受注するのが成功の秘訣です。
現在でも、高校を卒業する段階で、何のスキルも高められなかった者は、偏差値の高い大学に入って上場企業に就職するのが最も生き方としては賢いと思います。上場企業で最も潰れない業種は銀行です。
私見としては、株式会社を設立するよりは、長谷川昌幸のようにスポーツ用品メーカーに就職して法人の株主、代表取締役の他人資本の金で野球教室をやる方が、法律上の債権債務の当事者とならない分、生き方としては賢いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA