[選手名鑑]先発から7回を担うリリーフに転向唐川侑己

右投げ右打ち
1989年7月5日
成田東高ー2007高校生ドラフト一巡目
181cm 87kg

投球動作

唐川は、右足のスパイクの外側の踵に重心をかけて右股関節を外旋して左膝をレッグアップする。左膝を内入れして「く」の字を作ったときも右足のスパイクの外側でエッジをかけ踵に重心をかけている。左足内転筋の内旋もしている。骨盤は滑っていないが右膝がやや前に倒れており右股関節の外旋は十分ではない。
テイクバックのときに右肩を左肩よりも下げる。右腕前腕部を回内し右腕は骨盤の右横より前までしか引かないが、上体と下半身の捻転差は大きい。
右肘をつまみ上げたときにわずかに両肩甲骨が接近する。右足は拇指球を支点に右膝が内に入る。左手は親指が上に切り替わる。左足はスパイクの内側から着地し、完全着地のときに踵に重心が移る。
リリースの瞬間に両股関節をぶつけたときに右足首と右膝が外に外れる。左足は突っ張らない。
フォロースルーのときに左膝が折れ曲がり、右足を三塁側に着地させる。

球種

フォーシーム Max 148km/h
カッター
カーブ
チェンジアップ
スプリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA