山本拓実

右投げ右打ち
2000年1月31日
市立西宮高ー2017ドラフト6位
167cm 72kg

投球モーション

山本拓実は、右足のスパイクの外側の踵寄りに体重をかけて右股関節を外旋して左膝をレッグアップ。左膝を突っ張らせたまま内に入れ二塁ベース方向にステイバック。
左足内転筋を内旋し、左膝をルーズに曲げて「く」の字を作ったとき、右足踵が地面を離れる。右足前脛骨筋は回外(内反)しているが右膝が前に倒れる。右腕前腕部を回内している。右腕は骨盤のやや前まで引き捻転差は小さい方。右肩を左肩よりも若干下げている。
右肘をつまみ上げたときに右足の拇指球を支点に右膝が真下に落ちる。後ろ足を軸に右股関節が内旋し始める。左足はスパイクの内側の踵寄りから着地している(インステップ)。左手は親指が上に切り替わる。左肩、左膝が開く。
リリースの直前に左膝が突っ張り左股関節が引っ込むが右足の外側の甲が下に向き右膝が伸びる。右腕上腕部が凹む。
右腕前腕部を回外後、上体を一塁側に倒したとき左膝で地面を蹴って作った壁が崩れる。左足のスパイクの外側の踵を支点に右足を一塁側にターン、両足をクロスさせる。

山本拓実は、リリースの直前に左膝が折れ曲がる。両股関節をぶつけると右膝が屈曲して真下に落ちるが、後ろ足を回転軸に右股関節を内旋しており、左足がO脚になることがある。右腕上腕部が凹む。

球種

フォーシーム Max 151km/h
スライダー
カーブ
チェンジアップ
カッター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA