選手獲得チェックリスト[守備編]

松田元は、巨人のオーナーである山口寿一よりも栄養費に価値を高く付けて大瀬良大地は、FA権を行使せず、広島東洋カープと再契約することとなりました。

資本は、一労働が完了する毎に経済関係上、労働に価値を付けて報酬を支払う義務がありますが、現実には、使用人は、資本から、支給された架空商品に価値を付けられて栄養費という属性が付与されて労働力を再生産させられます。個人的には、資本が架空商品を追加で支給し、功労金という属性を付与することを要件に功労者を自由契約にすることは賛成します。日本ハムは、ロスチャイルドが出資している三井住友系の法人です。ロスチャイルドの代理人である株式会社日本ハムファイターズ代表取締役畑佳秀は、西川遥輝、大田泰示、秋吉亮を自由契約にしました。この内、大田泰示については、①右肘でなく右手首をヒッチしていること②右手首をコックすると左肘が突っ張ること③左肘を抜く又は左肘でボールを掃っていること④故に右手人差し指の付け根でグリップを押していることを根拠に、個人的には要りません。西川遥輝は、走塁に関してのみバックステップができますが、これができる選手は広島東洋カープは不足していません。打撃に関しては、西川遥輝は、①左肘をヒッチしないこと②右肘が突っ張ること③左手首の付け根でグリップを押すことを根拠に、個人的には必要としません。

人間や物には価値、属性が備わっていません。
人間は肉体を稼動することによって労働力商品という価値が付けられます。男、女という属性が付与されます。物を使って人間が労働をすることによって物に商品という価値が付けられます。
人間は、労働には価値を付けずに、肉体を稼動して産み出した商品、役務に価値を付けます。
他人が、商品、役務に価値、性質を付けます。
木の棒、機械、紙切れを作って商品とし、そこに数字(価値)を書き込みます。ロスチャイルドは、紙切れの製造をやめさせ、奴隷がスイッチを押して針や画面を稼動させます。
自らが商品、役務に付けた実体のない観念である価値、属性が「実体があるものである」という価値を付けます。
しかし、現実には、客観も実体のない観念です。
人間は、複数の人間を全裸にして立たせれば、他人と比べ、頭がハゲているか否か、顔がでかいか否か、手足が短いか否か、目が細いか否か、骨格、筋肉、脂肪が横に広いか否か、肉の厚さ、肌の皺、肌の色、臭い、チンコの長短、チンコの太い細い、チンコがムケチンか包茎か、クリトリスがズル剥けか皮被りか、マンコの位置が上付きか下付きか、高いか否か、陰裂が一本線か二本線か、大陰唇、小陰唇の形、肛門と膣口と尿口の距離について、付けた価値を正当化する方便とすることができます。性労働をさせれば、早漏か遅漏かという、性労働に付けた価値を正当化することが容易になります。
複数の人間に同じ服を着せれば、それぞれの人間は、他人と比べ、顔がでかい手足が短いこと、目が細いこと、横に広いことは誤魔化せません。複数人に同じ帽子又はヘルメットを被らせれば、ハゲは隠せますが、ハチ張りは隠せません。複数の人間に同じ服を着せれば、肉体の稼働の差異も誤魔化せません。肉体の稼働が下手くそであると感知している奴ほど他人と同じ服を着ることを嫌います。
統一したユニフォームを着用させられている場合は、特に、労働量を削って産み出す役務の量を増やす→栄養費に付ける価値を上げる→親や女を捨て、他人に労働をさせずに支出を抑える(例:保険を買わない、医療を受けない)→借金を受け容れない→無償労働から逃げるというのは生き方としては賢いのです。未婚小梨をディスられても、徴兵検査に落ちた自分を責めたりコンプを抱くのではなく、戦争に行かなくて良かったと思うことが大切なのです。若者は、ルールからはみ出せ!出る杭になれ!監督コーチに殴られたら殴り返せ!但し、労働力が再生産できなくなるまでは殴るな。
ユダヤ人は、銀行をフィクションし、借金を自作自演し、経済関係の当事者になることを免れ、奴隷同士を当事者にして争わせ、中央銀行以外のルールは、奴隷にルールを作らせます。

ユダヤ人は、顔がでかい女、ババア、デブ女、目が細い女、チビ男、チビ女に性労働力商品としての価値を低く付けます。
チビ男は、デカい男の倍働くことによって、資本から、デカい男と同じだけの価値が栄養費に付けられます。
女は、チビ男を同じ量の仕事をしてもチビ男と同じだけの価値がユダヤ人から付けられません。
仕事ができないチビ男は、労働力商品を買いチビであることを言い訳にします。
チビ男は、女にモテないことをチビであることのせいにすると第三者から批判されることがあります。チビは電通社員の宣伝がなければ婚姻できない、栄養費に付けられた価値の問わずセックスさせてもらえないのは事実だから言い訳ではありません。
男は、ユダヤ人から美人である、かわいいという価値のみが付けられた女に、高嶺の花という価値を付けません。借金をロスチャルドに背負わされていない男は女を借りません。
男に股を開かないと栄養費に価値が付けられない女は、「女が嫌い、男といる方が楽」と言います。男に粘着する女は、「私、サバサバしてるから」をアピールします。努力をできずに、男に依存する女子供は「負けず嫌い」をアピールします。男に説教されると洗脳されます。人権や正義は、奴隷を無償労働から逃がさないことの方便に使えます。女は、経済関係上の強い男に媚びて無償で、人権違反や正義に反することをしていないか否かのパトロールをしているから、自分が「毒舌であること」をアピールします。女は、男に既婚であること、すなわち保護者が付いていることをアピールしないと、仕事を取って、実体のない借金を受け容れ、商品、役務を売ることができないのです。既婚であることのアピールは、他の女に対してマウントしているのではありません。
今回のテーマは、選手獲得チェックリストの走塁守備編です。これは、練習における選手の体の動きのチェックリストにもなり得るものです。また、選手を起用する場合の指針ともなり得るものです。

選手の体格

身長が他よりも長い者は、他と骨密度、筋肉、脂肪の比率が同一であれば他の者よりも体重が重くなります。ノッポは、チビよりも重心が高く、体重が重いので、運動の停止を解除する前、野球の場合、側副靭帯を外反したとき、股関節を外旋したときがこれに当たりますが、下枝の骨格が体重を支えることが難しくなります。チビとノッポが同じ量の運動を同じ体の動かし方ですれば、ノッポは、チビよりも側副靭帯や股関節の損傷が進行します
チビもノッポも、側副靭帯を内反し、股関節を内旋すると、運動の停止を解除する前よりも重心が高くなり、筋肉、靭帯が緩みます。下枝の骨格にかかる負荷が軽減します。
チビもノッポも前足がスウェイしなかった場合、チビは、ノッポよりも両股関節の距離が短く、ノッポよりも手足も短いので、回転半径がノッポよりも短くなります。よって、チビはノッポよりも加速距離が長くなります。チビは、ノッポと体重が同じであれば、ノッポよりも飛距離を産み出すことができます。
ノッポは、チビよりも体重が重く、且つ前股関節が内旋しているという要件を満たせば、後ろの股関節が前の股関節にぶつかったとき、ウェイトが体重差の分乗るので、後ろの股関節を内旋したときの加速距離のマイナスとを相殺することができるのです。故に、チビと同じかそれ以上の加速距離、飛距離を産み出すことができるのです。
但し、チビもノッポも前足がスウェイすれば、スウェイしなかった場合よりも重心が低くなり、加速距離が短くなります。
また、チビは、アウターマッスルの量を増やすと靭帯の外反、股関節の外旋のとき、下枝が体重を支えられなくなります。
選手獲得の体格面のポイントは、両股関節が骨盤の前にあり、骨盤が前傾していること、肩関節が残っていること、すなわち撫で肩ではないことが挙げられます。人間は、股関節の実際に稼働させている稼動域が広いほど、アキレス腱周辺の筋肉が細くなります。選手獲得の要件の一つとしてアキレス腱周辺の筋肉が細いことが挙げられます。

落下点の後ろに入るまでの過程

①打者がセットアップを解いたときにシャッフルを開始している
②左股関節のバックステップができる
右投げの野手は、打者がトップハンドの中指、小指MP関節を内旋し始めたときに、左手中指、小指MP関節を内旋して左肘をヒッチします。右足のスパイクの外側がシャッフル(跳ね上がる)します。左股関節が外旋し、右股関節が内旋します。すなわち、左股関節がバックステップします。右足首が背屈し、右膝が突っ張ります。右足がランニングの回転軸となります。
③右股関節のバックステップができる
続いて、右投げの野手は、左手親指基節骨でグラブの中を叩きます。左手の中指、小指が立ちます。右手中指、小指MP関節を内旋すると右腕前腕部が回外して右肘がヒッチします。左足のスパイクの外側がシャッフルします。右股関節が外旋し、左足首が背屈します。右股関節がバックステップしました。左足がランニングの回転軸となります。2wayリードが実現しました。
打者はトップハンドの親指基節骨でグリップを叩く直前の親指の伸展の大きさで打球の方向、角度が決まります。
右投げの野手は、左肘のヒッチが、打者がミートした瞬間(トップハンドの前腕部の回外=フォロースルー期)及び打球がワンバウンドしてから始まると、ランニングの回転軸と反対側に打球が飛んだ(価値を付けると逆を突かれた)場合、ランニングの回転軸を逆の足に移す間ができません。球際に弱くなります。内野手は捕殺数が増えません。
右投げの野手は、予備動作のシャッフルを終えた後、背骨の右側(三塁側)の打球に対しては、ランニングの回転軸は一歩目が右足です。一塁側への打球に対しては、ランニングの軸足は一歩目が左足です。二歩目以降は回転軸となる足が入れ替わっていくことが反復されます。

打球(ゴロ、飛球)の落下点の先に入ってからの過程

①左股関節のバックステップができること
一塁側への打球も、三塁側への打球も捕手又は外野手からの送球も、捕球の直前は、左手中指、小指MP関節を内旋します。左股関節が外旋し、左肩関節が残ります。左手親指基節骨でミットの内部を叩きます。よて、インステップする場合もアウトステップする場合もインサイドアウトで右足首を底屈できます。右足を左手中指、小指、親指スイングの回転軸にします。左手中指、小指MP関節で打球を叩きます。左胸部が前に張り出します。左肘が落ちます。左腕上腕部が外旋します。左肩関節が外転します。左腕前腕部がレイバックし、左手首が左肘、左肩関節よりも後ろに来ます。すなわち、左肩関節が残ります。左手がフォアハンドになります。右股関節が更に戻ります(内旋)、右足首が背屈します。右膝が突っ張ります。左股関節がバックステップします。右手親指基節骨で架空のボールを叩き、右腕前腕部が回内し、右肘が上がります。
人間は、左股関節を戻して(内旋)して左膝を突っ張らせると、左足内転筋が内転しますが、左足の拇指球又はスパイクの内側で地面を後ろに蹴ってしまいます。右股関節が外旋したり、スウェイします。人間は、走路が外側に膨らみ、打球の後ろに回りこんでしまいます。すなわち、左打席で、右股関節が外旋又はスウェイして左手親指基節骨でグリップを叩き、左手中指、小指MP関節を内旋したのと同じ関係になります。左手中指、小指MP関節を180°内旋する間ができません。左手親指先がしなりません。左手親指基節骨で打球を叩いても、左手中指、小指が立ちません。左手中指、小指MP関節が内旋する間ができません。左手人差し指の付け根でグラブを押してしまいます。左手親指基節骨で打球を叩いても親指先の加速距離が短くなります。左手中指、小指が立ちません。左手中指、小指MP関節を内旋しても左手中指、小指の加速距離が短く、背骨の右側まで打球を飛ばせません。右投げの野手は、背骨の左手で捕球するか、背骨の左側でフォアハンドで橈骨でボールを前に弾いてしまいます。左手首がコックします。左肩関節が背骨の方に入ってしまいます。左手親指がしなりません。左手親指を屈曲しても左手中指、小指が立ちません。左手中指小指MP関節を内旋しても左手中指、小指の加速距離が短くなります。左肘が落ちす、左股関節が外旋したりスウェイします。右手中指、小指MP関節を180°内旋する間ができません。右手親指がしなりません。右手首が緩みません。右手首が固まります。イップスの原因となります。右手人差し指付け根でボールを押してしまい、右手中指基節骨からボールが外れます。フォロースルー期に右手中指、小指が立たず、右手中指、小指MP関節を180°内旋できず、スナップスローになります。右手中指、小指の加速距離が短くなり、送球がジャイロ回転します。
②ベアハンドキャッチができること
③右股関節のバックステップができること
③左股関節のバックステップができること

右足を軸に左腕のフォロースルーが終わった後、右手中指、小指MP関節を内旋すると右肘がヒッチします。ここでボールを捕球します。右股関節が外旋して左股関節から剥がれます。右股関節がバックステップします。投手が牽制を投じるときと同じく、右投げの野手は、基本は、反時計回りをしながら送球をします。右股関節のバックステップはどの塁に送球するときにも行います。時計回りで送球するときも右股関節のバックステップを行います。グラブトスをするときは、右足を回転軸に左手親指基節骨でグラブの内部を叩き、左手中指、小指を立てます。左手中指、小指MP関節を内旋して左股関節をバックステップします。左手親指がしなります。このプロセスをもう一回行ってフォロースルーを終えます。
左手で走者をタッグするときは、右足でベースを蹴って左手中指、小指MP関節を内旋回して左股関節をバックステップします。左手親指基節骨で送球を叩きます。左手中指、小指が立ちます。フォロースルーを終えると左手親指がしなります。左手親指基節骨で地面を叩くと左腕前腕部が回内します。V字の軌道で走者をタッグできます。

スローイング期

①右股関節をバックステップして左(三塁ベース方向)にも右(一塁ベース方向)にも送球できること

②右足スパイクの内側でも左足スパイクの外側でもベースワークができること

右手親指基節骨でボールを叩く直前に右肩関節が残っていると、右手親指基節骨でボールを叩くと(リリースすると)、右手中指、小指が立ちます。左股関節が内旋し、右股関節も内旋します。右手中指、小指MP関節を内旋してフォロースルーを行います。右股関節が剥がれ、左股関節が内旋します。
右投げの野手は、一塁側への打球又は三塁側への打球の落下点の先に入り捕球直前に、左膝が突っ張ってしまった場合には、右手中指、小指MP関節を内旋してベアハンドキャッチします。外観上は、左手親指基節骨でグラブを叩き左手をバックハンドにして捕球したことになります。右股関節が外旋します。左股関節が戻ります(内旋)。左足首が背屈し、左膝が突っ張ります。すなわち、右股関節がバックステップします。右肩関節が残ります。右手親指基節骨でボールを叩きます(リリース)。左股関節の動きがインサイドアウトで左股関節が底屈します。右手中指、小指MP関節でボールを内旋します(フォロースルー)。左股関節が戻ります。右手親指がしなります。送球のフォロースルーに代えて走者にタッグするときは、左足でベースを蹴って右手で走者をタッグします。右手親指基節骨でボールを叩くと、下から上へとV字でタッグできます。

②左股関節をバックステップして、どちらの手でもバックハンドトス、フォアハンドトスができること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA