長野久義GM兼任監督だけでは生ぬるい!原辰徳ヘッドコーチ擁立に動け!

広島東洋カープは、既に今季の最下位は、事実上確定している。私は、既に今季のペナントレースに関しては興味を失っている。私は、既に来季以降を見据えているのだ。
既に、長野を選手兼任監督という案が、カープファンカテゴリーにエントリーしているブロガーの中における、トップブロガーから提唱されている。
長野が選手兼任監督となった場合、長野の監督としての仕事は、試合前のミーティングまでで、試合における采配は、主に河田が行うとのことであるが、悪いご冗談を!
私の中では、長野は、既にスタメンとしても代打としても戦力外である。
私は、河田野球は、緒方孝市の下で守備走塁コーチを務めていたときから否定的に解してきたところである。
これまで、私は、凡百のカープファンに実力を発揮し尽させてから、コンテンツを更新するという横綱相撲を取らせていただいたが、今回も凡百のカープファンブロガーとは”レベチ”なコンテンツを提供してやろう。

長野久義新監督の実現はあるのか

長野は、丸佳浩がFA権を行使して巨人のオーナーと契約したことにより、その人的補償として広島松田元を契約した。
丸がFA権を行使した段階では、原辰徳の次の監督は、阿部慎之助であることは既成事実であった。実際、その後、阿部は引退し、巨人の二軍監督に就任し、出世コースを歩んでいる。
長野は、巨人の監督になることができない。
NPBにおいては、上田利治、根本陸夫、西本幸雄のように選手としてのキャリアが大したことなくてもオーナーから抜擢された例もあるが、メジャーリーグとは異なり、現役選手のときのキャリアによって監督人事が決められることが多い。
長野のキャリアは、野村謙二郎よりやや落ち、緒方孝市と同レベルである。松田元から提示されたのは、コーチ手形ではなく監督手形だろう。生え抜きの東出の安打数も長野と同程度だが、東出は打撃タイトルを獲ったことがなく、選手としてリーグ優勝に貢献していない。
東出と長野であれば、長野の方が価値を高く付けられているだろう。
長野は、原辰徳、高橋由伸監督の下、巨人で9シーズンプレーをした。広島東洋カープでしかプレーをしたことのない選手とは、異なり、巨人でプレーをしたことによってフィクションされた経済関係(コネクション)がある。
松田元の中では佐々岡を今季限りで解任するかどうかは既に決まっているであろうが、その去就に関する情報は、大衆に向けてリリースされていない。佐々岡の後任監督として長野が任命されることは全くあり得ない話ではないだろう。

長野久義GM兼任監督擁立のメリット

昨季開幕前後から松田元の命令で小園は二軍で干され、佐々岡、高、河田、朝山、東出から田中広輔にレギュラーが与えられてきた。ポスト田中広輔に指名されたのは新人矢野である。
地元広島育ちのボンボンである大下剛史は、地元の経済関係上、強い権力を行使している。
メディアの使用人からは、「大下に野球理論なし」と揶揄されているが、実際には、大下は野球を良く知っているし、進歩的なメジャー式の前田智徳の打撃を賞賛し、柔軟に物事を考えられる人である。
現在でも評論家として毎試合欠かさずズムスタに訪れ試合をチェックしている。その上で、選手起用に関して口を挟んでいる。私は、広島東洋カープとは経済関係のある者ではないので、状況証拠の域を出ないが、佐々岡、河田、朝山は、”裏で”大下に呼ばれて説教されたのだろう。
以後、一旦一軍に呼ばれながら、一軍登録されることなく由宇に強制送還された小園が一軍再招集され、一軍登録され、レギュラーとして起用されている。
更に、緒方孝市、東出、佐々岡とは異なり、英語、スペイン語を使って商談を行うことができる。
松田元は、長野に戦力外通告を行い、長野を選手兼任監督ではなく、GM兼任監督にすることである。長野に、コーチ、スカウト人事、ドラフトによるアマチュア選手の獲得、選手の自由契約通告、トレードによる選手獲得、外国人選手の獲得交渉に関する権限をも委託するのだ。それによって、バカの一つ覚えのように試合序盤からバントをさせる高、同じくバカの一つ覚えのようにバントをさせ、小園を干し、当て逃げの打撃、カット打ちの打撃、ダイブをも推奨する河田、ファウル打ちの練習をさせる朝山、軸足が後ろ足だと言う東出、引手主導の打撃を推奨する玉木といった主に広島でプレーした役立たずのコーチを一掃することができる。
長野を監督にすることによって、トップを固めろという笘篠弟のような不勉強な奴が口をはさめなくなる。大下剛史、山本浩二のようなOBも他球団出身の長野には忖度しながら発言するだろう。
年齢は、ロスチャイルドが代理人にフィクションさせた実体のない観念で、それを方便の一つにして栄養費に価値を付けている。
根本陸夫も星野仙一にも、コーチとしてのキャリアがないにも関わらず、40歳前後から事実上、GMとの権限をオーナーから委託されていたので、長野が40歳前にGMとしての権限を委託されたとしても若すぎるということはない。
共産党議員と自民党議員は実際には対立していないのと同じで、NPBの各球団のオーナーの対立はしていない。ロスチャイルドのしもべとして手を取り合っているのである。
根本陸夫が監督をしていたときには、広岡達朗、関根潤三が広島のコーチに就任し、内田順三は、広島の打撃コーチと巨人の打撃コーチを交互に勤めている。
長野の仕事は、長野自身が守備走塁、打撃に関して価値を高く付けているOBを招聘し、松田元に金を出させ、松田元にロスチャイルドに金を返させることである。
サービスを産み出すのは、金、土地建物、機械ではなく人間の労働である。
選手の年俸を下げることに、コロナという実体のない観念によって利潤が減ったということを方便にしてはならない。
選手と異なり裏方のスタッフは、役員、株主と栄養費に付ける価値の交渉が認められてない。長野が松田元と交渉し、裏方のスタッフの栄養費に付けられる価値を上げてやることである。
長野は、監督を退いた後も、GMとしての仕事は継続させる。
野球をするのは、監督コーチではなく、選手である。
長野にGMとしての権限を与えることによって、例えば、以下のような人事が可能となり得るのだ。長野は、英語、スペイン語で商談ができるので、外国人選手と交渉することができる。

打撃コーチホセピレラ

現在韓国プロ野球でプレーしているピレラは、メジャーに復帰することは難しい。長野は、元チームメイトであるピレラを呼び戻し、若い選手にメジャーパーフェクトインサイドアウトスイングを叩き込ませる。加えて、二塁ベースをノンストップで回るメジャー式走塁を広島の現役選手に注入させる。ピレラは、スペイン語を話すので、新外国人選手の打撃にアドバイスをすることができる。長野監督ともスペイン語で話ができる。
長野が現場監督を退き、GMに専任した頃には、坂本勇人打撃コーチも実現し得るのである

投手コーチ内海哲也

メディアの使用人は、久保康友のクイックに価値を高く付けるが、投球肘をつまみ上げる過程で後ろ足のスパイクの内側で地面を噛ませ、後ろの股関節を外旋、前足をスウェイさせる久保のクイックに私は価値を高く付けていない。
内海が行うクイックは、後ろの股関節が外旋し、立ち投げで行うメジャー式のクイックである。投手の回転半径が狭く、加速距離が増すので、捕手の盗塁阻止率のアップに貢献するだけでなく、投手自身が産み出すトップスピン、バックスピンを増すことができる。

人的補償による小林誠司の獲得

大瀬良、九里、野村祐輔がFA権を行使して巨人と契約した場合、人的補償として小林誠司を獲得する。
但し、小林誠司を獲得しても、正捕手は坂倉である。飽く迄も小林誠司は、坂倉が故障したときの控えである。
小林誠司は、将来のバッテリーコーチ及びヘッドコーチである。

赤松真人守備走塁コーチ

私は、一概に内部昇格がダメで外部招聘した人事を行えと言っているのではない。
赤松は、走路を膨らませず落下点に最短距離で入り、ダイブはしないという守備を説く。ダイブを推奨する河田とは対極にある。

内野守備走塁コーチ小川博文又は井端弘和

長野と巨人で共にプレーした井端は、現役のときは、伝統的なクソ面白くない守備をしていたが、現役引退後は、野球を勉強し直し、右投げの野手は半身で、背骨の右側捕球という守備論にシフトしている。
投手コーチの小林幹英と同じプリンスホテル出身の小川博文も、背骨の右側捕球を説き、トンネルする選手ほど上手い、小園ほど上手い三塁手はいないと、小園に価値を高く付けたプロ野球OBである。
内野守備コーチ、外野守備走塁コーチのどちらが一塁コーチ、どちらが三塁コーチを行うかは、それぞれのオープン戦で行ったベースランニング上の采配で決めればいい。

ヘッドコーチ原辰徳

それでは、長野新監督が実現した場合、誰をヘッドコーチに据えるか、これが長野新政権組閣の最重要課題である。ここが、今回アップするコンテンツのクライマックスである。
いるじゃありませんか、打ってつけの人間が!
原辰徳は、今季限りで3年契約が切れる。
原辰徳の父である原貢と古葉竹識は、友人である。
実は、原辰徳には、松田耕平がオーナーとして入団交渉を行っている。しかし、松田耕平は、ロスチャイルドに従事した業務、選手及びその関係者への栄養費、経済利益に付けた価値が正力、渡邉恒雄に及ばず、原辰徳は正力と契約した。
監督原辰徳がモデルにするのは古葉野球。
NPBにおいてリーグ優勝に貢献した監督がその後、ヘッドコーチに就いた例としては、伊原春樹、伊東勤がいる。広島では、4位巨人と11.5ゲーム差を付けられたが逆転された三村敏行が、第二次山本浩二政権化でヘッドコーチを務めている。
原辰徳に投手交代、代打起用といった面で、監督経験の乏しい長野のサポートをさせるのである。原辰徳は、東海大の後輩である田中広輔のクビに鈴を付けることができる。
資本経済において金で買えないものはない。
原辰徳、コイツには、倫理、正義、道徳とかいう観念は通用しないからな。古巣巨人のオーナー、監督、コーチへの恩義なんて簡単に捨てられる。コイツは金で動く。
長野には、原辰徳を口説き落させる仕事をさせ、松田元に金を出させる仕事をさせるのである。
ドラフトは、クジ引きで決まるというのは事実ではない。アマチュア選手及びその関係者への栄養費を含め、経済利益の供与に付けた価値によって決まるのである。
原辰徳には、栄養費及び経済利益の支給業務をさせると共に、ロスチャイルドに金を返させる交渉をしない松田元に代わって、裏で交渉をさせるのである。
生きるということは、他人から利潤を奪い返すことである。ビジネスに倫理、正義、道徳は不要。
ビジネスには、倫理、正義、道徳上正しくない仕事をする人間が必要不可欠なのである。
それによって、人権屋、正義マンである大半のカープファンは、カープの支援から離れていくことだろう。
私にしてみれば、”どうぞご自由に”なのである。

結論

ここまで私が書いてきたことについては、限りなく100%、松田元は実行しないことはわかっている。
しかし、ブログなんてものは、面白けりゃいいのである。私の産み出したコンテンツも、カープファンがアップした粗大ゴミの中の一つなのだ。
それでは、このコンテンツをふざけて書いているのかと言えばそうではありません。私がカープのオーナーであるなら、原辰徳の巨人との契約最終シーズンの開始直後に、裏金を含めたところの年俸、契約金を提示して原辰徳にオファーをかけます。
長野を監督、原辰徳をヘッドコーチにしたところで、勝敗を産み出すのは選手が産み出すサービス(役務)です。選手の産み出すサービスの向上を産み出すのは、コーチの指導ではなく、選手の肉体の稼働、すなわち練習です。監督コーチの入れ替えによって即チームがリーグ優勝できるわけではありません。
選手の実力は、稲葉という一人の人間、メディアのコメンテーターの観念、上っ面のデータでは価値を付けることはできません。
チームが勝てないのは、監督の采配のせいではなく、試合途中で交代させられたスタメンの選手及びベンチに入っていた代わりに入っていた選手が走攻守の全てにおいて弱いからです。走攻守の全てにおいて弱い選手を一軍に上げないと試合が成立できないほど戦力が薄いのである。
走塁、守備、打撃の一芸に秀でることができるということは、秀でた部分は土台ができているのである。走塁、守備、攻撃は全て関係がある。どれか一つ秀でていれば、他も強くすることができる。しかし、NPBの選手は、他の部分を強化しない。
広島の選手は、走塁、守備、打撃の土台ができていない内に、他の部分も並行してレヴェルを上げる練習をしている。よって、.260~.270 12本塁打 55打点 10盗塁の選手ばかりを産み出し、金太郎飴打線が完成する。
広島東洋カープが最下位になることを望むのは、佐々岡の采配が拙いということを主張できるからではなく、戦力が薄いことを主張できるからである。
私が佐々岡の退任を当初の構想より前倒しにしたのは、佐々岡の采配が野村謙二郎や緒方孝市よりも劣っていたからではなく、佐々岡が松田元に金を出させるという交渉術が下手だからである。
走塁、投球、打撃においてパーフェクトインサイドアウトスイングに近付きつつあるアマチュア選手、外国人選手を獲得し、彼らに支払う栄養費に付ける価値を高めなければチームの土台は強くなりません。
私が長野に求めるのは、チーム編成であり、原辰徳に求めるのは、裏工作です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA