ワクチンの強制接種によって殺された木下雄介の死から学ぶこと

中日木下雄介投手が、ユダヤ人が日付したところによると、6月28日、中日新聞社名義のコロナウィルスのワクチンの職域接種を受けた。その後、木下雄介は、7月6日練習中に倒れ、8月3日に亡くなった。
天災は存在しません。災害は全て人災です。ワクチンは人工によって産み出されたものです。コロナは実体がありません。架空の病気です。コロナウィルスがフィクションされる前と同じように外出し、会話し、飲食し、性労働を含む運動をしてもコロナに感染するということはありません。他人にコロナウィイルスを感染させるということもありません。私は、コロナがフィクションされる前と同じペースで外出し、未だにマスクすらしたことがありません。
労働力が再生産できている労働者にワクチンを投与するから肉体が破壊されるのです。予防は実体のない観念です。コロナウィルスは、実体がないから、ワクチンの接種をしたことによってコロナウィルスに感染しなかったという見解は、成立しません。コロナウィルスのワクチンを打たなかった者が死んだとすれば、コロナに感染したからではなく、別の製薬が投与されたから死んだのです。
コロナを憎むのは、物神論に毒されています。
ネット上でいきっている、ワクチンに反対論を述べる自称有識者も、何だかんだ言って、テレビ、新聞の専門家という価値属性がロスチャイルドから付与されたコメンテーター、ネット上の電通社員に煽られてワクチンの接種に応じています。
私は、ワクチンの接種をしていません。今後も、経済関係のフィクションされた他者に要求されようとも死ぬまでワクチンの接種を受けません。私は、自分の見解に100%の自信、確信を持っています。
医者は、製薬を投与して客の肉体を破壊した後、一部の客の労働力を再生産し、エサを受け取っています。
死後の世界は存在しません。人間は死ねば焼かれて灰になります。冥福なんか祈らなくていいから、ワクチンを作らせたロスチャイルドを憎め。

大人に死ねとは言わないが、ガキに嘘を教えるな

昭和天皇は、スイス銀行のプライベートバンクに架空商品を預けることと引き換えに広島、長崎に原爆を落とし、ロスチャイルドからの借入れを受け容れることを受け容れた。
人間は、狩猟採集、栽培、生産した物同士、物とサービスを生活の必要に応じて交換し足りないもの、できないことを補充していました。
アームシェルロスチイルドは、他の者と同じく労働をして、商品、サービスを売って食糧、紙切れ、金属の塊、器を買っていました。
物、サービスには、価値属性は、備わっていません。ロスチャイルドは、物と物、物とサービスを交換し、交換によって得た物、サービスに値段(価値)、時間(価値)を付けました。物、サービスは、労働によって産み出されます。価値を産み出したのは、労働によります。しかし、ロスチャイルドは、労働をなかったことにします。労働をなかったことにし、神が作ったこと、自然によって産み出されたと言いました。ロスチャイルドは、労働に付ける価値をゼロにして生じた空想上の商品が利潤です。ロスチャイルドは、物には価値が備わっている、物が価値を交換によって価値を更に付けたとしました。
ロスチャイルドは、労働者が作った複数の金の塊を借りました。ロスチャイルドは、借用書を書いて金を作った労働者に渡しました。借用書は、労働者にしてみれば、ロスチャイルドに対する貸付証です。ロスチャイルドは、金を生産したものから借りた金の塊を別の労働者に貸します。ロスチャイルドは、金を作った労働者が自殺する前に、自分を引受人にする架空の借用書を大量に発行します。ロスチャイルドは、借用書を発行した者である自身に「三井住友銀行」という名前を書きます。ロスチャイルドは、借金の引受人である自身に「日本銀行」という名前を書きます。ロスチャイルドは、奴隷をまとめて「家族」「会社」「国家」という名前を付けます。ロスチャイルドがロスチャイルドにした借金の借用書の賃借人の欄に「家族」「会社」「国家」と書きました。借用書に「国債」という価値属性を付与しました。借用書に価値を複数の金の塊よりも高く付けました。ロスチャイルドは、自分の借金を自分で買い取り、「貸付証」で払います。借金の支払手段に「日本銀行券」という価値属性を付与しました。金を作った労働者に「君が死んだら悲しむ人間がいる」と言って宥めました。これが宗教、倫理、道徳です。私は、生きて利潤を取り戻していくと言う人を殺しませんが、自殺する人にも反対しません。
金の塊を作った労働者は、架空商品である現金を得るので、資産は増えますが、借金も同じだけ背負わされるので、純資産は生じません。
金の塊を作った労働者は、この「貸付証」を別の労働者に貸してエサだけ与えてタダで労働をさせないとロスチャイルドに借金が返せません。労働をさせた者が、消費者となります。
労働者は、ロスチャイルドに貸した金が返済されたことにされず、ロスチャイルドの借金を返済させられているのです。
カネは労働をせずに産み出され、実体がない架空の商品です。カネは無制限に産み出すことができます。預金準備率の規定を立法し、アリバイを作ります。
カネが返ってこなくてもロスチャイルドは破産しませんが、カネを返させないと奴隷は労働をサボりますので、奴隷が自殺する前に子供を作らせ、養わせます。子供は担保であるという嘘を言います。
奴隷は、労働力商品を購入し、土地を買い、建物を建てさせ、道具、機械を買わないと、ガス、製薬、成長促進剤、アステルパーム、シリコン、ブドウ糖、塩素、水素、一酸化炭素、原子力、鉄砲、ナイフ、爆弾、航空機、車両を作らせ、インフラ工事をさせ、警備をさせないと大量虐殺はできません。大量虐殺には金がかかります。成長促進剤を投与すれば動物、植物の成長が早まり、大量生産ができます。奴隷にタダ働きさせる量が増えます。同族会社の役員が産み出した内部留保では大量虐殺はできません。戦争の準備労働をさせるとロスチャイルドに産む利潤に付けられる価値は膨大なものとなります。
タダ働きをさせると利潤を産むから、ロスチャイルドは、原子力、航空機、車両、製薬にかんするタダ働きを奴隷にやめさせないのです。故に戦争をなくすことはできないのです。
奴隷が戦争が悲惨であること、恐ろしいものであると子供を洗脳しても、子供に人権、道徳、倫理を教育しても戦争は無くなりません。
戦争は、ロスチャイルドが利潤を得る手段です。しかし、株主、取締役、行政の長、及び家長すなわち奴隷を権利義務の当事者にして、戦争は奴隷同士の領土争い、宗教、イデオロギーの争いの解決手段であると、メディアの使用人に宣伝をさせて大衆を洗脳しているのです。ロスチャイルドは、国連を組織し、国連の職員を使って産業資本同士、奴隷同士が利潤を奪い合う権利に制限をかけます。その上で、種子及び牛に成長ホルモンを投与してト奴隷の疎外労働の量を増やします。国連の関係者に課された義務は、奴隷を貧乏のままにしておくことです。
国家に尽くすとは、ロスチャイルドの利潤に貢献するということです。「国家に尽くして愛する家族を守り戦地に散った者のお蔭で今日の平和がある」とする者がいますが、私に言わせれば、ロスチャイルドが代理人に作らせた奴隷の道徳にどれだけ洗脳されてんだよとなるのです。
広島市民を含む戦争を体験した大人と子供は、戦後、奴隷を集めて名前を付した三菱、日立に就職し、原子力、航空機、車両を作ります。朝鮮戦争でロスチャイルドに利潤を産み出しました。ズッコンバッコン、セックスに励み子供を作って労働力を再生産しました。
平和よりも、タダ働きに応じてロスチャイルドに利潤を産み出して自己が生存することを優先しました。
人間には本能は備わっていません。メディアの使用人は、奴隷を生存本能という言葉を使って、奴隷を自己欺瞞に導きます。戦争反対は、他者に対する欺瞞なのです。
人間の肉体には、予め成長ホルモンは備わっていません。成長を促進させる粒子を製造させ、それを肉体に投与し、それが体内の器官から分泌され、体内に伝達されるように作り変えられた物が成長ホルモンである。牛乳は、妊娠中の牛から搾り出された血液である。妊娠した牛は、母乳を産み出すように設計され、子牛に母乳を与えている間も、母牛は、人工授精をされる。牛乳の生産量が増えれば、人間の疎外労働の量が増える。人間は、母乳ではなく牛乳と添加物で出来た粉ミルクで育てることが義務付けられ、子牛が離乳した後も人間は、成長ホルモンの混入された牛乳を飲まさせられる。人間は、皆、アンドロイドなのである。キューティハニーなのである。
成長ホルモンは、ジュース及びスナック菓子の製造過程で混入される甘味料にも入れられる。スナック菓子ばかり食っていたのに身長が伸びたと言う奴がいるが、スナック菓子を食うから身長が伸びるのである。
地面に近い下層に重心がある。土台が重い。地面に近い下層(土台)が軽く、地面から離れた中層階に重心がある。チビは重い物が持ち上げられ、倒されにくい。
人間は、前膝を突っ張らせて前足首を背屈させて重心を高くすると前膝を屈曲していたときよりも速く走れる。しかし、高身長は、手足が長い分ストライドが長いので加速距離はチビよりも短い。チビをタダ働きさせる方が、ロスチャイルドに利潤を産むのである。
ロスチャイルドは、メディアの使用人を使って二重の高身長を宣伝し、女にノッポと子作りをさせ、チビにノッポを養わせる。
私に言わせれば、戦地に行った人間、産めよ殖やせよで性行為に励みタダで子育てをし、工場でタダ働きに応じた女子供は、後付で御用メディアの使用人が産み出したフィクション、道徳、イデーに洗脳された白痴野郎です。こんなバカ共、リスペクトする必要ありません。
ロスチャイルドは無制限にカネを産み出せるので、奴隷に仮想通貨を新たに産み出させても、より多くの価値を付けることができます。奴隷は、中央銀行を買収できません。奴隷は国債を買い占めることができません。ロスチャイルド以外は、戦争を引き起こすことができないのです。
「原子力産業を推進し、ユダヤ人居住区に原爆を落とせ」と言うガキがいたとしても言論を改めさせる必要はないのです。言わせてやればいいんです。
子供が戦争と平和にどんな価値を付けようと、大人になってからも利潤も損失も産まないのです。
大人は、子供に広島の方向を向かせて黙祷させることを強制してはいけません。ロスチャイルドは、株式を所有しません。使用人である役員を権利義務の当事者にして損害賠償義務、法令違反のペナルティを免れますので、核廃絶に関する立法も否決しません。核廃絶の署名を集めて国連に渡すなんてことはやめなさい。

情弱白痴のくせに関係者にワクチン接種を強制するな

課された借金(実際にはロスチャイルドの借金)を返せない日本人は、働いてエサをもらい、子供を作り、自分の親、子を介護し、”医療を受けさせ”テレビを買い、ガン保険に入り、子供に”学校教育を受けさせることが義務付けられる。しかし、ユダヤ人から報酬を受け取れない。女と子供は、主人(事実上は、ユダヤ人の奴隷)である男親の下でタダ働きする以外は、働くことが禁じられている。女、子供はパソコンが買えない。他人からエサ、報酬を受け取ることが禁じられている。女、子供は守られている。女、子供は男親を捨てられない。守る=服従させる=暴力。守られている=服従する。すなわち、共産党員と自民党員は、ユダヤ人の召使として手を取り合っている。ネイセインロスチルドがマルクスに書かせたコンテンツ中、唯物論だけが、奴隷がエサに付ける価値を上げる交渉手段として使えるから、奴隷は唯物論を持ち出すとクビになる。奴隷に逃げられても、奴隷が、架空商品を産み出しても、中央銀行の出資証券は買収できない。ユダヤ人は、代理人、奴隷の言論を統制しない。しかし、奴隷は内部留保を作るかクビになった後、自殺しないと唯物論は使えない。セックスは本能によるとテレビのコメンテーターに言わせる。女、子供は、男親、学校の教師、企業の株主、上司、銀行員、テレビのコメンテーターに対して受け身になる。女、子供は、SNS(オンライン、オフライン上の双方)上の複数のリーダー(事実上は、どれもユダヤ人の傀儡)の内、経済関係上、有利な方のリーダーに作った”ルール”、イデオロギー、付けた価値(統計、データ)、哲学、道徳、宗教に付いていく。よって、ユダヤ人によってフィクションされた経済関係について学ぶことができない。肉体の構造、構成要素相互の関係と他の実体との関係、利潤はタダ働きをさせることによって産み出されること、労働を緩和してサービスを産むこと、労働力の再生産の手段を学ぶことができない。だから、家族や友人を捨てられない。疎外労働から逃げられない(クビになれない)。男もチンコがついていても、女と同じく子供のままなのです。ユダヤ人に純粋培養されたリーダーの内、有利な方のリーダーに付いていく。有利であったリーダーが劣後すると、他のリーダーに日和る。ユダヤ人に純粋培養されたオピニオンリーダーの作ったコンテンツ及びそれに洗脳されたブ
工場でタダでワクチンを製造させられている労働者だけでなく、ワクチンを作らされた学者も、テレビに出演させられている大学教授も労働力の再生産に貢献する医学について実験、研究させてもらえません。有識者ではなく、無識者です。コイツらは、ワクチンを接種して肉体が損なわれても、被害者に損害賠償をするだけの架空資本を報酬としてロスチャイルドから得ていません。損害賠償に応じた後、ロスチャイルドから借入れを受け容れています。
ワクチン接種のノルマの達成を義務付けられた役員は、眉を吊り上げて力瘤を振るいますが、コイツらは、ワクチンを接種して肉体が損なわれても、被害者に損害賠償をするだけの架空資本を報酬としてロスチャイルドから得ていません。損害賠償に応じた後、ロスチャイルドから借入れを受け容れています。
いじめは、加害者よりも感受した被害者の方が記憶に残ります。若者は、被害者である奴隷が書いたネット記事と電通の使用人が書いたネット記事を比較検討しています。
女は、パソコンを買うだけの給与が支払われません。
ワクチンの接種を義務付け、義務に応じない労働者には、経済関係上不利益にさせる、クビにすることはあってはありません。
役員、学者、老人、女は、奴隷が書いたネット情報を全否定し、テレビ、新聞に出ている権威付けられたコメンテーターに洗脳されています。労働力の再生産ついて正確なことを学んでいない無識者です。こんな情弱白痴にワクチンの接種を強制して欲しくありません。情弱白痴の肥えがデカいんです。
独立した事業主であるという権利が建前上であったとしても付された選手は、ワクチンの接種に応じる義務はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA