07/07/2021広島3-3DeNA、中村奨成プロ2号を今永から放つ

ユダヤ人は、カネを借りて奴隷に貸す。奴隷は、貸したカネが返ってこなけりゃ死ねばいい。しかし、自殺する前に奴隷に道具がユダヤ人の召使から貸し出される。ユダヤ人からカネが支給される。貸したカネが返ってきたのか?この道具は価値が”ある”とユダヤ人の召使に言われる。「おまえは、道具を買ってカネをロスチャイルドにカネを借りたんだよ」「働いてカネを返せ」とユダヤ人の召使に言われる。
だから、やむを得ず働くのだ。モチベーションなんか要らないのだ。やりがいなんて要らないんだ。だから、他の奴隷と競争して仕事をもらわないといけないのだ。他の奴隷ができないことをしないといけないのだ。土台は経済関係なのだ。

坂倉のベアハンドキャッチ

坂倉は、右手を出して打球を弾く。左手にグラブをはめてグラブを使えば、左手親指基節骨で打球を叩き、左手中指、小指で打球を弾き飛ばす。右手で捕球する。右手の親指基節骨でボールを叩いて右手の中指、小指でボールを叩く。2回スイングしないと、捕球できないのだ。ベアハンドである右手で捕球すれば1回で足りる。少ない労働量が減る。一捕殺当たりの、エサに付けられる価値が上がるのである。これを人間には闘争本能が備わっているとしてしまうと、労働に付けられる価値がゼロになるのだ。
小園は、遊撃右のゴロを、右足を軸に左手小指で打球を叩き、右手で捕球。うつ伏せに倒れる。起き上がり、右股関節を剥がして左股関節を戻して送球。小園は、他人にできない打撃ができるから素手で捕る必要はないのだ。

中村奨成が本拠地初、プロ2号本塁打

今永の出来が悪すぎた。他のチームの選手の総和である打線であれば、今永からは、7点は取れるだろう。
鈴木誠也 凡退した打席も トップポジション期に、右股関節を内旋、前足股関節内旋 頭の下に左足を落とす。 トップを入れた段階で、右股関節を外旋できずに右膝が内に入る。前膝を使ってブロッキングできているから、誤差の問題にすぎない。
今永は、左足をヒールアップして右膝を2回上げる。左足踵で地面を踏む。セットアップを解き、右膝を背骨の方に入れる。骨盤の右が前に出る。左肘から持ち上げてトップポジションに入っていく。右股関節を内旋し、右膝を畳み、アウトステップする。右肘が落ちない(右腕前腕部が回内している)。トップを入れ替え、最大外旋位のとき、左股関節が内旋する。右股関節が外旋、右足踵の右側にウェイトがかかる。右膝は内側に入り、右股関節から下が女の子座りになっている。両股関節がぶつからない。
中村奨成が打った投球は、右打者であれば、左翼席に打てないといけない。
中村奨成 左膝をレッグアップする。一瞬、右足のスパイクの外側にウェイトが乗る。投球肘をヒッチしていないから、ヘッドが三塁側に向かず、投手方向に向いたままである。トップハンドの親指がしならないから、中指、小指が浮き上がらない。肩関節を使って手首を持上げる。左肘が落ちない。トップを入れ替えると、前股関節が外旋し始める。スウェイし、左足のスパイクの外側でブレーキをかける。左股関節を戻すが、股関節が外旋したままで、トップハンドの親指基節骨でグリップを叩き、骨盤を横にズラしていく。右股関節を内旋しても左股関節とぶつからない。右膝が前に飛び出る。中村奨成は、中堅壁に本塁打を放つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA