[選手名鑑]中島宏之#5

右投げ右打ち
生年月日 1982年7月31日
伊丹北高ー2000ドラフト5位西武(2001-2012)ーアスレチックス(2013)-AAAサクラメントリバーキャッツ及びAAミッドランドロックハウンズ(2013-2014)-オリックス(2015-2018)-巨人(2019-)
公称サイズ 180cm 90kg
西武時代は、主に、遊撃手、アメリカでは、二塁手、遊撃手、オリックス、巨人では、一塁手を務める。
右足のスパイクの内側、左足の小指球でスクエアスタンスでセットアップする。中島グリップを右手人差し指の付け根で握る。ヘッドは45度よりも寝かせて担ぐ。セットアップを解くときに、ヒッチをしないので、トップハンドの親指基節骨の加速距離が短く、トップの位置を高くする間を作れず、再度、前肩が背骨の方に入る。左膝をレッグアップする。右手首は、トップハンドの人差し指の付け根で持ち上げていく。フライングエルボー期に右足のスパイクの内側でエッジをかけて頭を背骨の上にし、右手首の位置を頭のすぐ後ろまで浅くすることで、背骨の左側にウェイトをかけ、左腕前腕部を回外させて前肩が背骨の方に入ることを抑止する。しかし、フライングエルボーのときに首の向きがホームベース方向に入る。左足首を底屈し、左足のスパイクの外側から入射する。トップポジションに入る前のヘッドステイバック、フォロースルーは、
左手小指の付け根で行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA