2019広島vs巨人12回戦これがMake it Dramticの始まりだ。

「これからはAクラス狙いでてクライマックスを勝ち抜いて日本一だと言っていたくせファンの声援で勝てたとは何事だ。このカス野郎共が!
これは紛れもなく選手の実力だ。底力がなければできない。
しかし、先発が打たれ、点差を広げられたセットアッパーに勝ちが付くというお世辞にも褒められる試合ではないことも事実だ。

野村謙二郎に解説不能と言わしめた西川龍馬のバッティングをNo.1野球ブロガーの俺様が解説して進ぜよう

7回裏、西川は、菅野が投じたアウトロー(左打者のインロー)のスライダーをスイングして右翼線に落ちる打球を打つ。

西川は、右足を着地したときに左股関節を外旋し、左足前脛骨筋を回外(内反)しスパイクの外側に体重をかける。左膝も外側に逃げていない。右足内転筋も内旋している。割れができる。
少し背中を投手の方に向けてしまっており、左肘がヘッドの内側に入りかかるが、右肩が残っている。ヘッドも立っている。
故にインパクトの瞬間にヘッドがボールの外側に入る。

西川は、インパクトの瞬間に、左足は拇指球を支点に踵が地面を離れている。

しかし、右膝下が突っ張り、右の股関節が引っ込む。頭が後ろ足である左足の上に乗っている(ヘッドステイバック)。

左足の前脛骨筋が回外(内反)しており前に倒れていない。左膝が前にも倒れていなければ外に逃げていない。すなわち、後ろ足を軸に骨盤が回っていない。前足を軸に骨盤を回すことができる。

右肩が両肩を結ぶラインから外れておらず、右の肩甲骨と右の肩峰を結ぶラインが崩れていない。すなわち、右肩を開くことなく右肩関節を右の肩甲骨に格納することができている。

故に、右の股関節が引っ込んだことと相俟って左肘が右股関節の前に出ていく。
右手の拳で左手の人差し指の付け根を押し戻すことにより、終始両肘が伸びずにヘッドが手首を超えていく。

フィニッシュで押し手をグリップから離して引き手である右手の肘を使ってバットでボールを掃って手首の下がりを抑えているように見えるがそうではないのだ。
引き手主導で右手一本で打っているように見えて押し手主導で打っているのだ。

両股関節をぶつけた後、右足の小指球、左足の拇指球で地面を蹴って両足をシャッフル。
フォロースルーにおいても後ろ足に重心を残さないので体勢を崩されても飛距離が出る。
尤も、左肘がヘッドの外に張り出し、ストライドを狭めて着地し、両股関節をぶつけ、左膝が真下に落ちれば、芯がボールの軌道を通過し本塁打にできたボールではある。まだまだ、始動が遅れ(菅野が「く」の字を作ったときに右膝を上げている)割れが不十分ということなのだ。
ここが西川が一流打者になることができずに停滞し続け、優勝チームの三番打者としては物足りない原因なのだ。

打撃コーチをお探しのチームの方!年俸次第では俺様が打撃コーチになってやってもいいんだぜ。ぷぷぷぷぷ

逆転の2ラン會澤のバッティング

鈴木は、インハイのストレートを格納しながらヘッドをボールの外側に入れてバットを折りながら中前安打

松山は、ウエストに失敗したマシスンのインハイ(左打者のアウトハイ)のストレートに対し、割れを作ってから右肩関節を右肩甲骨に格納しながらスイング、ヘッドが手首を超えてバナナカーブができる。フォロースルーで完全ではないが左膝が真下に落ちる。
松山は前進守備の左中間を破る二塁打で、広島5-6巨人

マシスンは、「く」の字を作ったとき、右足の踵が地面を離れ、小指球を支点に右膝が右足のつま先の前に出て骨盤が滑り、フットファーストになる。
右肘をつまみ上げたとき、両肩甲骨がぶつかる。右足前脛骨筋は、回外(内反)しているが、右足の拇指球を支点に右足内転筋が内旋、右膝が内に入り始める。左足はスパイクの内側の踵から着地するが左手は親指が上に切り替わり左肩が開く。
リリースの瞬間に左足は突っ張るが、右膝が伸びる。右腕上腕部が凹む。

會澤は、アウトハイのストレートに対し、左足の探りが遠回りする。着地後のストライドも大きい。左膝で地面を蹴って左股関節を引っ込める。打球にスライス回転がかかるが、右翼席に入る。
広島7-6巨人

4回105球被安打10で5失点の大瀬良大地のピッチング

1回表、大瀬良は、左膝を内入れしたときに右足の踵が地面を離れ小指球に重心が移る。リリースの前に後ろ足の軸に骨盤が回り、リリースの瞬間に左足が突っ張らない。右腕上腕部が凹む。

亀井は、真ん中のストレートに対し、ヘッドをボールの外側に入れてボールを引っ掛け、格納のとき右肩がわずかに開くが骨盤を横にズラしてバナナカーブを作る。
坂本は、真ん中低目のスライダーをヘッドアップするが三遊間を抜ける安打

無死一三塁から丸は、インロー(左打者のアウトロー)のストレートをヘッドアップし、二ゴロ。菊池は打球の軌道の正面に入りトンネル。
広島0-1巨人

大瀬良は、3回表、「く」の字を作ったときに、左足内転筋を内旋、右足はスパイクの外側の踵寄りに体重をかけているが、右股関節の外旋が足りずに骨盤が滑る。

岡本は、割れを作ってから、左膝で地面を蹴って左股関節を引っ込め、左肩関節を左肩甲骨に格納しながらスイング。右膝が外側に外れるが、インコースベルトの高さのストレートを打って左翼席に本塁打

4回表、大城は、右肩を残してインコース(左打者のアウトコース)ベルトの高さのカットボールを左前に落とす。広島0-3巨人
若林は、アウトコース(左打者のインコース)ベルトの高さのカットボールを、ヘッドをボールの外側に入れてボールを引っ掛けて打ち右前安打
広島0-4巨人
何れも、大瀬良はリリースの瞬間に右腕上腕部が凹んでいる。

阿部は、インハイ(左打者のアウトハイ)のストレートを手首の下がりを抑え壁を作って打つ。打球にスライス回転がかかった中飛が犠飛となる。広島05巨人
大瀬良は、前回までの課題をクリアできずに4回終了までに105球を要した。

坂本に29号本塁打を打たれたレグナルトのピッチング

レグナルトは、逆「く」の字を作ったとき、左肩を右肩よりも下げ右足内転筋は内旋しているが、左足の小指球に重心が移り左膝が内に入り始める。
リリースの前に左足踵が拇指球の真後ろに来て後ろ足を軸に骨盤が回り、リリースの瞬間、右足は突っ張るが左膝が伸びる。左腕上腕部の棘下筋が凹む。

坂本は、インハイ(右打者のアウトハイ)のストレートを、左膝で地面を蹴って壁を作り押し手主導で打って右翼席に本塁打。
広島4-6巨人

フランスアは、左腕棘下筋を投手に向ける陽、ヘッドが寝るレベルスインガーの山本泰寛、ドアスインガーの炭谷
何れもフランスアのストレートはまず打てない打者ばかり。
しかし、陽がインロー(右打者のアウトロー)のチェンジアップをインサイドアウトスイングで中前安打

若林がバントの後、山本は、インコース(右打者のアウトコース)ベルトの高さのチェンジアップをヘッドアップして投ゴロ

炭谷は、インコース(右打者のアウトコース)ベルトの高さのチェンジアップ142キロに差されて二ゴロ

菅野から通算4本目の本塁打を打った安部のバッティング

4回裏一死一二塁から、鈴木が真ん中低目のストレートを、ヘッドをボールの外側に入れてボールを引っ掛けて打ち左前安打で1点を返す。

5回裏二死走者無しから、坂倉は、アウトロー(左打者のインロー)のスライダーに対し、スパイクの外側に体重をかけてストライドを狭めて着地、右膝で地面を蹴ってヘッドステイバック、左足首、左膝が前に飛び出る。両股関節をぶつけたとき右足の壁が崩れるが右翼塀直撃の二塁打。
西川は、インハイ(左打者のアウトハイ)のワンシームをインサイドアウトスイングで左前安打。広島2-5巨人

菅野は、右足のスパイクの外側の踵寄りに重心をかけ右股関節を外旋して左膝をレッグアップした後、左膝を殆ど内入れせずに真下に落とす。
「く」の字を作ったときに、右足の踵が地面を離れ、右足前脛骨筋が回内(外反)していないものの、右足小指球を支点に右膝が内に入り始める。骨盤も滑っている。
右肘を逆Lの状態から右肘をつまみ上げる過程で左手は親指が上に切り替わる。
右肘をつまみ上げたときに右足の拇指球を支点に右膝が内に入り、左肩が開く。
リリースの前に右足の外側の甲が下を向き、右膝が真下に落ち後ろ足を軸に骨盤が回る。
リリースの瞬間に左足はほぼ突っ張るが、右腕上腕部のが凹む。

菅野の上記の動作は、7回裏打者西川のところでも見られた。

安部は割れを作ったとき、左足はインエッジ、振り下ろし始めに左肩が下がるが、右膝で地面を蹴って右股間節を引っ込めてヘッドステイバック。
安部は、真ん中低目のストレートを打って右翼席に本塁打。広島3-5巨人

7回裏は、2死から、前述の西川の安打の後、菊池涼介が、アウトハイのスライダーを、左肩を残し、左膝で地面を蹴って壁を作り、軸足を左足に移す。右足の拇指球で地面を蹴って右足に重心を残さずに打つ。打球は右中間を破り菊池涼介は三塁まで進む。
広島4-5巨人

小園海斗のバッティング

小園は、第一打席、割れを作る間もなく右足の着地とシンクロして左足がインエッジの状態から左足の拇指球を支点に後ろ足を軸に骨盤が回る。左足が外に外れる。左足内踝が前に倒れる。アウトロー(左打者のインロー)のパワーカーブを空振り三振

第二打席は、インロー(左打者のアウトロー)のワンシームをヘッドアップして一ゴロ

第三打席は、左足がインエッジの状態からストライドが広がりフルスイングできずに、アウトロー(左打者のインロー)のストレートを見逃し三振

代打で出た野間は、右膝で投球を受けるがこれは死球とは言えない。昨シーズン、パットンの投球を手首で受けた岡本のケースも死球ではない。
野間は、アウトロー(左打者のインロー)のスライダーに右足の着地が遅れ後ろ足を軸に骨盤が回ってヘッドが返る。

広島戦初登板のデラロサのピッチング

デラロサは、「く」の字を作ったときに左足内転筋は内旋しているが、右足の踵が地面を離れ、右足の小指球を支点に右膝がつま先よりも前に出る。リリースの前に後ろ足を軸に骨盤が回り始める。
リリースの瞬間に左足は突っ張るが、右膝が外側に外れる。右腕上腕部の付け根が凹む。

しかし、バティスタは、ストライドが広がりフルスイングできずに見逃し三振

バティスタは、5回裏、ストライドが広がって着地したとき右足踵がインエッジから地面を離れ右足拇指球を支点に骨盤が回り始める。フルスイングができずに見逃し三振

まとめ

この試合は、チェックポイントの多い試合であった。
この試合で、気に入らないのは、小園に代打を出したこと、田中広輔を守備固めに出したことだ。何故、一点リードの9回表に小園を守らせないんだ!
俺はベテランがエラーをしたら文句を言うが若手がエラーしても文句は言わない。
こういう采配が成長を阻むんだ。もしエラーをしたら小園のメンタルがぁ~とか言うメンタル廚が小園をダメにするのだ。

それと、8回裏無死二塁で安部にバントをさせた場面は、何度も言うように左打者であれば一二塁間に引っ張らせないと打撃が維持向上できない。

巨人の7回、8回を投げるリリーフは弱い。だから、菅野に120球も投げさせた。

この試合には勝ったが、このカード3連勝はノルマであることには変わらないのだ。