2019広島vsDeNA13回戦タナキクマルが終焉を迎えた日

DeNA先発は、飯塚ではなく、予告どおり右の横回転スリークォーターシュートピッチャーの井納。広島打線が井納を序盤に攻略。九里の6回3失点も想定内。
九里が神里がヘッドアップして打った打球にグラブを出したのは私がいつも言っているフィクションされた経済関係ね。人間には本能は備わっていないからね。
ソトがヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打ったボールも左膝で地面を蹴って左股関節を引っ込めて一塁側にタンブル&ターン、悪いボールじゃないですよ。
ロペスへに四球を出した投球も、リリースの瞬間に左足が突っ張る。しかし、左足の小指球で地面を蹴って両足をシャッフルする前に左膝の壁が崩れてターンが遠回り、両足がクロスしない。でも、ボールを置いていないですよ。
井納は、右肘をつまみ上げたときに右足がインエッジ、踵が地面を離れ右膝が前に倒れストライドが広がっていた。

レグナルト、フランスアのピッチング

気になったのは、レグナルトの状態が今一つなのとフランスアの被本塁打が多いこと。

フランスアは、左股関節のタメがない。Cアーチのところで左足の踵が地面を離れている。
リリースの瞬間に左膝が伸びて外に外れる。右股関節の前に左肘が出て行かない。
瞬発力がボールに伝わらない。
チェンジアップを投げるとき、リリースの瞬間に右膝が折れ曲がって後ろ足を軸に骨盤を回転させてしまっている。左腕上腕部が凹む。
チェンジアップを悉くワンバウンドさせるから打者は振ってくれない。ストレートを投げさせざるを得なくなる。

レグナルトは、リリースの瞬間に右足は突っ張るが、左膝が伸びて外側(一塁線側)に外れる。打者ソトのところで9~11球目に3球続けてワンバウンド。
左股関節にタメがなく手投げになっている。

宮﨑の打球は、ストライドが広がってヘッドが遅れてますからね、余裕で中飛ですよ。

昨夜のクライマックスはこれ! 小園海斗vs國吉佑樹

9回表一死一二塁
國吉は、20球目、リリースの瞬間に左足が突っ張る。
小園は真ん中低目のフォークを空振り三振

ナイス空振り!
三連覇中、ユダ金の牧羊犬メディアが散々煽り続けたタナキクマル
そんなテーゼが崩れたLast Night

國吉が小園から三振を奪ったのは國吉、小園双方の技術面の問題

小園は探りが大きく右足の着地が遅れる。ヘッドの軌道が頭から離れる。左股関節が内旋し左の膝頭が三塁側に飛び出しかかる。
ミートポイントで左肘が伸びてしまうが右膝を伸ばし右股関節を引っ込める。両股関節をぶつけていく。左肘が右股関節の前を通過する。

これ見てよ。吉田正尚、T-岡田、柳田だってこんなに真下に左膝が落ちないよ。
王が現役の頃から野球見てるけど左でこんなに振れる奴見たことないよ。
まだ高卒一年目だよ。コイツ末恐ろしい奴だよ。広島は凄いの獲ったな。
既に田中広輔とか西川とか野間とか松山とかとはスイングの次元が異なる。
彼等は、もうどんなに頑張っても小園を抜き返せないよ。
小園は努力の量、素振りの量が違う。
完全にタナキクマルからの世代交代を象徴するシーンだよ。
小園は、将来、間違いなく村上より本塁打を打つ。
東出、迎、野村謙二郎はもう口出しするなよ。
小園は、FA権取得する前に日本出ろよ。
ポジションなんかどこでもいい。
毎試合スタメンで使って高目のクソボールをフルスイングさせ続けたら次の巨人三連戦で菅野からライトスタンドに本塁打を打つかもしれないぞ。
今季は2位でいいなんて低脳なことは言うな。

曽根は、踵体重で左足がインエッジのまま一塁側方向に滑る。右膝をオープンに運ぶが右膝で地面を蹴って右股関節を引っ込めヘッドステイバック。右肩を開かずに右肩関節を右肩甲骨に格納しながらインパクト。左膝が伸びるが左足拇指球で地面を蹴る。
前足を軸にインサイドアウトで振っているから内野と外野の間に落ちるんですよ。野球にラッキーヒットはありません。

因みに、1回表の菊池のヘッドアップして打った打球は、宮﨑が逆手で捕球態勢に入っていますが、三塁ベース後方で三塁線を固めずに、前進守備を採っており、ハーフバウンドの頂点のところで捕球態勢に入っている。菊池の打ち方が良くないですから、事実上は宮﨑のエラーです。
ポジショニングとバットコントロールに対応できなかったという守備に関する技術面の根拠があるわけです。

今日のニューフェイス:ソリス、櫻井周斗

今回のニューフェイスは、2人共左投手
一人目は、前回紹介したソリスで、広島戦で投げるは初。
ソリスは、左足をヒールアップ、左足の小指球に重心をかけて左股関節を外旋して右膝をレッグアップ。
右膝を内入れするときに右足の内側の甲を左膝の内側に付ける。
逆「く」の字を作ったときに左足はスパイクの外側に体重をかけているが左膝が内に入り始める。
左肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかる。小指球を支点に左膝が内に入る。
最大外旋位が大きい。
リリースの瞬間に右膝が突っ張るがo脚になる。左足拇指球を支点に左膝が伸びる。

もう一人は、2017年のドラフトのときにも触れた日大三高出身の櫻井周斗。投手で行くのか打者で行くのかが注目された投手だ。
櫻井周斗は、左足のスパイクの外側の踵寄りに重心をかけて左股関節を外旋して右膝をレッグアップ。二塁ベース方向にステイバック。
右膝を内に入れて左腕前腕部を回内し左肩を右肩よりも下げる。左股関節を再び外旋、右足内転筋は内旋している。
逆「く」の字を作ったとき左足スパイク外側に体重をかけ左足前脛骨筋を回外内反できている。
テイクバックは骨盤の横まで左腕を引き捻転差は標準
左肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつからない。左足のスパイクの内側でエッジをかけて左膝が前に倒れる。右手は親指が上に切り替わる。右足はスパイクの内側の踵から着地する。
リリースの瞬間に右膝が折れ曲がり左足小指球を支点に左足を軸に骨盤が回る(左足小指球の真後ろに左足の踵が来ている)。瞬発力がボールに伝わり切らない。
上体を三塁側に倒し左足を三塁側にターン、両足がクロスする。

Next Game

上茶谷は、8~9球に1球はワンバウンド、ストライクゾーンにすらまともに投げられない投手。瞬発力が乗る投げ方で投げられているかというとそれもできていない。
しかし、昨日のオーダーで臨めば、7イニングで6四球もらいながら1安打無得点とか冗談抜きにあるでしょう。