2019広島vsソフトバンク3回戦,リリーフ投手の差で勝てた試合

広島の各打者のバッティングは良くない広島とソフトバンクのリリーフ投手はどちらも点を取られていない。広島もソフトバンクもリリーフ投手の中には内容の良くない投手もいた。森、モイネロ、武田翔太は投げていない。
しかし、この試合を投げたリリーフ投手を総合的に見てリリーフ投手の差で広島が勝った試合である。

一岡竜司vs内川聖一

この試合の一岡評は良くないというのが多数である。しかし本当にそうだろうか。

一岡はテイクバックのときに上体と下半身の捻転差が小さい。
一岡は、右肘をつまみ上げたときに右足はスパイクの外側でエッジをかけ、ステイバックする。そのとき左手は小指が上になっているから左腕上腕部を内旋できている。

「く」の字のときに上記の動作はできている投手は多いが、投げる方の肘をつまみ上げた段階で上記の動作ができているのはカープの日本人投手では一岡だけだろう。

右腕上腕部を外旋してトップを作る前に両肩甲骨がぶつかるのでトップも深く入る。

リリースの瞬間に右腕上腕部が凹むが、両股関節をぶつけてから右足の拇指球を支点に骨盤を回転させるのでリリースの瞬間に左足が突っ張る。

内川は、外国人打者のように骨盤よりずっと下にしか左膝を上げないから投手が左足を踏み出したときに左膝を上げる。

内川は探りのときに左足内転筋の内旋はあるが、右足の内踝が内が前に傾く。右肘はヘッドの内側に入る。内川は両股関節をぶつけて骨盤を前に移すよりも先に右足の拇指球を支点に骨盤を回転させる。ミートした瞬間にボールを受けてしまい左膝が伸びてヘッドステイバックさせられて差される。
内川は真ん中高目のストレート147キロを打って1-2-3の併殺打に終わる。

一岡の課題を上げれば右股関節の外旋内旋の回転半径が大きく右足のターンが少し遠回りすること、上体のタンブル後のフォロースルーは大きいが上体のタンブルが大きくないことである。

一岡は右腕の棘下筋は既に損耗し球速表示上のスピードも凄くない。しかし瞬発力が指先伝わり打者に球速表示以上に速いと錯覚させる投げ方をしている。
このことがフィジカル面が良くなくても走者を出してから走者を還されない投球を継続できている基盤だろう。

カイルレグナルトvsアルフレドデスパイニ

レグナルトは、左肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかるが、左足の拇指球を支点に左膝が内に入る。右足はスパイクの内側の踵寄りから着地するが右手は親指が上になっている。リリースの瞬間に右足は突っ張るが、これは左股関節の外旋内旋半径が大きく骨盤の回転が遠回りしているからである。よって左肘が上がっていかない。

デスパイニは、探りのときに右足がアウトエッジであるので左足をオープンに運んで完全に着地したときにステップ幅が狭い。しかし右足の内踝が倒れる。左肩甲骨を残しているが両股関節をぶつけるのが右肘の推進より早く、右足の拇指球を支点にに骨盤を回転するの上体回転がシンクロして駒のように回るので右肩が下がる。デスパイニはドアスイングになった結果、ボールを受けてミートの瞬間ヘッドステイバックさせられ、左足の踵に重心が移る。

レグナルトの投げ方は良くない面も多いのだが、両肩甲骨がぶつけて剥がし、右足を軸に骨盤を回転させて投げたことである。

最終回はフランスアが登板

真砂は、探りのときに右足はアウトエッジで右肘はヘッドの外に張り出す。しかし両股関節をぶつけて軸足を左足に移す前に右足の拇指球を支点に右足踵が右足の拇指球の後ろに入る後ろ体重で空振り三振

福田は構えたときに両肘がロックし予備動作が殆どないから、フランスアのストレートは打てない。

昨年の日本シリーズでフランスアのスライダーを本塁打した明石は、左肩と左膝がシンクロして開くドアスイングでストレートを打って中飛に終わる。

野間峻祥のバッティング

野間は、3回裏、探りのときに右足内転筋の内旋でしているが、左足はインエッジで踵体重。両股関節をぶつけて骨盤を前に出す前に左足拇指球を支点に骨盤が回転する。ヘッドがボールの下に入りヘッドアップ。打球が死んでしまう。野間はインコース(左打者のアウトコース)ベルトの高さのシュート137キロを打って捕ゴロ

野間は、4回裏、探りのときヒッチアップするが左足がインエッジ、左肘はヘッドの内側に入る。両股関節をぶつけて軸足を右足に移す前に左足の拇指球を支点に骨盤が回転しヘッドアップ。野間は真ん中低目のストレート147キロを打って二ゴロ。

野間は、6回裏二死満塁で、探りのとき、左股関節の外旋、右足内転筋の内旋をしている。左足はインエッジだがスパイクの外側にも重心が残る。しかし左肘がヘッドの内側にあり、右肘が体の前に張り出している。野間は真ん中高目のスプリットに差されて遊ゴロ。

野間は、8回裏、探りのとき左足はインエッジで踵が地面から離れる。ステップ幅が広がりフルスイングができずに、後述の椎野が投じたインロー(左打者のアウトロー)のストレートを見逃し三振

高橋純平vs広島打線

高橋純平は、右足のスパイクの外側でエッジをかけ右足の踵に重心をかけ右の股関節を外旋して左膝をレッグアップする。
「く」の字を作ったときに右股関節を外旋し右足のスパイクの外側でエッジをかけ左足内転筋の内旋をしている。テイクバックのとき右肩を左肩より若干下げる。右腕前腕部を回内し、上体と下半身の捻転差が大きい。
右肘をつまみ上げたときに右足の拇指球を支点に右膝が内に入る。右の腸腰筋も内旋する。左足はスパイクの内側の拇指球寄りから着地し、左手は親指が上で左肩が開く。
リリースの瞬間に左足はインエッジ、インステップのままで左足は突っ張らない。右腕上腕部が凹む。
フォロースルー期に左足のスパイクの内側で地面を蹴るが上体のタンブルがほとんどなく右足のターンが止まる。

西川は、右足をオープンに運び右肩甲骨を残し、軸足を右足に移してから左足拇指球を支点に骨盤を横にズラす。西川はインハイ(左打者のアウトハイ)のストレート148キロを打って左翼塀直撃の二塁打

會澤は、アウトハイのストレートを左足の小指球に重心をかけてヘッドアップさせてバント

髙橋純平は、7球目、リリースの瞬間に右腕上腕部が凹む。

田中広輔は、探りのとき左足のスパイクの外側にも重心が残り右足の内転筋の内旋もしている。しかし左肘はヘッドの内側に入っている。両股関節をぶつけて骨盤を前に移動して右足に軸足を移す前に左足の拇指球を支点に骨盤が回る後ろ体重になっている。田中広輔はアウトロー(左打者のインロー)のフォーク140キロを空振り三振

髙橋純平は、ダブルプレーン投球でアウトハイ(左打者のインハイ)にストレート151キロが外れ安部に四球を与える。

髙橋純平はリリースの瞬間に左足が突っ張らない投手だが、野間のときは左足が突っ張った。野間の結果は前述のとおり。

椎野新vs広島打線

椎野は右股関節の外旋して左膝をレッグアップする。「く」の字を作ったときに右股関節を外旋し右足のスパイクの外側でエッジをかけている。左足内転筋の内旋もしている。左手は小指が上になっている。
テイクバックは右腕前腕部を回内し上体と下半身の捻転差は小さい。右肩を左肩よりも大きく下げる。
右肘をつまみ上げたときに両肩甲骨が緩くぶつかる。小指球を支点に右膝が内に入る。左足はスパイクの内側の踵寄りから着地する。左肩左膝が開く。

リリースの瞬間に左足が突っ張るが右腕上腕部が凹むことがある。フォロースルー期に右足をターンさせるが上体のタンブルは大きくない。

椎野は課題はあるが、髙橋純平、甲斐野を加えた3人の中では最もいい投手だと思う。

7回裏、鈴木誠也は、探りのときに右足がインエッジでステップ幅が広がりフルスイングできずにアウトコースベルトの高さのストレート147キロを見逃し三振

會澤は両股関節をぶつけて軸足を左足に移す前に右足の拇指球を支点に骨盤が回転しドアスイングになりバットの先にボールが当たる。會澤はアウトハイのストレート144キロを打って右飛に終わる。

甲斐野央のピッチング

オープン戦で見たときはワンバウンド投球を連発させて酷かった。
甲斐野は、右足スパイクの外側でエッジをかけ右足踵に重心をかけレッグアップし、レッグダウンのときに右股関節を外旋する。「く」の字を作ったとき右股関節を外旋して右足はアウトエッジ、左内転筋を内旋している。
右肘をつまみ上げたときに右足の拇指球を支点に右膝が内に入る。左足はスパイクの内側の踵寄りから着地するが、左手は親指が上、左肩が開く。両肩甲骨がほとんどぶつからない。
リリースの瞬間に左足が突っ張らず右腕上腕部が凹む。全16球中5球をワンバウンドさせる。達川は甲斐野のストレート、スライダー、フォークとどのボールも一級品と言うが嘘つくなよ。
菊池涼介はアウトコースベルトの高さのストレート153キロをヘッドアップ
バティスタは後ろ体重でステップ幅が広がる。バティスタは真ん中低目のフォークを空振り三振。
鈴木誠也は探りのとき右肘はヘッドの外にあるが右足踵が地面から離れ、後ろ体重、引手主導のバッティング。鈴木はアウトコースベルトの高さのフォークを打って遊直。お前なんか今年も無冠で終われよ。

松本裕樹のピッチング

松本は、右股関節を外旋して左膝をレッグアップする。「く」の字を作ったときに右股関節を外旋、左足内転筋を内旋している。左手は小指が上になっている。テイクバックのときに右腕前腕部を回内するが上体と下半身の捻転差が大きい。左足はスパイクの内側から着地する。リリースの瞬間に左足が突っ張るが右腕上腕部が凹むことがある。

松本は、1回裏、16球目、リリースの瞬間に右腕上腕部が凹み、フォークをワンバウンドさせる。バティスタは、探りのときに右足の踵が地面から離れ小指球を支点に右膝が内に入る。バティスタは後ろ体重になって真ん中低目のフォークを空振り三振

2回裏、鈴木は、探りのとき、右足はアウトエッジ、左足内転筋を内旋している。両股関節をぶつけ軸足を左足に移し左足で壁を作りヘッドをしならせ、右足の拇指球を支点に骨盤を回転させる。
鈴木はインハイのストレート144キロを打って左翼席に本塁打

松本は、右足をプレートの前に外し左肩方向に回転して牽制を投じるが、両股関節をぶつけよりも先に拇指球を支点に膝が入り骨盤の回転が遠回りする。しかし西川は牽制アウトになる。

4回裏、松本は手投げの投球でアウトローのストレート、スライダーが外れバティスタ、鈴木に連続四球

打者西川のところで、松本は、70球目、リリースの瞬間に右腕上腕部が凹みスライダーをアウトローにをワンバウンドさせる。二塁走者のバティスタは三塁に進塁する。

會澤はインコースベルトの高さのシュートをヘッドをボールの外側に入れて手首の下がりを抑えて左前安打。これで2-2の同点

田中広輔は押し手主導で真ん中のストレート147キロを打って中飛、これが犠飛となる。広島3-2ソフトバンク

安部は右肩甲骨を残して左前安打

松田遼馬のピッチング

松田遼馬は、右足踵に重心をかけ右股関節を外旋して左膝をレッグアップ、二度目のレッグアップダウンのときも右股関節を外旋している。「く」の字を作ったときも右股関節を外旋し右足のスパイクの外側でエッジをかけ、左足内転筋を内旋している。しかし、吉見と同じぐらい上体を前傾させ右股関節を荷重しすぎである。左手は小指が上になっている。
テイクバックのとき、右肩を左肩よりも若干下げる。右腕前腕部を回内させ右腕は背中の方には引かず、上体と下半身の捻転差は小さい。
右肘をつまみ上げたとき両肩甲骨がぶつかるが、右足は小指球を支点に右膝が入りかかる。右股関節は外旋している。左足はスパイクの内側の踵寄りから着地するが左肩左手は親指が上で左肩が開く。
リリースの瞬間に左足が突っ張るが右腕上腕部が凹む。

九里は、ドアスイングで空振り三振。野間は前述のとおり。

九里亜蓮のピッチング

九里は、2回表、骨盤の回転方向と右肘の推進方向が逆のダブルプレーン投球でグタシアルの左腕上腕部にシュート142キロをぶつける。

松田は右足内側の踵を支点に骨盤が軸足移動の前に回転、泳ぎながらヘッドをボールの外側に入れて手首の下がりを抑えて中前に落とす。

中村晃は、ヘッドをボールの外側に入れているが、左足拇指球を支点に骨盤が軸足移動の前に回転、ややドアスイングでヘッドと頭が離れている。打球にスライス回転がかかる。タッグアップでグラシアルは三塁に進む。甲斐は左足のスパイクの外側の踵に重心をかけてヘッドアップさせて三塁線にバント。広島0-1ソフトバンク

4回表、二死から松田(熱男の方)が、探りのとき右肘がヘッドの外だが右脇が空かず後ろ体重で泳いで左手主導ながらヘッドをボールの外側に入れてボールを引っ掛け壁を作って打つ。
松田は真ん中低目のフツーシームを三遊間を破る安打

九里は、右肘をつまみ上げたときに右足の拇指球を支点に右膝が内に入る。左手は親指が上で左肩が開き手投げになる。アウトコースベルトの高さのストレートが外れて中村晃に四球を与える。

甲斐は、探りのとき右足はインエッジだがスパイクの外側にも重心が残る。右肘がヘッドの外に張り出す。両股関節をぶつけて軸足を左足に移し左足で壁を作ってから体軸と平行のインサイドアウトでスイング、拇指球を支点に骨盤を回転させる。

5回表二死から、明石は探りのとき左足がアウトエッジ、左肘がヘッドの外、ヘッドが立つ。右足内転筋を内旋、右肩甲骨を残し両股関節をぶつけ骨盤を横にズラしてから左の拇指球を支点に骨盤を回転。ヘッドをボールの外側に入れ手首の下がりを抑え押し手が引手を追い越さずスライス回転がかかりながらも中前に落ちる。明石はアウトハイ(左打者のインハイ)のストレートを打って中前安打

内川は、ヘッドをボールの外側に入れボールを引っ掛けて真ん中のスライダーを打つ。内川は左翼線に二塁打

二死二三塁から、九里はリリースの瞬間に左足を突っ張らせ上体を一塁側に倒し右足をターン、両足をクロスさせる。九里はフォロースルー期においても左膝が折れ曲がらず左足の壁が全く崩れない。
グラシアルは、インローのストレート143キロに対し、探りのとき右肘をヘッドの外に張り出すがトップが浅くドアスイングになり一邪飛。

試合経過

3回表

九里は、36球目、インロー(右打者のアウトロー)にチェンジアップ131キロをワンバウンドさせる。

九里は、41球目、インロー(左打者のアウトロー)にチェンジアップ134キロをワンバウンドさせる。

4回表

九里は、49球目、真ん中低目にチェンジアップ131キロをワンバウンドさせる。

5回表

九里は、74球目、インローにツーシーム131キロをワンバウンドさせる。

7回表

一岡は、9球目、インロー(左打者のアウトロー)にフォーク138キロをワンバウンドさせる。

8回表

レグナルトは、13球目、アウトロー(左打者のインロー)にチェンジアップ137キロをワンバウンドさせる。

1回裏

松本は、16球目、真ん中低目にフォーク136キロをワンバウンドさせる。

3回裏

松本は、45球目、アウトローにカーブ112キロをワンバウンドさせる。

4回裏

松本は、60球目、アウトローにフォーク135キロをワンバウンドさせる。

5回裏

甲斐野は、2球目、アウトローにフォーク136キロをワンバウンドさせる。

甲斐野は、5球目、アウトローにフォーク139キロをワンバウンドさせる。

甲斐野は、11球目、アウトローにフォーク138キロをワンバウンドさせる。

甲斐野は、12球目、アウトローにスライダー137キロをワンバウンドさせる。
鈴木は、これを空振り

甲斐野は、15球目、アウトローにフォーク139キロをワンバウンドさせる。

6回裏

高橋純平は、6球目、インロー(左打者のアウトロー)にフォーク140キロをワンバウンドさせる。

高橋純平は、7球目、アウトロー(左打者のインロー)にフォーク140キロをワンバウンドさせる。

高橋純平は、18球目、アウトローにスライダー139キロをワンバウンドさせる。

高橋純平は、19球目、真ん中低目にスライダー136キロをワンバウンドさせる。

7回裏

椎野は、1球目、真ん中低目にカーブ112キロをワンバウンドさせる。

椎野は、17球目、真ん中低目にフォーク134キロをワンバウンドさせる。

8回裏

椎野は、39球目、アウトローにスライダー130キロをワンバウンドさせる。