2019広島vsソフトバンク2回戦,主軸の差で敗れる。

ソフトバン打線は、序盤、各打者がほぼ総じてドアスイングでジョンスンを捕らえることが出来ていなかった。

ジョンスンは、2回表、逆「く」の字のとき、左股関節の外旋が足りず、右足内転筋の内旋が足りない。 左膝が内に入る。ボールがシュート回転して髙田に左前安打を打たれて先制される。

4回表、釜元は、ヘッドがボールの内→下と入り、手首を返し、打球にスライス回転がかかる。しかし、バティスタ前進守備を採り、打球が一二塁間を抜ける。

5回表、グラシアルは、スイングの軌道をヘッドアップさせる。しかし、安部は前進守備を取り、広く空いた三遊間を抜けていく。

5回表、ジョンスンは、真砂のバントを捕球後、右肩の方に体軸を回転させ一塁送球。左足はインエッジで右足のステップ幅が広がる。 右足はインステップしてスパイクの外側から着地。バント安打となる。

先頭打者にシングルヒットを打たれただけでは点が入らない。実力の劣る投手にはセーフティーなんかしない。こんなものは無視すればいい。セーフティーを決められたことが敗因ではない。

広島がソフトバンクの真似をしたところで広島よりも内野守備の上のソフトバンクに通用するわけがない。攻め方としては早いカウントから振っていくヒッティングで間違いない。しかし、個人技がソフトバンクの投手より弱いのだ。

松田も内川も泳ぐがヘッドがボールの外側に入り、 手首が下がらない 内川はカットボールが裏返ったところ、左前安打。

ジョンスンはここでも左股関節の外旋、右足内転筋の内旋が足りない。メンタルは関係ないのだ。

高橋礼は、骨盤の回転方向と右肘の推進方向の投球が多く攻略は難しくない。
鈴木誠也の投安はヘッドが内に入り、邪飛は引手主導で打っている。 坂倉、會澤の第一打席、野間第二打席もヘッドがボールの内側に入っている。
野間はその他打席でもレッグアップが遅れて三振、ヘッドアップ。何れも始動が遅れているのだ。

菊池の犠飛もわずかにドアスイングで打球にスライス回転がかかっていた。

安部の右飛 骨盤が回るのが左肘の推進より早く、両股関節をぶつけ右膝を蹴り伸ばして作る右足の壁が崩れている。

田中広輔は、8回裏、探りのとき左肘はヘッドの内側だがステイバックは出来ている。 振り下ろし直前に左肩が下がる 左股関節の内旋の方(骨盤の回転)が左肘の推進よりもやや早い。右足の壁が崩れる。こりゃ入らないなと思っていたら、塀の手前で失速し、そのとおりになった。

ソフトバンクの主軸以外がやっているのは野球、しかし、内川、松田は常に新しいベースボールを採り入て進歩させてきた。主軸の差で負けたのだ。