2019広島vs阪神7回戦,床田,レグナルト,九里,フランスア,菊池保則が試合を作る。菊池涼介同点打、バティスタ4安打

労働を含めた生活のプロセスを土台に、心臓は体の中心から左に曲がって収まっている。左の肺には切痕ができ、心臓を収めることができるようになっている。左の肺は右の肺に比べ圧迫を受けやすい形になってしまっている。金融資本を除き人間はフィクションされた経済関係上、肉体を稼働させざるを得ない。左手を上げることによって胸郭(胸の中にある心臓、肺、食道、気管といった臓器)が開き、臓器にかかる負荷を解くことができるのだ。
左投手は、右投手よりもオーバーハンドで投げた方が肉体に負荷をかけることなく投げられるのだ。床田は三塁側への倒れ方は大きくないがコッキングの角度、体軸との交わり方はオーバーハンド、中村恭平もオーバーハンドに戻して進化した。
畝が佐々岡が無能と解することができるのかフランスアちゃんが金融資本から経営を委託されているフロント、現場に首に鈴をかけられかけちゃったのかかつてフランスアをサイドハンドにしようとする動きがあったのだ。
どちらにしてもフランスアのサイドハンド転向案は、ふざけんな!バカである。

床田寛樹のピッチング

1回表床田は、逆「く」の字のときに左足の踵が地面を離れ(ヒールアップする投手もここでは足裏全体で地面を踏む)左股関節の外旋、右足内転筋の内旋が足りずに、リリースの瞬間に右膝が折れ曲がって右足の右の膝頭がつま先より前に出され、打撃で言う泳いだ動きになってしまっている。右足を軸にして骨盤を回転できていないから瞬発力がボールに伝わっていない。

近本はスウェイして中飛、糸原もスウェイしてヘッドアップ。

糸井のところでは、フォロースルー期(回外の後)で右膝を蹴って右足の壁を作って上体を三塁側に倒し、三塁側に左足をターン、両足をクロスさせる。

糸井は右膝のレッグアップが遅れ左肘の推進の前に右膝が開いて空振り三振

2回以降、床田は、左肘が上がっていかず、手投げの投球が多くなった。
4回裏、糸井は右手で左肘の推進を押し戻して左前に落とす。
大山はヘッドアップしてニゴロだが、併殺は取れない。
床田は、手投げで左肘が上がらず、福留に四球を与える。
梅野は、左膝をオープンスタンスに運び左肩を残し、右足に重心が残るがインサイドアウトで右前安打。

鈴木は左足を蹴って両足をシャッフル、両膝で波動を作りながら待って捕るのはいいが、左足のスパイクの外側に重心をかけ体軸を一塁側にから向けて捕球、これは一連の動作で見ると少しロス。

鈴木は、右肘をつまみ上げたときに右足の親指を支点に右膝が内に入って左足はスパイクの外側から着地する。しかし、右腕前腕部を回外する前に左足が突っ張る。
送球はシュート回転するが三塁線にダイレクトに届き、二走大山はタッチアウト。

5回裏 西のプッシュバントをバティスタが捕球。バティスタは右肘をつまみ上げたときに右足はスパイクの外側で重心をかけるが、左足の内転筋の内旋ができずにステップ幅が広がり、左足を引き戻すのが遅れてしまう。このままだと右肘の出が遅れて二塁は間に合わない。バティスタは一塁に送球。一塁二塁と二三塁では大違いだが、走者二塁なんて投手目線で言えば大したことがない。相手がくれたアウトを確実にもらったのでこれでよし。

6回福留のところで、リリースの瞬間に左腕上腕部が凹み、投球をワンバウンドさせ四球を与える。床田のフィジカル面はここが限界。福留がよく見極めたのではなく、プロの打者はこの球は振らないよ。
梅野がヘッドをボールの外側に入れてボールを引っ掛けて打ち1-1の同点、マルテがヘッドをボールの外側に入れるが、ヘッドアップしてヘッドをボールの下に潜らせ損ねる。
結果は左前安打で、1-2と逆転される。

西勇輝vs広島打線

2回表、鈴木誠也は、右足のスパイクの内側でエッジをかけ左足の探りで左膝を前に運ぶのが大きくステップ幅を狭めるのが遅れる。よってフルスイングができない。
鈴木はアウトローのストレートを見逃し三振。

6回表二死からバティスタが泳ぎながら壁を作ってパワーカーブを左中間に打つ。近本がダイヴするが後逸、福留がカヴァーする。
鈴木は、左足の着地位置の探りのときに右足はスパイクの外側でエッジをかけられている。
しかし、左肩が内に入り上体がホームベースを覆ってしまう。右肘がヘッドの内側に入りかかり、右脇が閉まっている。右肘の推進よりも左膝が早く開く。左足を体の近くに擦り戻すがフルスイングできない。鈴木は、インローのストレートを見逃し三振。

8回表、鈴木は左足の着地位置の探りのとき、右肘はヘッドの外に張り出し右脇も空く。しかし、スパイクの内側でエッジで拇指球に重心がかる。左足が着地したとき(=右肘が推進する直前)に右足の踵が地面を離れ骨盤が回転し始める。ヘッドはボールの外側に入るがバットの先で併殺コースに打球が飛ぶ。

西は、手投げ、ダブルプレーンの投球が多く相変わらず球置くんなのだが、性夜の打撃が良くないことが西を崩せない原因となった。

そのくせ、9回には、守屋からヘッドをボールの外側に入れるが、泳いでヘッドアップするという無様な打撃でちゃっかり帳尻を合わせ、三冠王に向け邁進中である。

広島打線は、4回表二死からバティスタが泳ぎながらインサイドアウトで壁を作って右前安打。西がダブルプレーン(わかりやすく言うとアッチ向いてホイのピッチング)投球で性夜に四球。
西川は右膝は開きながらも右肩を残して壁を作って中前安打

二走バティスタをあの距離から刺せないとは、ちかもんくん、君はやっぱり弱肩じゃのう、プぷぷぷプ

広島打線は西には4年前の初対戦から、これが西からの初得点。何とも情けない。

8回表、西がダブルプレーン投球で松山に四球を与える。野間は、ステップ幅を狭く回転半径を小さくしてヘヘッドをボールの外側に入れて打つ。手首を返して失速したがトータルで見ればマルテの拙い守備ではなく野間の安打。
菊池涼介がヘッドをボールの外側に入れてボールを引っ掛けて打って同点、バティスタが泳ぎながらヘッドをボールの外側に入れて打って3-2と逆転。

福留も労働量の蓄積により肩の稼働が衰えているので、曽根はノンストップで二塁から、野間は右足に重心を戻して二塁に戻りかけ打球が落ちてからリスタートでも本塁に還ることができた。

しかし、前述の性夜のバッティングで追加点が取れない。その裏に投げたフランスアもストレートが今一つ、梅野をチェンジアップで三振を取ったときも左腕上腕部の内旋のときに左腕上腕部が凹んでワンバウンドさせている。中﨑で1点差を守るのは厳しい。

9回表広島の攻撃

しかし、矢野くんが勝負を投げてくれてくれて、と言うよりはドリスや能見させれれないフィジカル面での問題でもあったのだろう。

島本は、左股関節を外旋して右膝をレッグアップ右膝を内入れしたときにも左股関節を外旋する。レッグダウンのときに左股関節の位置を元に戻す。左足はスパイクの外側でエッジをかけているが左股関節の外旋がなく骨盤が滑っており、右足内転筋の内旋なしでステップ。

會澤は、ヘッドをボールの外側に入れて手首の下がりを抑えて真ん中高目のストレートを中前安打する。

西川は、ヘッドをボールの外側に入れ右肘を抜きながら右前安打、糸井がこれをファンブル。バティスタは三塁ストップ。

福留は、9回裏二度目の打席に入った會澤の打球に足がついていかずにダイヴするが、打球は左翼塀に達した。これで試合は10-2という大差が付く。

青木の肩、福留、糸井の送球を含めた守備、西川、野間のスローイングを含めた前3者との差もペナントの動向に関係してくるだろう。
9回裏は、たもつさんが手投げで右肘が下がって2四球を出すが無得点に抑える。それにしても、メグは自分ができないことに関しては厳しいんじゃのう。
4勝12敗から18勝6敗で.750。ここでギアを上げてGを抜き去ってしまうとリリーフが後半へばるからしばらくは5割前後を往復すればいい。

試合経過

4回裏

床田は、32球目、アウトローにフォーク120キロをワンバウンドさせる。

6回裏

床田は、72球目、アウトローにチェンジアップ132キロをワンバウンドさせる。

床田は、90球目、真ん中低目にフォーク136キロをワンバウンドさせる。

7回裏

九里は、3球目、アウトロー(左打者のインロー)にチェンジアップ127キロをワンバウンドさせる。

九里は、14球目、アウトロー(左打者のインロー)にナックルカーブ123キロをワンバウンドさせる。

8回裏

フランスアは、7球目、アウトロー(右打者のインロー)にチェンジアップ139キロをワンバウンドさせる。

9回裏

菊池保則は、2球目、インロー(左打者のアウトロー)にシュート142キロをワンバウンドさせる。

4回表

西は、39球目、アウトローにカットボール126キロをワンバウンドさせる。

9回表

島本は、4球目、インロー(右打者のアウトロー)にフォーク135キロをワンバウンドさせる。

島本は、9球目、真ん中低目にチェンジアップ136キロをワンバウンドさせる。