中日の先発ローテーション入りに挑む小熊凌祐のピッチング

小熊は、テイクバックのときに右腕を背中の側に引き、上体を下半身に捻転差ができる。

「く」の字を作ったとき、右股関節を外旋し右足のスパイクの外側でエッジをかけ、左足内転筋を内旋する。

トップを作ったときに、右腸腰筋、右股関節が内旋しかかり、右膝が内に入る。

右腕前腕部が回外しかかっている。

わかりやすく言うと、右股関節のタメがなくて上半身、下半身とも横回転している。

よって、ストレート、カーブが縦回転せずにシュート回転する。

ストレートにバックスピンがかからずに、ボールが垂れる。

リリースの瞬間に右肘が下がり、右手首が寝てボールを引っ掛けることがある。

各種指標

球種配分

球場別成績