原辰徳3度目の巨人監督就任で、丸佳浩いよいよ巨人入りか。

巨人は、既に、2013年広島東洋カープを上回る史上最多の借金4、史上最低勝率.488でのCS出場が決まった。

原辰徳の3度目の巨人監督就任が事実上決まった。

巨人は、センターラインを今季も固定できなかった。

丸を獲得すれば広島を弱体化させることができる。

菅野の引き留め。

どれも大義であり、実体は違う。

NHK、読売、フジテレビ、テレビ朝日、TBS、・・・日本のテレビ局、新聞社は、ユダヤ金融の投融資によって設立が擬制された。

戦争、製薬、種子は儲かる。

人は、ネット上ではキーワードを検索して調べるが、テレビは情報を与えられる一方で、人は受け身だ。

テレビに与えられた役割は、人民がコキ使われたことについて文句を言わせないように、洗脳することである。

メディアは、共産党員と自民党員は結託しているが敵対していることにする。

テレビに与えられた役割は、選挙前から任用される人間が決まっていて数えてもいない選挙の投票情報、実在しないテロ情報を流して、モルガン証券、チェスター証券、ソロモンブラザーズが日本に上陸していることを認識させないことである。

奴隷を沢山産ませて、”なぁセックスは楽しいだろっ”て宣伝することである。

ロックフェラーもロスチャイルドも、おとぎ話上の人物ではない。

天皇も公務員ではない。

ロックフェラー、ロスチャイルドは、実在する”公人”であり、何度も来日している。

世界各国の巨大産業資本は、全てユダヤ金融の傘下だ。

金を融資する側としては、巨人が優勝しようが広島が優勝しようがどうでもいい。

金融資本にとっては、巨人に高額年俸の選手を獲得させて巨人が沢山借りてくれればいい。

何度も言うけど、資本のいない法人は存在しないからね。

マツダもユダヤ金融と全く経済関係がないわけではないが、読売ほど強くユダヤ金融との経済関係はない。

どちらが借金を多く受け入れるかと言えば読売の方だろう。

名目上前貸しされるサラリーマン違ってプロ野球選手やプロ野球の監督は、名実ともに前貸しを受ける。

由伸よりも原辰徳(原樹理がいるから省略できねえよ)は、窓口として融資を受け容れてくれるので、金融資本は下僕として使いやすい。

原辰徳は、既に、シーズン中からビシの代理人、浅村、丸と接触しているだろう。

チームが優勝を逃した場合と、選手の年俸の相関関係が大きい。

チームの優勝と選手の年俸の上昇は、相関関係が小さい。

野球選手は、全球団より弱くても金をくれる球団に移籍する。

金融資本は、傘下の読売を使って選手の親族を含め、”足元”を見る。

CSで、巨人が史上最大の下刻上なるか、メイクドラマアゲインと煽り、カープファンと巨人ファンを喧嘩させることによって、FA移籍の根底にある経済関係から目をそらさせるのだ。

丸と浅村は、本人の意思とは関係なく巨人に行くだろう。

巨人と日本ハムの日本シリーズ終了後、日付でいうとその翌日、丸、松山、浅村のFA宣言に関する記者会見が行われていることだろう。

菊池涼介(菊池雄星がいるから省略できねえよ)は、フィジカル面の損耗により、メジャーは、菅野を獲得して借金をすることはあっても、菊池涼介を獲得して借金しても、利益を金融資本に貢くことができないので、菊池涼介を獲らないだろう。

読売は、翌年菊池、数年後には筒香を獲るだろう。

だから、俺は、CSなんていう下らないものに構っている暇などないのだ。

俺には、無から無制限に脳内で産み出した金を社会で通用させることができるユダヤ金融を倒すことができない。

束の間の現実逃避として、カープに巨人戦20勝をさせてリーグ優勝させて、巨人の原を泣かしてやりたいのだ。

俺は、カープのリーグ優勝4連覇に向けて無い知恵を絞っていきたい。