2018広島vsDeNA15回戦。高橋樹也プロ初セーブ。

9回裏が終了した段階で、ベンチ入りしている投手で残っている投手は、髙橋樹也と飯田。

髙橋樹也は、開幕前から一軍の重要な場面に投げる投手の一人として構想内に入り、ファームの試合で、ストレート系のレベルが上がってきた。

飯田は、佐藤祥万との勝負では、ほぼ勝負ありですが、一軍で投げる投手ではない。

私は監督であれば、迷わずに髙橋樹也を投げさせます。

10回表に勝ち越し、出来れば追加点を取り、髙橋樹也をその裏に投げさせれば勝てると思いましたよ。

両先発のピッチング

先発の今永は、右足を踏み出したときに、左膝が内に入るところを修正したとのこと。

左膝が内に入れば、瞬発力が逃げてしまいますので、修正は必要でしょう。

しかし、修正するところは他にもあるでしょう。

2回表、松山は、インハイのストレート147キロを、ヘッドを残してレフト線に打球を落とし、二塁打。

今永は、22球目リリースの瞬間、左腕上腕部が凹み、トップの位置、左腕前腕部の位置も下がる。

アウトローにチェンジアップ132キロをワンバウンドさせる。

これは、フィジカル面が根源です。

今永もテイクバックのときに、左腕を背中の方に引きます。

これが良くない。

二塁走者の松山は、三塁に進塁。

バティスタは、アウトローにタレたストレート145キロに、ヘッドがボールの下に入り、スライス回転がかかりますが、ヘッドをボールの外側に入れて手首の下がりを抑え、ミートの瞬間に壁を作っていますので、バウンドの高い打球になります。

ヒットになったのは、ラッキーでも何でもありません。

運不運なんて存在しません。

広島1-0DeNA。

3回表

菊池は、インローのストレート143キロをヘッドを残してライトスタンドに本塁打。

広島2-0DeNA。

鈴木は、真ん中のストレートを、ヘッドをボールの外側に入れて、ボールを擦ってボールの下にバットをくぐらせてバックスピンをかける。

レフトスタンドにソロ本塁打。

いかにもホームラン打者の打ち方だ。

広島3-0DeNA。

2回裏

髙橋昂也は、インハイにストレート145キロが外れて筒香に四球を与える。

宮﨑は、インローのストレート146キロを打ち、二併打。

髙橋昂也は、24球目、アウトローにストレート137キロが外れて伊藤光に四球を与える。

大和は、真ん中のスライダーを打ち、中前安打。

今永は、真ん中高目のスライダーをヘッドを残してレフト前ヒットを打つ。

これで二死満塁。

髙橋昂也は、タスキ掛けのラインの内旋も早く、リリースの瞬間に右足突っ張る。

上体を三塁側に倒して左足を三塁側にターンさせてフォロースルーを止める。

リリースポイントは高い方がいい。

球持ちは、リリースポイントではなく、フォロースルーの終了の段階で決まります。

2回柴田を三振に取った投球なんかは素晴らしいですよ。

柴田は、ステイバックの過程で右肩が内に入る。

3回裏

髙橋昂也は、39球目、真ん中高目にスライダーが外れ、桑原に四球を与える。

ソトは、アウトローのストレート143キロを見逃し三振。

3回筒香に四球を与えたボールも、リリースの瞬間に右足が突っ張っている。

上体を三塁側に倒して左足を三塁側にターンさせてフォロースルーを止める。

この2つは素晴らしい。

しかし、トップを作ったときに、左肩上腕部が外旋が深く、コックした左肘が背中の側に入ってしまったので、上体を三塁側に傾けたときに、頭が大きく外れてインハイにボールが外れる。

ここは乗り越えさせろ。打たれてもいいから勉強させろ。

3回途中4四球なんて大したことねえだろ。

オメ、何替えてんだよ。

5回裏ベイスターズの攻撃

アドゥワは、25球目、アウトローにストレートが外れ、桑原に四球を与える。

ソトは、アウトローのストレート143キロを中前安打。

ロペスは、アウトハイのストレート142キロを打ち、二飛。

筒香は、真ん中のチェンジアップ126キロを、ヘッドを残してレフト前ヒットを打つ。

広島3-1DeNA。

宮﨑は、アウトローのチェンジアップを、トップハンドの親指でグリップを押してヘッドを残してヘッドの下がりを抑えてライトの頭上を越える二塁打を打つ。

アドゥワは、右足を三塁側に着地させてフォロースルーを止める。

アドゥワは、筒香、宮﨑に打たれましたが、筒香、宮﨑クラスはボールを置けば打ちます。

伊藤光には、上体を一塁側に倒して右足を一塁側へターンしてフォロースルー。

このボールは、カットボールでしょうが、良かったです。

ロペスストライクを先行させているのですから、ボール球を投げさす必要はありません。

伊藤光を三振に取った投げ方で打たせて取ればいいのです。

安部は、ミートの瞬間泳いでスライス回転がかかっていますが、ステイバックのときに、頭が後ろの骨盤の上に乗ってヘッドをボールの外側に入れているのでホームランになるんですね。

ベイスターズは、ドラゴンズもですが、これでもかとサイドアームの投手を集めますが、サイドアームが左だろうが右だろうが、特に、左打者は対応しやすい。

こういうチームは低迷します。

フランスアのピッチング

フランスアは、リリースの瞬間、右膝が突っ張り、上体を三塁側に倒して左足を三塁側へターンさせてフォロースルー。

筒香を真ん中高目の155キロのカットボールで空振り三振に取ります。

宮﨑は、ヒッチしてステイバックの間、全くと言っていいほど左肩が動かない。

先日牛島と組んだ実況は、フランスアがクロスステップすると言いました。

フォロースルーで両足をクロスさせるのはいいんです。

左投手で全くインステップしない投手は殆どいません。

髙橋昂也、フランスアは、左投手では全然していない方。

Kris Johnsonの方がインステップしています。

フランスアは、宮﨑のところで、リリースの瞬間右足が突っ張らず、瞬発力が下半身に吸収される。

よって、上体を倒したて左足をターンさせたときに、両足がクロスしません。

宮﨑は、ヘッドを外に入れボールを擦ってバックスピンをかけます。

宮﨑はボールがバットから離れた後も、トップハンドの親指でグリップを押したままヘッドの下がりを抑え、フォロースルーが止まった分、フェンス手前で打球が失速した。

ウィーランドのピッチング

安部は、アウトローのスライダー139キロを打ち、ライト前ヒット。

田中広輔は、真ん中高目のストレートを打ち、二直。

菊池は、アウトローのスライダー141キロを、ヘッドを残してセンター前ヒット。

広島5-3DeNA。

ウィーランドはテイクバックのときに、背中の側に大きく引きます。

トップを作ったる過程では、ボールを持つ手と頭の距離が離れています。

トップを作ったときに、右腕上腕部が回外して右肘が沈みます。

リリースの瞬間に右肘が伸びます。

だから、インハイにボールが外れます。

ウィーランドは帽子を取って謝っていません。

鈴木誠也は、バッティンググローブとバットを三塁側に軽く投げつけて、ウィーランドには歩み寄らずに、一塁に向かい、廣瀬にブツブツ言っただけです。

問題にする必要はありません。

ソトは、アウトローのストレート148キロにヘッドが遅れてスライス回転のかかったライトフライ。

広島5-4DeNA。

ロペスは、アウトローのストレート150キロを、ヘッドを残して壁を作ってライト線に二塁打。

中﨑は、トップを作ったときに、右腕前腕部が回外して右肘が沈んでいた。

左肩、左膝も割れていた。

高橋樹也のピッチング

10回裏、安部が先頭打者が打った三ゴロを弾く。

こんなのどうってことないよ。

髙橋樹也は、何事もなかったかのように順当に抑えるだろうと思ったよ。

髙橋樹也 昨季よりは進歩している。

何よりもプロ初セーブという結果を出した。

しかし、今季初登板の方が内容は良かった。

倉本に投じた真ん中高目のストレート。

左足を一塁側に左足を着地させてフォロースルーを止めてしまっている。

神里へアウトハイのストレートを投じたときは、上体を三塁側に倒せてはいる。

しかし、フォロースルーのときに、両足がクロスしない。

リリースの瞬間右足が突っ張れば 両足をクロスさせてターンさせることができて更に良くなるよ。