2018広島vsDeNA6回戦。野村祐輔が4回で降板するが、後続の投手が無失点リレー。エルドレッドが決勝本塁打。

試合のポイント

8回表誠也が三振併殺に倒れた段階で、後はすんなりと康晃に抑えられて負けると思ったよ。

裏の攻撃の方が有利だからな。

山﨑康晃は、今季は、左肩、左膝が開かずに、左膝が伸びて右足を一塁側へ完全にターン。

エルドレッドのところでも、右股関節を内旋して「く」の字を作ってステップ

しかし、トップを作ったときに、右関節、腸腰筋が外旋する。

山﨑の右肩が凹んでシュート回転する。

エルドレッドは頭が後ろの骨盤よりもやや前に出されるが、ヘッドを残してボールをこすってバットをボールの下にくぐらせる。

打球の角度は、打った瞬間にホームラン。

エルドレッドは。センターバックスクリーンに決勝本塁打。

この試合の先発は、野村と東。

野村は、トップを作ったときに、右の股関節と腸腰筋が外旋して左肩、左膝が開く。

宮本は、インローのホームランボールを2試合連続で本塁打。

続く筒香にライトに打たれたとき、2回のロペスの安打のときもそう。

宮本は、頭を後ろの骨盤の上に乗せてステイバックし、振り下ろしのときに右肩が下がらずに、ボールをこすってボールの下にバットをくぐらせて、エッジをかけて左足を運び、ライトスタンドに本塁打。

野村よ、石原よ、外の出し入れなんてするな。

特に、この試合は、右肩の状態が良くないんだ。

アウトローは、顔から遠いから間が取れる。

ステイバックのときに、体が前に出されない。

始動が遅れず、スイングの結果、ボールを長く見れることになる。

打者は、アウトロー付近は、体感速度が遅く錯覚するんだ。

もっと中へ、体の近くに失速の少ないカットボールを投げて、右足を一塁側にターンさせて、差せと思っていたが、外一辺倒。

野村は、真ん中低目の球を、梶谷に壁を作って打たれた。

野村は、1回19球目にスライダー131キロをアウトローにワンバウンドさせる。

野村は、2回、戸柱のところで、トップを作ったときに、ボールを持つ手が頭の方向に向いていない。

右の股関節が外旋して、左肩、左膝が開いて、リリース直後に凹む。

戸柱に四球を与えていたのだ。

この右肩の凹みは、前回登板でも見られた。

野村は、公式発表は、背中の張りだが、実際は、右肩関節唇損傷の再発だろう。

東は、左足踵に重心をかけて、左股関節を内旋して右膝を上げ、右足拇指球に重心を移して逆「く」の字を作って右足を内入れしてステップ。

右足は、踵から着地する。

東は、トップを作る途中で、コックした左肘が沈み、臀部が沈んで上体が反る。

右肘の出が遅れる。

すなわち、左の股関節と腸腰筋の外旋の方が早いということ。

リリースのときのトップの位置が低くなり、ボールを持つ手が打者の前に現れるのが早い。

スイングをすれば、その結果ボールが長く見れる。

カープも初回、東のそこを捕らえて5安打で3点を先取した。

2回の田中の安打のとき、8回の2本の安打(松山の左前、バティスタのライト線付近の二塁打)のときもその投げ方をしている。

どの球団も次回の対戦から東を攻略し始めるだろう。

鈴木誠也は、犠飛と3つの三振は、何れも、頭が骨盤よりも前に出されている。

松山の打撃もそう。

丸は、スイングしたときに、左足が滑って左足の位置がズレる。

東も2回の鈴木のところあたりから、コックした右肘の沈みが緩和され、ボールを持つ手が若干頭の方に向くようになるが、リリースの際のトップの位置は低い。

東は、48球目のカーブを皮切りに、計5球(スライダー1,カーブ4ー48,58,77,79球目)をアウトロー(60球目のスライダー)、または、真ん中低目にワンバウンドさせている。

東も左肩の状態は、万全ではない。

2回以降、カープが東から点が取れなかったのは、東が良かったのではなく、カープの各打者のバッティングがヘボいから。

冗談抜きに、エルドレッドに本塁打を打たれた山﨑康晃の方がずっと良い投げ方で、ずっと良い球を投げている。

只、初回の安部と8回のバティスタは、前膝を落としてグリップを上げたときに、ヘッドが立ち、後ろの骨盤に頭を乗せてステイバックした上で、ヘッドを残して打てていた。

2回の田中の中前安打は、ステイバックのときに頭が後ろの骨盤に乗っているが、始動からステイバックまでややヘッドが寝た分、差された。

誠也は、つなぎのバッティングなんてせんでええ。

フリー(無条件で)に打たせろ。

次回は、東の真っすぐを引っ張って粉砕しろ。

菊池雄星や濵口の真っすぐの方が数段上だ。

ヒッチしてグリップを上げてヘッドを立ててステイバックしろ。

これが、右肩の開きと腸腰筋の外旋を右肘の出よりも遅らせるんだ。

菊池雄星の真っすぐを打ったお前ならできる。

アドゥワは、筒香のところで、右肩が凹み、右肩を損耗している。

投げさせ過ぎだろうな。

6球目のチェンジップ124キロと12球目のチェンジアップ128キロをワンバウンドさせている。

ロペスのところでは、真っすぐ144キロを、右足を一塁側にターンさせて投げ、ロペスは差されていた。

最後の三振のときは、三塁側に重心が残ったが、それ以外は、右足をターンさせて、右肩の損耗をごまかした。

来週の金曜に野村の代役で、先発させるなら、それまで、ここから先、実戦で投げさせるな。

先発のときに、右肩の凹みを頻発しなくて0で抑えていても、80球未満で降板させろ。

ブルペンでの投球をチェックした上で、トレーナーとも相談して先発させるかどうかを決めろ。

カープは、その後も、Jacksonが16球目チェンジアップ142キロをアウトローにワンバウンドさせたが、今村、Jackson、中﨑が無失点リレーで三連勝。

ところで、外野フェンス際の溝は埋めたのか。

[追記]

俺は、コストパフォーマンスという言葉が大嫌い。

俺は再三、四球と故障の関係を指摘してきた。

相変わらず、四球や打たれて点を取られて降板した選手へのディスりが絶えないね。

うるせエおっさんがなんか言ってらぁぐらいにしか思っていないだろう。

多くのカープファンにとって、選手を応援することは、マスターベーションであることはよくわかった。

ファンの夢を壊して申し訳ないが、

カープの選手に限らず、今現在よりもタフな球が投げられるようになって、また、より多くの球数が投げられるようになって、大エースになれるであろう投手はいない。

投げ方を改良してごまかしながら、故障する前に近づけるか、現状維持または打者を錯覚させるのが精いっぱいだ。

俺は、選手の肉体のことをわからずにディスっているズリセン野郎から選手を守りたいんじゃ。

よって、資本がメディアに報道させたことをそのままタレ流すことはしたくない。

これからもありのままのことを書いていく。

得点経過

1回表

田中広輔は、アウトローのスライダー130キロを壁を作って打って中前安打。

菊池は、アウトローのスライダーをボールの下から手首を返して遊ゴロ。

これが内野安打になって、無死一、二塁。

丸には、インロー148キロのストレートが外れて四球で、無死満塁。

鈴木は、インコース(鈴木から見ればアウトコース)のベルトの高さのチェンジアップを打って左飛。

筒香は、レフトスタンドに背を向けて打球を追い捕球、体の向きを変えて送球。

これが犠飛になり、広島1-0DeNA

一死一、二塁から、松山は、ステイバックのときに頭が後ろの骨盤より前に出されたが、左足でエッジをかけて左足を運び、壁を作ってインローのチェンジアップを中前安打。

広島2-0DeNA

バティスタは、インコースベルトの高さのストレート148キロを空振り三振

安部は、インハイストレートを左前安打。

広島3-0DenA

1回裏

宮本は、アウトローのシュートをライトスタンドに本塁打。

広島3-1DeNA。

筒香は、インハイのカットボール141キロを打って右飛。

鈴木誠也が落球し、エラーで出塁。

ロペスは、ステイバックのときに頭が後ろの骨盤より前に出されたが、そのときにヘッドが立っていて、壁を作ってアウトローのカットボールをショート後方に落とす安打。

広島3-2DeNA

2回表

野村は、ストレートがアウトローに外れ、戸柱に四球を与える。

梶谷は、真ん中低目のチェンジアップを打ってレフトへ二塁打。

松山は、レフトスタンドに背を向けて打球を追い、クッションボールを処理して田中へ送球。

広島3-3DeNA

8回表

丸のところで、インハイにストレートが外れ四球を与える。

鈴木は、フルカウントからアウトローのチェンジアップを空振り三振。

丸が盗塁失敗。

松山は、真ん中低目128キロのスライダーを体が前に出されながら壁を作って左前安打。

バティスタは、アウトコースベルトの高さのストレートをヘッドを残して二塁打。

二死二、三塁から安部は、インハイのストレートを打って二ゴロ。

9回表

エルドレッドが、アウトハイのストレート147キロをバックスクリーンに本塁打。

勝利投手 Jackson 1勝1敗 0S

敗戦投手 山﨑康晃 0勝1敗 8S

セーブ 中﨑 0勝0敗 8S

ホールド アドゥワ誠

今村

失策 鈴木誠也1  安部1

対戦成績 広島4勝2敗