[選手名鑑]塩見貴洋

左投げ左打ち
生年月日 1988年9月6日
帝京第五高ー八戸大ー2010ドラフト1位
公称サイズ 182cm 77kg

投球動作

塩見は、左足のスパイクの外側、右足のスパイクの外側でエッジをかけ、オープンスタンスにしてセットアップする。右足スパイクの内側で地面をスライドする。ワインドアップ又はノーワインドアップで、左足のスパイクの外側、右足の小指球で地面を蹴る。左手中指の付け根でボールを握る。右足踵寄りで地面を蹴り、右膝を上げ、右股関節を内旋する。左足外踝にウェイトがかかる。左肘は、インバートWでつまみ上げる。左肘を逆Lにしたときは、左足がインエッジで、左足小指球でブレーキをかける。左肘をつまみ上げたとき、右腕前腕部を回外する。左足は、スパイクの外側でエッジをかけ、Cアーチができているときと左足拇指球にウェイトが移っていることがある。右足は、スパイクの外側から入射する。左肘のアクセレーション前に左足拇指球にウェイトが移り、右股関節が外旋している。Cアーチができていないときは、左肩関節外転直後から右股間接が外旋する。左肩関節外転後に両肩甲骨がぶつかる。左肘のアクセレーション中も頸反射していない。リリースの直前に初めて頸反射をする。リリース直前、右膝の屈曲が深く、右膝が右足の爪先の前に出る。両股関節をぶつけると左股関節が伸展するリリースの瞬間の左肘と背骨の交わる角度は、オーバーハンドに近いスリークォーターである。

球種

フォーシーム Max 144km/h
カーブ
ツーシーム
フォーク
スライダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA