一死二塁におけるケース打撃

Last Updated on 2024年5月22日 by wpmaster

これまで、ケース打撃に関して書かれたコンテンツは、数多いですが、どれも、バッテリーを含めた内野手、外野手の主に肩関節、股関節を含めた肉体の稼働の仕方とそれによる加速距離の限界、生じ得るプレーを網羅されていません。

よって、セオリー化された得点手段では、得点できない、また、他にもこんな得点手段があるということが生じてきています。

当サイトでは、既に産み出されたケース打撃に関するコンテンツに書かれていないこと、定説化された得点手段の限界とその超越に関して述べています。

当該記事では、一死二塁のケースに絞って、上記のこと記載した関係記事を列挙しておきます。

概要

a.二塁走者は、二三塁間を結ぶラインの後ろで一次リードに留める。

二次リードを取った場合は、ファーストバウンド後、一次リードのポイントまで戻る。

一死二塁三塁ゴロの件、二塁走者が二三塁間を結ぶラインの内側に入り一次リードを取った後、シャッフルして二次リードを取ってしまえば、三塁手は一塁に投げないでしょう。

一方、二塁走者が二三塁間を結ぶラインの後ろで一次リードを取るに留めておけば、三塁手が投球肘を上げ、グラブを持つ方の肩を一塁に向けた後にスタートが切れます。

二塁走者が三塁ゴロで三塁に進塁するのは不可能ではありません。

三塁手がマウンド付近までチャージをかけて打球に触れれば、二塁走者は本塁に還れます。

b.二塁走者が外野の前に落ちるシングルヒットで本塁に還れないのは勝てないチーム
二塁走者が走るのが速くなければ、ランエンドヒットをかける。

c.飛球は、2つ以上、進塁できる。
カットに入った野手が二塁ベース、三塁ベース、走者の方に首を捩じったら、二塁走者は本塁に還る。

c. カウント3-0。カウント3-1、カウント3-2からのランエンドヒット

打者は、ワンバウンド以外は、振って構わない。

打者走者は、二塁まで走る。

捕手が二塁に投げたら二塁走者がスタートを切る。

捕手が二塁に投げなくても二塁走者は本塁に還ることができる。

打者がワンバウンドを振ってしまったら、二塁走者は二塁に帰塁する。インサイドアウトスイングの完成度が進歩しないからである。

関係記事

[野球]コンプライアンスをぶっ潰せ

[野球]あなたはこの試合にどんな評価を付けますか[白痴度テスト]

[隙を産み出さない野球]内外野のカットプレーのツボ

[悲報]相手が産み出した隙を逃してしまう[日本ハム]

[日本ハム]ロスが生じない野球をしましょう

[野球]リード、ビハインドに関係なくやらなければならないこと

[野球]得点手段はhittin’& ゴロゴーだけですか?

小林樹斗のリリーフ転向、高橋昂也の先発ローテ入り&田村ー小園ー持丸のクリーンアップ私的構想固まる

相対的にも絶対的にも野球が強くなりきれていない

[野球]一死二三塁、私はこう考える[豚vs鷗3回戦]

[悲報]指揮官が安打や四球を待つとこうなる

無死一塁からのランエンドヒットで一塁走者が本塁に還る!ベースランニングの基本[対楽天14回戦F2-1E]

[野球]一死二三塁、私はこう考える[豚vs鷗3回戦]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA