試合結果20/10/2020広島5-1阪神

広島は、3回表、阪神先発ガルシアから西川の左前安打で2点、坂倉が投手の右(打者サイドから見て)に打ち返し、ガルシアが左足母指球でトラップするが右前に抜ける。この安打で更に2点追加、計4点を先制する。4回表には、長野の左犠飛で加点する。阪神は、最終回、糸井の右前安打で広島先発九里から一点を返し、一死二三塁で広島はクローザーのフランスアに交代。阪神は、一点を返したに留まった。

総評

阪神打線は、ボーアを始め、ドアスイングが顕著であった。大山も後ろの股関節の外旋が遅れ、ストライドが広かった。

3回表、一死二塁、長野は、前肩が背骨の方に入り、ドアスイング、ヘッドがボールの内側に入る。前膝で地面を蹴るのが、右手親指でグリップを押し込んだ後で差されている。差されているがヘッドステイバックが大きい分、打球の失速が遅れた。近本は三塁側に背を向けて打球を追う。180度回転しないと送球できないので、二塁走者が三塁を回ってから両足をシャッフルしてストップしたのはいただけない。

試合結果