2019中日vs広島24回戦延長10回裏サヨナラ負け

試合前現在2位のベイスターズは、70勝67敗、残り3試合の内訳は、ドラゴンズ、G、タイガースが各1試合。
残り3試合を全敗すると、70勝70敗

試合前現在3位の広島は、69勝69敗、残り2試合はドラゴンズ戦。全敗すると69勝71敗。

試合前現在4位の中日は、66勝69敗、残り試合6試合の内訳は、広島2、タイガース2、ベイスターズ、スワローズが各1
広島に2勝、ベイスターズ、スワローズに勝って、タイガースの2試合いずれにも勝つと72勝69敗。タイガースとの対戦が1勝1敗であれば、71勝70敗。
タイガース戦に1勝1分けだと、71勝69敗

試合前5位の阪神は、65勝68敗、残り4試合の内訳は、ドラゴンズ2、Gとベイスターズが各1。
阪神がベイスターズ、巨人に勝って、ドラゴンズに連勝すると、69勝68敗、1勝1敗だと68勝69敗。中日が阪神戦で1勝1敗でそれ以外の試合に全てに勝てば、広島は5位になる。

ドラゴンズ戦に1敗1分けだと67勝69敗、2敗すると67勝70敗

中日が広島に連勝した段階でDeNAの3位以内は確定する。
ベイスターズが3敗、中日が広島に1つ負けて、残り全部勝っても71勝70敗
広島とベイスターズは70勝70敗、DeNAは、広島に13勝11敗1分けと勝ち越しているからベイスターズの3位以内は確保される。
中日が広島に1勝1分けで、残り全勝すれば71勝69敗、広島は、69勝70敗で、DeNAの3位以内位は確保される。
しかし、阪神が残り4試合で、中日に2勝、残りにも全部勝つと69勝68敗
中日が広島に2敗して残り全部勝つと70勝71敗
広島は、71勝69敗で、ベイスターズは4位になる。
中日が広島に1勝1分け、阪神に1勝1敗で残り全部に勝つと、70勝70敗、阪神に1勝1分けだと70勝69敗、1敗1分けだと69勝70敗
中日が広島に1勝1敗、残り全部に勝つと71勝70敗、広島は70勝70敗で広島を上回る。
中日が広島に1敗1分けして残り全てに勝つと、70勝69敗
中日が広島に2敗して残り全てに勝つと、70勝71敗

阪神が残り4試合に、中日戦で1勝1分け、残りに全部勝つと68勝68敗
中日はタイガースに1敗1分け、広島に2で、残り全部に勝つと68勝72敗

阪神は、最低でも中日との1勝1敗で乗り切って一つでも順位を上げたいところ、中日は、広島に是が非でも2勝したいところだ。

大野雄大は、無安打無得点を達成した前回に引き続き、広島を9イニングで0で抑えれば、防御率でクリスジョンスンの2.46を上回ることができる。
ま~ん笑笑打線なんか、100球未満で完封しておしまい。
お前ならできる!!

性夜が残りの打席で9-0でビシエドが24-12 .500であれば逆転で首位打者を獲得できる。
前足に体重が移らずシュート回転の大瀬良にメジャーの実力を見せたれや!

一方の先発は、永川、戦力外のくせに3割打者の大島に全球ストレートを投げるという舐めたことを言いやがる。
大島、ライトスタンドに持ってったれ!

abstract

しかし、大島は一ゴロに終わる。
試合は、先制された中日は、6回表、福田の左前安打で同点に追いつく。
同点のまま8回裏一死満塁で打席には性夜
大野雄大は、性夜を二飛に打ち取る。
うわぁ~ダっせぇ~
性夜、お前は、やっぱ、多摩川で球拾いがお似合いじゃのう、ぷぷぷぷぷ
しかし、大野雄大が長野に押し出しの四球を与えて再び勝ち越される。
更に代わってマウンドに上がった福が松山に左前安打を打たれて1-3
中日は、9回表、ビシエドがフランスアから同点2ラン。
延長10回表2死二塁、フランスアからヘルウェグに代わり、この試合、もらったと思ったが、福田が遊ゴロで無得点
その裏、マルティネスが、會澤に中前に落ちる安打を打たれて試合終了。

中日は、この試合は敗れたが、CS出場権獲得の途が途絶えたわけではない。
次回の広島の対戦で勝つことを含め、5連勝すれば、CSに出られるのだ。

CSは、どこが2位に3位になっても巨人を応援する。
俺はバカープファンを調子に乗らせたくないんよ。
広島を倒してもらいたいが故の応援になっても、2位、3位のチームは、所詮2位、3位なんよ。
CSで勝とうが負けようが巨人より弱いという事実は覆らない。
中日、DeNA、阪神には、ユダヤ金融に守られ閉じ込められ、女を武器に奴隷である男同士の経済関係の変動と共に男をとっかええひっかえして日和まくるキモブスのように、CS出場権獲得争いに負けることがカッコ悪いと思っている低脳ども、CS出場を決めて祝杯を上げようとする低脳ども、下克上で盛り上がろうとする低脳どもに、嗚咽を上げさせてやって欲しいのだ。

大野雄大vs広島打線

1回裏、大野雄大は、13球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足の小指球を支点に左足が立ち、左足踵が一塁側に傾く。
リリースの瞬間に右膝が突っ張らず、左腕上腕部が凹む。

鈴木は、真ん中低目のシュート141キロに対し、左肘で地面を蹴るが、左膝が突っ張り切らない。両股関節をぶつけると右膝がセカンド定位置方向を向く。
左翼塀直撃の二塁打。

大野雄大は、14球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足の拇指球から小指球を支点に左足が立ち、左足の踵が左足つま先の真上に来ている。
リリースの瞬間、右膝はほぼ突っ張るが、左腕上腕部が凹む。アウトロー(右打者のインロー)にシュート144キロをワンバウンドさせる。捕手加藤が後逸し、二塁走者鈴木は三塁に進塁

大野雄大は、18球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足の小指球を支点に左足が立ち、左足踵が左足つま先の真上に来ている。
リリースの瞬間に右膝が突っ張らず、左腕上腕部が凹む。

長野は、インローのスプリット141キロに対し、右足の小指球を支点に右足踵が地面を離れるが右足前脛骨筋が回内(外反)してとり、右膝が内に入っていない。
ヘッドをボールの外側に入れてボールを縦に擦り下ろし、ヘッドをボールの下に潜らせる。ヘッドをボールの外側に潜らせ、ヘッドに手首のラインを越えさせる。打球にバックスピンがかかり、中前安打となる。
中日0-1広島

2回裏、大野雄大は、34球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足の拇指球から小指球を支点に左足が立ち、左足の踵が左足つま先の真上に来ている。
リリースの瞬間、右膝はほぼ突っ張るが、左腕上腕部が凹む。アウトロー(右打者のインロー)にスライダー135キロをワンバウンドさせる。

6回裏、大野雄大は、76球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足の拇指球から小指球を支点に左足が立ち、左足の踵が左足つま先の真上に来ている。
リリースの瞬間、右膝はほぼ突っ張るが、インステップ、左腕上腕部が凹む。
アウトロー(右打者のインロー)にストレート146キロをワンバウンドさせる。

8回裏無死走者無し、大野雄大は、86球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足の拇指球から小指を支点に左足が立ち、左足踵が一塁側に倒れる。
右膝が突っ張らずに左腕上腕部が凹む。

小園は、真ん中低目のフォーク135キロに、右膝で地面を蹴って右膝を突っ張らせ、右股関節を引っ込める。両股関節をぶつけると左足拇指球を支点に左膝が遊撃定位置方向に外れるが、ヘッドをしならせ、ヘッドをボールの外側に入れ、右中間を破る二塁打を打つ。

安部は、87球目、真ん中高目のスライダー121キロに対し、右足のスパイクの内側の踵に体重をかけてヘッドを頭の前に置いて三塁側にバント

捕手大野奨太は、左足がインステップして三塁送球がインローに逸れて髙橋周平は、二塁走者小園にタッチできない。

無死二三塁、西川は、90球目、インコースベルトの高さのスライダー132キロに対し、右肩関節の右肩甲骨への格納が左肘の推進に先行するドアスイングで、打球にスライス回転がかかり遊飛。

大野雄大は、94球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足の拇指球から小指球を支点に左足が立ち、左足踵が左足つま先の真上に来ている。
リリースの瞬間、右足踵を支点に右膝が突っ張るが、左足がインステップしている。左腕上腕部が凹み、インローにストレートが外れ、菊池涼介に四球を与える。

一死満塁、大野雄大は、95球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足の拇指球から小指を支点に左足が立ち、左足踵が一塁側に倒れる。
右膝が突っ張らずに左腕上腕部が凹む。真ん中低目にフォーク137キロをワンバウンドさせる。

大野雄大は、98球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足の拇指球を支点に左足が立ち、左足踵が三塁側に倒れる。
リリースの瞬間、右膝が突っ張るが、左腕上腕部が凹む。

鈴木は、インコース(右打者のアウトコース)ベルトの高さのストレート147キロに、左足の着地が遅れ、左膝で地面を蹴るが左膝が突っ張り切らず、ヘッドがボールの内側に入る。両股関節をぶつけると右膝が二塁定位置方向を向く。鈴木を二飛に打ち取る。

二死満塁、大野雄大は、99球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足の拇指球から小指球を支点に左足が立ち、左足の踵が左足つま先の真上に来ている。
リリースの瞬間、右膝はほぼ突っ張るが、左腕上腕部が凹む。インロー(右打者のアウトロー)にシュート140キロをワンバウンドさせる。

大野雄大は、104球目、右肩関節を右肩甲骨に格納するのが左肘の推進に先行する手投げでアウトロー(右打者のインロー)にストレート150キロが外れる。

長野は、探りのとき右足のスパイクの外側に体重を乗せた後、右足がインエッジ、ストライドを狭めて着地、ヘッドを動かさない。長野に押し出し四球を与える。
中日1-2広島

二死満塁、福は、6球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足小指球で地面を蹴ってしまう。左足踵が一塁側に倒れる。
リリースの瞬間に右膝が折れ曲がり、右足がO脚になる。左腕上腕部が凹み、左肘の位置が下がる。

松山は、アウトローのカットボール135キロに対し、ステイバックのときに左足拇指球を支点に左足踵が地面を離れる。左足がインエッジとなり、左足前脛骨筋は回外(内反)しているが、左足内踝は前に倒れてストライドが広がる。左肘がヘッドの内側に入る。
右膝で地面を蹴るが右膝が突っ張り切らない。左足はインエッジで踵が地面を離れているが、左足前脛骨筋は回外(内反)している。
左手親指でグリップを押し込むが足りず、引手である右手主導でバットを放り投げてしまうが、ヘッドをボールの外側に入れる。右手の拳で左手人差し指の付け根を押し戻しヘッドに手首のラインを越えさせる。京田はバックハンドでグラブを出すが及ばない。
中日1-3広島

9回裏、岡田俊哉は、9球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足小指球を支点に左足が立ち、左足踵が一塁側に倒れる。
リリースの瞬間、右膝が突っ張るが、左腕上腕部が凹む。アウトロー(右打者のインロー)にスライダー127キロをワンバウンドさせる。

岡田俊哉は、16球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足の拇指球から小指球を支点に左足が立ち、左足踵が左足つま先の真上に来ている。
リリースの瞬間、右膝は突っ張るが、左腕上腕部が凹み、左肘が下がる。

西川は、アウトローのフォーク131キロに対し、トップが浅く、左足がインエッジ、左足内踝が前に倒れストライドが広がる、左肘がヘッドの内側に入る。ヘッドがボールの内側に入り、バットを放り投げるが空振り三振。

中日打線vs大瀬良大地のピッチング

1回表、永川は、3球目、オーバーハンドに近いコッキングの角度で、真ん中にストレート141キロを投じる。
大島は、これにヘッドアップして一ゴロに終わる。
永川は打者一人に投げたところで大瀬良に交代。

大瀬良は、12球目、リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足の小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
リリースの瞬間に左膝が突っ張らず、右腕上腕部が凹み、アウトローにスライダー130キロをワンバウンドさせる。

大瀬良は、15球目、リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足の小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
リリースの瞬間に左膝が突っ張らず左足がO脚になる。右腕上腕部が凹み、アウトローにカットボール140キロをワンバウンドさせる。

4回表、大瀬良は、58球目、リリースの瞬間、右膝が伸び、右足の拇指球から小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
リリースの瞬間、左膝が突っ張るが、右腕上腕部が凹む。アウトローにスライダー130キロをワンバウンドさせる。

5回表、大瀬良は、72球目、リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足の小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
リリースの瞬間に左膝が突っ張らず左足がO脚になる。右腕上腕部が凹み、アウトローにフォーク136キロをワンバウンドさせる。

6回表無死走者無し、大瀬良は、76球目、リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足の拇指球から小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
リリースの瞬間に左膝が突っ張るが、右腕上腕部が凹む。真ん中低目にフォーク134キロをワンバウンドさせる。

一死走者無し、大島は、83球目、真ん中ストレート148キロに対し、インサイドアウトスイングで左前安打を打つ。

京田は、87球目、インロー(左打者のアウトロー)のカットボール137キロに対し、右足を着地したとき、左肘がヘッドの内側に入る。引手主導でヘッドをボールの外側に入れてボールを引っ掛け、壁を作る。手首を返さず、一ゴロを打つ。

二死二塁、大瀬良は、88球目、リリースの瞬間までに右膝が伸び、右足の拇指球から小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。リリースの瞬間に左膝が突っ張らず左足がO脚になる。右腕上腕部が凹み、アウトローにカットボール136キロをワンバウンドさせる。

大瀬良は、92球目、リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足小指球を支点に右足が立ち、右足のスパイクの外側のラインが三塁側に傾く。
リリースの瞬間に左膝が突っ張らず、右腕上腕部が凹む。

福田は、真ん中低目のフォーク133キロに対し、左膝で地面を蹴って左膝を突っ張らせ、左股関節を引っ込める。右肘が左股関節の前に出ていく。両股関節をぶつけ、ヘッドをボールの外側に入れボールを引っ掛ける。右膝が完全ではないが真下に落ち、投手の方を向く。
右足の拇指球で地面を蹴って左足踵に体重を移しながらフォロースルー
左前安打となり、中日1-1広島

中継に入ったメヒアは、本塁には投げず、一塁方向に打者走者福田を追い詰め、松山に送球、松山は福田を二塁方向に追い詰める。メヒアと會澤が一塁ベースカヴァー、二塁ベースには菊池涼介が入る。松山が福田にタッチして3アウト

中日打線vsヘロニモフランスアのピッチング

8回表、菊池保則は、3球目、リリースの瞬間までに右膝が落ち始め、右足の小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
リリースの瞬間に左膝が突っ張らずに右腕上腕部が凹む。インロー(左打者のアウトロー)にフォーク134キロをワンバウンドさせる。

菊池保則は、リリースの瞬間までに右膝が落ち、右足の拇指球から小指球を支点に右足が立ち、右足踵が右足つま先の真上に来ている。
リリースの瞬間、左膝が折れ曲がり、右腕上腕部が凹む。インロー(左打者のアウトロー)にフォーク134キロをワンバウンドさせる。

9回表無死走者無し、フランスアは、1球目、リリースの瞬間に左膝が伸び、左足小指球を支点に左足が立ち、左足踵が一塁側に倒れる。
右膝が突っ張り切らず、左腕上腕部が凹む。

福田は、真ん中のツーシーム146キロに対し、左足を着地したとき、左肩を残す。振り下ろし始めに右肩が下がるが、左膝で地面を蹴って左膝を突っ張らせヘッドステイバックしている。ヘッドを残して右中間に二塁打を打つ。

無死二塁、フランスアは、4球目、リリースの瞬間に左膝が伸び、左足小指球を支点に左足が立ち、左足踵が一塁側に倒れる。
右膝が突っ張り切らず、左腕上腕部が凹む。

ビシエドは、アウトハイ(右打者のインハイ)のストレート149キロに対し、左膝で地面を蹴って左膝を突っ張らせ、左股関節を引っ込める。右肘が右股関節の前に出る。両股関節をぶつけると右膝が投手方向に向き、完全ではないが、右膝が真下に落ちる。左肩関節を左肩甲骨へ格納させながら、ヘッドをボールの外側に入れ、壁を作って打つ。
左翼席に本塁打
中日3-3広島

フランスアは、15球目、リリースの瞬間までに左膝が真下に落ち、左足の拇指球から小指球を支点に左足が立ち、左足踵が一塁側に傾く。
リリースの瞬間、右膝が突っ張らず、左腕上腕部が凹む。インロー(右打者のアウトロー)にチェンジアップ140キロをワンバウンドさせる。

フランスアは、20球目、担いでから、リリースの瞬間、左膝が伸び、左足の拇指球から小指球を支点に左足が立ち、左足踵が一塁側に倒れる。右膝がほぼ突っ張るが、左腕上腕部が凹む。手投げの投球でインロー(右打者のアウトロー)にチェンジアップ142キロが外れ平田に四球を与える。

10回表、フランスアは、リリースの瞬間に左膝が伸び、左足の小指球を支点に左足が立ち、左足踵が一塁側に倒れる。右膝は突っ張るが左腕上腕部が凹む。インロー(右打者のアウトロー)にチェンジアップをワンバウンドさせる。

ヘルウェグは、1球目、リリースの瞬間までに右膝が伸び、右足の小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に傾く。
リリースの瞬間に左膝が突っ張るが右腕上腕部が凹む。アウトコースベルトの高さのツーシーム152キロを會澤はバックハンドでグラブを出すが後逸。
二塁走者大島は、三塁に進塁。

ヘルウェグは、3球目、リリースの瞬間までに右膝が伸び、右足の小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
リリースの瞬間に左膝が突っ張らず、左足がO脚になり、右腕上腕部が凹む。

福田は、真ん中のツーシーム151キロにヘッドアップ
小園は、両足が揃い、両足間が広がった状態で捕球。
小園は、右肘をつまみ上げたとき、一旦、右足が拇指球を支点にインエッジになりストライドが広がるが、右足のスパイクの外側に体重を戻し、右腕上腕部を外旋してトップを作って一塁送球。打者走者福田はアウトになる。

Rマルティネスのピッチングvs広島打線

鈴木は、10球目、アウトコースベルトの高さのストレート156キロにヘッドアップ
髙橋周平は、ハーフバウンドが落ちてショートバウンドが上がり始めたことろでフォアハンドで体の右で捕球。右肘をつまみ上げたとき、右足小指球に体重をかけてジャンピングスロー。左足がインステップし、一塁送球をアウトローにワンバウンドさせる。これが内野安打となる。

長野は、12球目、アウトコースベルトの高さのストレート153キロをインサイドアウトスイングで右前安打

一死一二塁、マルティネスがセットポジションで構える。
鈴木は、二三塁間のライン上(実際には引いていない)でリードを取る。
マルティネスが両手を解いたとき、左足スパイク外側で地面を蹴って両足をシャッフルさせて二次リードを取りスタートを切る。
14球目のストレートは、アウトハイに外れる。
捕手大野奨太は、右肘をつまみ上げたとき、右足がインエッジで内踝が前に倒れ、ストライドが広がり、二塁送球ができない。
鈴木は三盗に成功

マルティネスは、16球目、リリースの瞬間、右膝が伸び、右足小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
左膝が突っ張るがO脚になり、右腕上腕部が凹む。真ん中低目にチェンジアップが外れ坂倉に四球を与える。

一死満塁、マルティネスは、23球目、リリースの瞬間に右膝が伸びる。右足小指球を支点の右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
左膝が突っ張らず、左足がO脚になり、右腕上腕部が凹む。

會澤は、真ん中のストレート151キロに対し、左膝で地面を蹴って左膝を突っ張らせ、左股関節を引っ込める。両股関節をぶつけヘッドをボールの外側に入れ左手拳で右手人差し指の付け根を押し戻しボールの外側を擦り下ろし、バックスピンをかける。右膝がほぼ真下に落ちる。中前に落ちる安打
中日3-4広島

試合データ