2019阪神vs広島25回戦北條2逆転2ラン西9勝目!タイガースCS進出へ望みを残す

巨人が5年ぶりのリーグ優勝を決めた。
DeNAの2位もほぼ決まりだろう。
俺は野球以外のスポーツには全く興味がない。
今の俺が望むことは、中日さんか阪神さんが、しくじることなく3位になってCS出場権獲得を実現してくれることのみだ。

12勝12敗のタイで最終戦を迎えた2019阪神vs広島

試合前現在阪神は、63勝68敗6引き分けの5位
広島は、69勝68敗3引き分けの3位

広島が2勝1敗であれば、71勝69敗となり、阪神は残り6試合全部勝っても69勝68敗で、広島を上回ることができません。
広島が1勝2敗であれば、70勝70敗となり、阪神は6試合に全勝すれば、広島を逆転できます。
広島が3戦全敗であれば、69勝71敗、阪神は、5勝1敗で68勝69敗で広島を逆転できます。
この試合で負ければ、阪神は広島を自力で上回ることができなくなってしまい、広島を上回ることが難しくなります。
阪神にとっては、落とせない一戦です。

今季クリスジョンスンは、阪神戦18イニングで自責点1、防御率0.50
こちら、阪神の先発西は、広島戦44イニングで自責点13、防御率2.66
阪神にとって厳しい相手ですが、クリスジョンスンー石原のバッテリーがコーナーピッチングをしてくるものなら、四球を取るとかファウルで粘るという消極的なアプローチではなく、パーフェクトインサイドスイングで仕留めていかないと打ち崩せません。
梅ちゃん、大山、インローのボールが来たら逃さず本塁打打ったれや!
ちかもん、弱肩石原からどんどん走ったれ!
1試合最多盗塁の新記録を達成して石原の引退の花道を飾ったれや!
阪神としては、この試合に勝って対広島戦の負け越しを4年でストップさせて、逆転Aクラス入りの消滅を阻止したいところです。
西個人としても、来週DenA戦が組まれていますので、今回の広島戦に勝ってば、2年連続の2桁勝利があり得るので、是が非でも勝ちたいところです。
今季の広島打線は、総じて後ろ足のスパイクの外側に体重が乗らず、後ろの股関節のタメがありませんから、ゾーン内で、落ちる変化球、緩急を使ったピッチングをすれば、打たせて取ることも見逃し三振に取ることもできるでしょう。
絶対的な欠点のあるヘルウェグを出せば勝てるだなんてバカープファンはおめでたいのう。
阪神、中日は、共に広島に勝ち、CSでの下克上を望んでいるチビデブハゲブスでキモいバカープファンがお泣きになられるのを私は楽しみにしているよ。ぷぷぷぷぷ
ついでに、野球を知らないバカープファンが大好きなブタろー、巨人に行けや!
巨人のコーチになれば、いっぱい金もらえるぞ!
どこのカテでどこのチームを応援しようが俺の自由
ビジター席でカープのレプリカユニ着て応援しているバカープファンが俺に文句を言えるのかな~
他球団の応援をやめてくれって泣いて頼んでもやめてあげないよーだ。
どうぞ、このブログを読んでムキキキーとなって下さいな。

abstract

北條、ナイスバッティン!
性夜なんか抜き返したれや!
バカープ、ざまぁ!
コイツら西を打てないからスクイズをやるんじゃ。
スクイズなんか決められても痛くも痒くもありませんな~ぷぷぷぷぷ
スクイズなんて低級な野球をやるチームは勝てんのじゃ、ぷぷぷぷぷ
思い知ったか、バーカ!

西も菊池涼介のソロ1本に抑えた。
阪神、勝ったで~
広島戦5年ぶり勝ち越しじゃ~うひょひょひょひょ~
中日さんも、バカープなんかやっちまえよ。
永川が出てきてもスタンドに打ち込んでやれや!

阪神打線vsクリスジョンスン

1回裏、クリスジョンスンは、9球目、リリースの瞬間までに左膝が伸びて左足小指球で地面を蹴ってしまう。左足踵が一塁側に倒れる。右膝がほぼ突っ張るが、左腕上腕部が凹み、アウトローにストレート144キロをワンバウンドさせる。

6回裏、クリスジョンスンは、80球目、右肩関節を右肩甲骨に格納するのが左肘の推進に先行する手投げで真ん中高目にカットボール135キロが外れる。梅野に四球を与える。

西は、インハイ(右打者のアウトハイ)のストレート139キロを一塁線にバントする。
北條は、インサイドアウトスイングでアウトコース(右打者のインコース)ベルトの高さのストレート138キロを打って一ゴロ。これが進塁打となる。

二死三塁、クリスジョンスンは、90球目、リリースの瞬間までに左膝が伸びて左足小指球で地面を蹴ってしまう。左足踵が一塁側に倒れる。右膝がほぼ突っ張るが、左腕上腕部が凹み、ナックルカーブをアウトローにワンバウンドさせる。石原は三塁線方向にボールを弾く。
阪神1-2広島

近本は、92球目、アウトハイのストレート141キロをインサイドアウトスイングで左前安打
福留は、93球目、アウトコースベルトの高さのカットボール134キロにヘッドをボールの外側に入れてボールを引っ掛けて打ち、右前安打

二死一三塁、クリスジョンスンは、96球目、クリスジョンスンは、90球目、リリースの瞬間までに左膝が伸びて左足小指球で地面を蹴ってしまう。左足踵が一塁側に倒れる。右膝がほぼ突っ張るが、左腕上腕部が凹み、アウトローにチェンジアップをワンバウンドさせる。
阪神2-2広島

北條史也のバッティングvs菊池保則のピッチング

菊池保則は、11球目、リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足小指球で地面を蹴ってしまう。右足踵が右足つま先の真上に来ている。
リリースの瞬間、左膝が折れ曲がり、右腕上腕部が凹む。アウトローにフォークをワンバウンドさせる。

菊池保則は、16球目、右肘をつまみ上げる過程で両肩がM字になる。リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足の小指を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
リリースの瞬間に左膝が折れ曲がり、右腕上腕部が凹む。

梅野は、アウトコースベルトの高さのスライダーに対し、左膝で地面を蹴るが左膝が突っ張り切らず、両股関節をぶつけると右膝が真下に完全ではないが落ちるが、二塁定位置方向に右膝が向いている。
梅野は、左中間への二塁打を打つ。

菊池保則は、19球目、リリースの瞬間に右膝が伸び、右足小指を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。リリースの瞬間に左膝が突っ張らず、右腕上腕部が凹む。

北條は、真ん中低目のシュートに対し、左膝で地面を蹴って左膝を突っ張らせ、左股関節を引っ込める。両股関節をぶつけると、右膝は完全に落ち切らないが、真下に落ちる。右膝が投手の側に向いている。北條は左翼席に本塁打
阪神4-2広島

西勇輝のピッチングvs広島打線

西は、4球目、リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足の小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
リリースの瞬間、左膝がほぼ突っ張るが、左足がO脚になる。右腕上腕部が凹む。

菊池涼介は、左膝で地面を蹴って左膝を突っ張らせ、左股関節を引っ込める。両股関節をぶつけると、右膝は完全に落ち切らないが、真下に落ちる。右膝が投手の側に向いている。
左翼棒際に本塁打
阪神0-1広島

2回表無死走者無し、長野は、18球目、アウトローのシュート137キロにヘッドアップ
遊撃木浪は定位置、二塁手糸原は、定位置より一塁よりにポジション取り、木浪はフォアハンドで捕球してから一回転して右肘をつまみ上げたとき、右足のスパイクの外側に体重をかける。右足前脛骨筋も回外(内反)している。しかし、左足はスパイクの内側から着地するがインステップする。一塁送球がインハイに外れる。長野は内野安打で出塁

メヒアは、19球目、真ん中低目のシュート133キロに対し、左足を着地したとき、左肩を残し、振り下ろし始めに右肩が下がるが、ヘッドステイバック、ヘッドを残し右前に落ちる安打を打つ。

小園は、21球目、アウトコース(左打者のインコース)ベルトの高さのスライダー128キロにバナナカーブを作るがヘッドアップして差される。糸原は二塁に送球して一塁走者メヒアを二塁フォースドアウトにする。

一死一三塁、一塁は定位置よりやや前、三塁はほぼ定位置にポジション取り。石原は、22球目、アウトハイのストレート133キロに対し、ヘッドを頭の前に出し、左足小指球に体重をかけて一塁線にプッシュバント。
三塁走者が本塁に還る。阪神0-2広島

4回表、西は、43球目、リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足の小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
リリースの瞬間、左膝が折れ曲がり、右腕上腕部が凹む。アウトローにスライダーをワンバウンドさせる。

7回表、西は、80球目、リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足の小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
リリースの瞬間、左膝が折れ曲がり、左足がO脚になる、右腕上腕部が凹み、真ん中低目にスライダーをワンバウンドさせる。

西は、82球目、骨盤の回転方向と右肘の推進方向が逆になるダブルプレーン投球でインロー(左打者のアウトロー)にスライダーが外れ、小園に四球を与える。

8回表、西は、96球目、リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足の小指球を支点に右足が立ち、右足踵が三塁側に倒れる。
リリースの瞬間、左膝が折れ曲がり、右腕上腕部が凹む。アウトローにスライダーをワンバウンドさせる。

西は、101球目、左肩関節の左肩甲骨への格納が右肘の出に先行する手投げでアウトローにスライダーが外れ、鈴木に四球を与える。

西が104球目を投じた後、西がセットを解く前に一塁走者の鈴木はスタートを切る。
西は、胸の高さで右手でボールを持ったまま、プレートを外さずに右足のスパイクの外側を支点に右足つま先を二塁ベース方向、顔を一二塁間を向け、更に右足のスパイクの外側を支点に、左足は拇指球を支点に左足つま先を二塁ベース方向、右足つま先は一二塁間に向ける。
右足は小指球を支点に一二塁間に向け、左足の小指球で地面を蹴る。両足拇指球で地面を蹴ってシャッフル。両足を一二塁間に向ける。

右足はプレートの後ろに外し、左足つま先を一塁側に向ける。左足はインエッジで左足つま先を一二塁間に向ける。両足をプレートから外した状態から二塁方向に走り出す。右肘をつまみ上げたとき左足はスパイクの内側から着地するが、右足の小指球で地面を蹴ってしまう。
遊撃北條が二塁ベースに入る。西の二塁ベースへの送球が真ん中高目に外れる。北條は鈴木を一塁方向に追い詰める。北條は一塁ベースカヴァー、西は二塁ベースカヴァーに入る。送球を受けたマルテはボールを持ったまま鈴木を二塁方向に追い詰めてタッチする。