2019広島vsヤクルト19回戦安部が第7号決勝ソロ本塁打を打つ。

野手は、打者がミートした瞬間のボールの軌道とバットの当たり方、体の各部位の動きに応じてポジション取りから、ボールの追い方が決まっていきますから、野球をやっていた者であれば、傍観者になってからも打者がミートした瞬間のボールの軌道とバットの当たり方、体の各部位の動きによって、打球がどこに飛ぶかどこまで飛ぶかがわかります。
よって、ミートの瞬間に野手の正面に飛ぶとかフェンスを越えることなく失速するとかもわかります。

大資本メディアは、ユダヤ金融に雇われた工作員がフィクションしたことを後付けでストーリーにして労働者を洗脳するのが仕事です。

メディアは、巨人の優勝、広島が2位以下であることが既定であるかのように選手に誘導尋問をしていきます。マスゴミのクズっぷりに拍車がかかってきました。
広島は勝ち続けることによってしかこのシナリオを破壊することはできない。

石川雅規vs広島打線

1回表、石川は、9球目、最大外旋位が大きい。しかし、リリースの瞬間までに左膝が下を向き、左足踵が左足小指球を支点に一塁側に倒れる。後ろ足を軸に骨盤が回る。
リリースの瞬間に右膝が突っ張るが左腕上腕部が凹む。インロー(右打者のアウトロー)にシンカーをワンバウンドさせる。

菊池涼介は、左足を着地してから、右足の拇指球を支点に後ろ足を軸に骨盤が回り、これを空振り三振

鈴木は、真ん中のチェンジアップに、右足がインエッジの状態からストライドが広がり、フルスイングができずに見逃し三振。

3回裏、石川は、逆「く」の字を作ったとき、右足内転筋を内旋しているが、左足前脛骨筋が回内(外反)し、左膝が内に入る。
リリースの瞬間に左足の小指球を支点に左足踵が一塁側に倒れる。右膝は突っ張るが左腕上腕部が凹む。

鈴木は、真ん中低目のスライダーに対し、振り下ろし始めに右肩を下げ、ヘッドステイバック、左膝で地面を蹴って左股関節を引っ込める。両股関節をぶつけ、ヘッドをボールの外側に入れて擦り下ろす。ヘッドをボールの下に潜らせてバックスピンをかける。右膝が真下に落ちる。
鈴木は中堅壁に本塁打を打つ。
広島2-2ヤクルト

5回裏、西川は、アウトローのシンカーに対し、左足の踵が地面を離れるが、左足前脛骨筋を回外(内反)することによって左足の拇指球と小指球に体重を乗せる。右膝で地面を蹴って右膝を突っ張らせ右股関節を引っ込めステイバックする。右手の拳で左手人差し指の付け根を押し戻してヘッドに手首のラインを越えさせボールの外側を擦り下ろす。ヘッドをボールの下に潜らせる。インパクト後、右肩を右肩関節に格納しながら押し手を放すので手首を返さない。
故に左前に落ちる。

菊池涼介は、真ん中のシンカーに対し、ヘッドをボールの外側に入れてボールを引っ掛けて打つ。左中間に二塁打
広島3-4ヤクルト

鈴木誠也は、インハイ(右打者のアウトハイ)のシンカーに対し、ヘッドをボールの外側に入れてボールを引っ掛けて打つ。左前安打
広島4-4ヤクルト

野村祐輔vsヤクルト打線

1回表二死走者無し、山田は、アウトローのストレートに対し、ヘッドアップする。
菊池涼介は、打球の軌道の正面に入り両手をグラブに添える、体の方に打球が近づいてくるので、しかも両腕の前腕部がロックされるので、バウンドに対応できずに弾いて後逸する。

會澤は、右肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかるが、右足の拇指球を支点に右膝が内に入る。左足がインステップ。二塁送球がインハイに外れる。
山田哲人が二盗に成功。
二死二塁、野村は、19球目、「く」の字を作ったとき、右腕前腕部を回内し右肩を左肩よりも若干下げる。左足内転筋を内旋している。右足のスパイクの外側の踵に体重をかけステイバック、右足前脛骨筋も回外(内反)しているが、わずかに右膝が前に倒れる。骨盤が三塁側に滑る。

バレンティンは、19球目の真ん中低目のチェンジアップに対し、、ヒッチしてからストライドを狭めて左足を着地、左膝で地面を蹴って左股関節を引っ込める。両股関節をぶつけると右膝が完全ではないが真下に落ちる。右足の拇指球で地面を蹴って重心を後ろ足に残さない。中堅塀直撃の二塁打
広島0-1ヤクルト

2回表無死走者無し、野村は、25球目、「く」の字を作ったとき、右腕前腕部を回内し右肩を左肩よりも若干下げる。左足内転筋を内旋している。右足のスパイクの外側の踵に体重をかけステイバック、右足前脛骨筋も回外(内反)しているが、わずかに右膝が前に倒れる。骨盤が三塁側に滑る。
これだと瞬発力をロスし、打者は間が作れる。

村上は、25球目の真ん中のチェンジアップに対し、振り下ろし始めに左肩を肩を下げ、わずかにヘッドステイバック、右膝で地面を蹴って右股関節を引っ込める。両股関節をぶつけると左膝が投手の方を向く。
村上は右中間席に本塁打
広島0-2ヤクルト

4回裏二死満塁、石川は、真ん中のスライダーに対し、左足がインエッジの状態でブレーキの利かない踵体重になり、左足も踵に体重がかかったまま、ヘッドをボールの外側に入れる。右膝は突っ張らないが右肩が残っている。右手の拳で左手人差し指の付け根を押し戻してヘッドに手首のラインを越えさせる。
フォロースルー期になって右膝が突っ張る。
石川は左前安打を打つ。
広島2-4ヤクルト

広島のリリーフ投手vsヤクルト打線

5回表、島内は、15球目、リリースの瞬間に両股関節をぶつけ右膝が真下に落ち外側に外れる。右足の拇指球から小指球を支点に右足つま先の真上に右足の踵が来る。
左膝が突っ張るが右腕上腕部が凹む。左足の踵を支点に上体を一塁側に倒し、右足を一塁側にターン、両足をクロスさせる。
バレンティンは、15球目、真ん中のストレート151キロに対し、右足がインエッジの状態からストライドが広がりフルスイングができずに見逃し三振
8回表、遠藤は、14球目、リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足の拇指球から小指球までを支点に右足が立ち、右足のつま先の真上に右足踵が来る。後ろ足を軸に骨盤が回る。
左足が折れ曲がり、左足がo脚になる。右腕上腕部が凹む。

村上は、14球目、アウトコース(左打者のインコース)ベルトの高さのチェンジアップに対し、右膝で地面を蹴って右膝を突っ張らせ右股関節を引っ込める。両股関節をぶつけると左足の親指を支点に左足首、左膝が前に飛び出す。
村上は、右中間への飛球に終わる。

9回表一死満塁、中﨑は、13球目、右肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかるが両肩がM字になる。
リリースの瞬間、右膝が伸び、右足の拇指球から小指球を支点に右足のつま先の真上に右足の踵が来る。左膝が突っ張るが右腕上腕部が凹む。

青木は、13球目の真ん中低目のスライダーに対し、右膝で地面を蹴って右膝を突っ張らせ右股関節を引っ込める。両股関節をぶつけると左足の親指から小指を支点に左足首、左膝が前に飛び出す。
青木は二直に終わる。

二死満塁、中﨑は、18球目、リリースの瞬間、右膝が伸び、右足の拇指球から小指球を支点に右足のつま先の真上に右足の踵が来る。左膝が突っ張るが右腕上腕部が凹む。

山田哲人は、18球目、真ん中低目のストレート147キロに対し、左足の着地のときに左肩を残す。左膝で地面を蹴って左股関節を引っ込めるが左膝が突っ張り切らない。両股関節をぶつけたときに右膝が真下に落ちるが打球は失速。
山田哲人は、右飛に終わる。

ヤクルトのリリーフ投手vs広島打線

5回裏、平井は、右足のスパイクの外側の踵にに体重をかけ右股関節を外旋して左膝をレッグアップ。
「く」の字を作ったとき、左足内転筋を内旋し、右足前脛骨筋も回外(内反)しており、右膝が前にも倒れす外側にも逃げない。右腕前腕部を回内し右肩を左肩よりも下げる。

右肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかるが、少し両肩がM字になる。右足のスパイクの内側でエッジをかけてしまっている。左手は小指が上で左肩を内旋している。
左膝下を「く」の字にして左膝と左肘を並進、左足はスパイクの内側から着地する。

担いで両肩峰をぶつけるように投げる。
リリースの瞬間に右膝が伸び、右足小指球を支点に右足踵が三塁側に倒れる。左膝はほぼ突っ張るが、左足が少しo脚になる。左足の着地から右肘の推進までの間は短い方である。

サンタナは、インコースベルトの高さのフォークをヘッドアップし三塁線へのゴロ。大引が三塁キャンバスを踏んで三塁フォースドアウト

8回裏、ハフは、逆「く」の字を作ったとき、右足内転筋を内旋し、左足のスパイクの外側に体重をかけ左足前脛骨筋も回外(内反)している。しかし、左膝が内に入る。
リリースの瞬間までに左膝が下を向き、左足の拇指球から小指球までを支点に左足の踵が一塁側に倒れる。後ろ足を軸に骨盤が回る。
リリースの瞬間に右膝が突っ張らない。

安部は、探りのときに右足の内踝が前に倒れ、ストライドが広がる。しかし、振り下ろし始めに左肩を下げヘッドステイバック、頭とヘッドの軌道が離れない。
右膝で地面を蹴って右膝を突っ張らせ右股関節を引っ込める。両股関節をぶつけると左膝が完全ではないが真下に落ちる。
安部は、右翼席に本塁打を打つ。広島5-4ヤクルト

試合経過

1回表

野村は、8球目、アウトロー(左打者のインロー)にカーブ115キロをワンバウンドさせる。

野村は、12球目、インローにチェンジアップ131キロをワンバウンドさせる。

3回表

野村は、39球目、アウトロー(左打者のインロー)にストレート142キロをワンバウンドさせる。

野村は、57球目、アウトローにカーブ115キロをワンバウンドさせる。

4回表

野村は、86球目、アウトロー(左打者のインロー)にチェンジアップ131キロをワンバウンドさせる。

5回表

島内は、5球目、インローにストレート150キロをワンバウンドさせる。

島内は、10球目、アウトローにスライダー135キロをワンバウンドさせる。

9回表

中﨑は、12球目、アウトロー(左打者のインロー)にストレート144キロをワンバウンドさせる。

1回裏

石川は、9球目、インロー(右打者のアウトロー)にチェンジアップ115キロをワンバウンドさせる。

石川は、12球目、アウトロー(右打者のインロー)にカットボール132キロをワンバウンドさせる。

5回裏

石川は、68球目、アウトローにフォーク124キロをワンバウンドさせる。

石川は、78球目、インロー(右打者のアウトロー)にフォーク123キロをワンバウンドさせる。

7回裏

近藤は、6球目、アウトローにスライダー134キロをワンバウンドさせる。