2019広島vsDeNA16回戦アドゥワ7回3失点自責0西川11号2ラン

金融資本以外の者は労働の対価を取り上げらえて、なかったことにされて、実際には貸した金が返ってきたにもかかわらず借りたことにされて、労働力を再生産させられて働き続けさせられる。子供を作らされて自分の死後も働いて借金を返させられる。

昭和天皇は、スイスにあるユダヤ金融のプライベートバンクに金融資産を隠匿させてもらうことと引き換えに広島と長崎の原爆投下を受け容れた。
核開発製造を始め戦争に関する労働をさせると金融資本は儲かる。
多くの労働者は、ユダヤ金融の利潤のおこぼれを戦後も享受して戦争に協力してきた。
ユダヤ金融は、自分たちが被害者であると嘘の物語を書かせてきた。
日本人は戦後も昭和天皇に最敬礼して最高敬語を使い続けてきた。
平和を願っているだなんて欺瞞でしかないのだ。
多くの大人は、ユダヤ金融の使いっぱ達に自分が労働している場所で戦争ごっこをさせないでくれ、自分が労働していない場所で戦争を引き起こしてくれと望んでいるのだ。
「多くの犠牲者のおかげで今の平和がある」だなんてどれだけ奴隷の道徳に洗脳されてんだよ。ユダヤ金融のしてきたことを正当化してんじゃねえよ。
「ピースナイター」なんて価値、属性を付与せずに、他の142試合と同じく、労働に付ける価値を下げて利潤を得る、サービスと交換に金をもらうビジネスとしての試合として興行をしたと言えよ。
よって、ここから先は、他の142試合同様、フィジカル面、技術面のことしか書きません。

上茶谷のピッチングvs広島打線

2回裏二死二塁、小園は、インハイ(左打者のアウトハイ)のストレートにヘッドがボールの内→下に入りヘッドアップさせてしまう。しかい、三塁宮﨑が前進守備であったことから三遊間を破る安打となる。広島1-3DeNA

3回裏、上茶谷は、37球目、リリースの瞬間に右足の外側の踝が下を向き右膝が真下に落ち切り左膝が折れ曲がる。右腕上腕部が凹み、アウトロー(左打者のインロー)にフォークをワンバウンドさせ西川に四球を与える。

上茶谷は、50球目、リリースの瞬間に右足の外側の踝が下を向き右膝が真下に落ち切り左膝が折れ曲がる。右腕上腕部が凹み右肘が沈み、スライダーをアウトローにワンバウンドさせ鈴木に四球を与える。

松山は、アウトロー(左打者のインロー)のカットボールに対し、割れを作って右足を着地、右膝で地面を蹴って右股関節を引っ込める。両股関節をぶつけると左膝が外側に外れる。しかし左肘が右股関節の前に出てヘッドをボールの外側に入れる。最後はヘッドアップしてしまうが、右翼線の安打を打つ。広島2-3DeNA

4回裏二死一塁、上茶谷は、74球目、「く」の字を作ったとき、右腕前腕部を回内し右肩を左肩よりも下げる。左足内転筋を内旋し、右足のスパイクの外側の踵寄りに体重をかけるが右足前脛骨筋が回内(外反)し右膝が前に倒れる。骨盤が三塁側に滑る。

西川は、74球目のインハイ(左打者のアウトハイ)のストレートに対し、右膝で地面を蹴って右股関節を引っ込めてヘッドステイバック、格納しながらスイング、左膝の拇指球を支点にして左膝が飛び出るのを抑止、左膝は伸びるが投手の方に向いている。フォロースルーで左膝は落ち切らないが真下に落ちる。
西川は左翼席に本塁打
広島4-3DeNA

DeNAのリリーフ投手vs広島打線

6回裏無死走者無し、齋藤俊介は、3球目、右足のスパイクの外側の踵寄りに体重をかけ右股関節を外旋して左膝を骨盤より高くレッグアップする。左膝を内入れしてから「く」の字を作る。
「く」の字を作ったとき、左足内転筋は内旋しているが右足の踵がわずかに地面を離れる。右足のスパイクの外側に体重がかかっているが右足前脛骨筋が僅かに回内(外反)し右膝が僅かに内に入る。骨盤が三塁側に滑る。右腕前腕部を回内し右肩をわずかに左肩より下げる。
右腕は、骨盤の横より若干前まで引くに止め捻転差は大きくない。右足のスパイクの外側でエッジをかけている。右膝が更に前に倒れる。
右肘をつまみ上げたときに右足の拇指球を支点に右膝が内に入る。左足はスパイクの内側から着地するが左手は親指が上に切り替わる。左肩が開く。
リリースの直前に右足の小指球を支点に右足が立ち、右足の外側の甲が三塁側に傾く。右膝が真下に落ちかかる。後ろ足を軸に骨盤を回している。
リリースの瞬間に左膝は突っ張るが左膝下がo脚になり右腕上腕部が凹む。
菊池涼介は、3球目の真ん中のスライダーに対し、左足をインステップし左膝で地面を蹴って左股関節を引っ込める。押し手主導でスイングし、両股関節をぶつけると右膝が真下に落ち始める。右足の拇指球で地面を蹴って後ろ足に重心を残さない。
菊池涼介は左翼席に本塁打
広島7-3DeNA

7回裏、藤岡は、14球目、リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち右足の小指球を支点に右足が立ち右足のつま先の真後ろに右足の踵が来ている。後ろ足を軸に骨盤を回している。
リリースの瞬間、左膝は突っ張るが右腕上腕部が凹み右肘が沈む。アウトロー(左打者のインロー)にシンカーをワンバウンドさせる。
坂倉は、右足の踵から着地し左足の拇指球を支点に左膝が内に入り、振り下ろし始めに左肩が下がり、左足の拇指球を支点に後ろ足を軸に骨盤が回りこれを空振り三振

アドゥワのピッチング

1回表、アドゥワは、4球目、リリースの瞬間までに右膝が真下に落ち、右足の拇指球で地面を蹴ってしまい、リリースの瞬間に左足は突っ張るが右腕上腕部が凹み、ストレートをアウトロー(左打者のインロー)にワンバウンドさせてしまう。後ろ足を軸に骨盤を回している。
アドゥワは、32球目にカーブをワンバウンドさせたときもこの投げ方をしている。

2回表一死走者無し、アドゥワは、18球目、リリースの瞬間までに右足の小指球を支点に右足が立ち、右足のつま先のほぼ真後ろに右足の踵が来て右膝が真下に落ちている。後ろ足を軸に骨盤を回している。リリースの瞬間に左膝が突っ張らず右腕上腕部が凹み、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる。

ロペスは、20球目、アウトハイのストレートに対し、ヘッドをボールの外側に入れるが若干ヘッドアップ、メヒアは三塁線寄りに守り三塁線側に重心が傾いた分、対応が遅れ左前に抜けていく。
戸柱がインロー(左打者のアウトロー)のストレートにをインサイドアウトスイングで左前安打を打つ。

石川は、アウトロー(左打者のインロー)のスライダーに対し、格納しながらスイング、ヘッドに手首を越えさせて左前安打を打つ。
センター方向に切れていく打球を松山がフォアハンドでグラブを出すが後逸
広島0-2DeNA

アドゥワは、31球目、右腕上腕部を外旋してトップを作る前に右腕前腕部が回外、拇指球を支点に右足が立ち、右膝が外に飛び出していく。左肩、左膝が開く。

上茶谷は、31球目の真ん中低目のストレートに対し右肘をヘッドの外側に張り出しストライドを狭めて押し手主導でヘッドをボールの外側に入れて中前安打
広島0-3DeNA

4回表、アドゥワは、61球目、リリースの瞬間までに右足の小指球を支点に右足が立ち、右足の外側の甲が下を向き右膝が真下に落ちている。後ろ足を軸に骨盤を回している。リリースの瞬間に左膝が突っ張らず右腕上腕部が凹み、チェンジアップを真ん中低目にワンバウンドさせる。

6回表、アドゥワは、上体を一塁側に倒し、左足のスパイクの外側で地面を蹴って一塁側にターン。
筒香を遊飛、ロペスを捕邪飛、戸柱を三振に仕留める。

8回表、今村は、リリースの瞬間までにに右足の外側の甲が下を向き、右膝が真下に落ちる。リリースの瞬間に左足が突っ張らずに右腕上腕部が凹み、フォークをワンバウンドさせる。

筒香は、左足がインエッジからオープンに右膝を運びストライドが広がる。左足の拇指球を支点に後ろ足を軸に骨盤が回る。左膝が真下に落ちる。筒香はこれを空振り三振