2019広島vs巨人15回戦プロ初先発のモンティージャ2回1/3を3失点(自責2)復帰登板の中村恭平も打たれる

モンティージャは、フランスアが支配下選手登録された段階の水準に達していないと筆者は述べてきた。モンティージャが巨人打線に通用しないであろうというのはその通り。しかし、山口俊はサンドアーム寄りのスリークォーター、大竹寛はスリークォーターだが同レベルの投手。菅野とは格差がある。山口俊は巨人のエースではない。
バカープファンの戦前予想は始まる前から山口俊だから打てないだろう、負けを覚悟しているという低脳なものが殆どだ。

プロ初先発モンティージャのピッチング

1回表一死から、山本泰寛は、右足のスパイクの外側に体重を乗せてから右肘をヘッドの外に張り出して押し手主導でスイング、インハイ(右打者のアウトハイ)のストレート151キロにヘッドアップするが右前安打
丸は、インローのストレート150キロに、右足を着地したときに左足前脛骨筋が回内(外反)せず左膝が前に倒れない。ヘッドアップするが右前安打
坂本は、インロー(右打者のアウトロー)のストレートにヘッドアップして遊ゴロ。
打球の軌道と三塁に走る走者が交錯、小園は打球の軌道の正面に入り両足の間隔が広がりファンブル。
モンティージャは、一死満塁から左足のスパイクの外側の踵寄りに体重をかけて左股関節を外旋して骨盤より上に右膝を上げる。
右膝を内入れせずに真下に落とす。
逆「く」の字を作ったとき、左足踵が地面を離れ左足小指球を支点に左足前脛骨筋が回内(外反)し左膝が内に入り、フットファーストで右足を踏み出している。左腕前腕部を回内し左肩を下げるが右肩よりも下がらない。
左腕は骨盤の横よりもわずかに前まで引き捻転差は小さい。
左肘をつまみ上げたときに右手は小指が上になっているが両肩甲骨がぶつからない。右足はスパイクの内側の踵から着地する。他の左投手同様にインステップする。
左腕上腕部を外旋してトップを作る前に両肩甲骨がぶつかる。右足はスパイクの外側に重心が移る。
リリースの直前に左膝が真下に落ち、リリースの瞬間に左足の拇指球を支点に地面を蹴ってしまっている。左膝が外側に外れる。すなわち後ろ足を軸に骨盤を回している。リリースの瞬間に右足が突っ張らない。左肘が上がらず、左肘が右股関節よりも前に出ていかない。
左腕前腕部を回外したときに左足を三塁側にターンさせるが右足の壁が崩れる。
左股関節の外旋が足りないことが土台となって瞬発力がロスする投げ方になっている。
亀井は、右足のストライドを狭めて着地、ヘッドを立てるが左肘がヘッドの内に入る。割れが足りないが左膝が内に入らず外側にも逃げず左足前脛骨筋が回内(外反)していない。
亀井は、真ん中低目のストレート153キロにヘッドアップするが打球はセンター前に抜けていく。広島0-1巨人

3回裏一死満塁から、モンテージャは、リリースの直前に左膝が真下に落ち、リリースの瞬間に左足の拇指球を支点に地面を蹴ってしまっている。左膝が外側に外れる。すなわち後ろ足を軸に骨盤を回している。リリースの瞬間に右足が突っ張らない。左肘が上がらず、左肘が右股関節よりも前に出ていかない。
ゲレーロは、真ん中のストレート148キロに対し、左膝で地面を蹴ってヘッドステイバック、振り下ろし始めに右肩を下げてカチ上げる。ゲレーロは左中間塀直撃の二塁打を打つ。
広島0-3巨人
ここでアドゥワに交代
モンティージャは、課題が修正されておらず、まだまだだ。

二死二三塁から、山口俊は、インハイのスライダーをヘッドアップ。アドゥワの頭上を越える。アドゥワは、右肘をつまみ上げたときにスパイクの外側に体重をかけるが、左足がインステップ、送球がインローに逸れる。バティスタは山口俊の右足にタッチし、巨人の4点目は成立しない。

中村恭平のピッチング

中村恭平が投じたのは右打者にとってダウンorアッパーで割れを作って振れば芯が通過するアウトロー(右打者のインロー)のホームランボールで、球種はストレート152キロ。
中村恭平は、逆「く」の字を作ったとき、右足内転筋は内旋しているが左足の踵が地面を離れ、左足前脛骨筋は回外(内反)しているものの左膝が内に入る。

左肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかるが左膝が外側に逃げる。
リリースの直前に左足の小指球を支点に左足が立ち左足踵が左足のつま先の後ろに来て左膝が真下に落ちる。後ろ足を軸に骨盤を回してしまっている。右膝が折れ曲がり左腕上腕部の付け根が凹む。

若林は、左足をオープンに運び、左股関節を引っ込めヘッドステイバック、振り下ろし始めに右肩を下げる。両股関節をぶつける前に右足の拇指球を支点に右膝が入り始めるが右足内転筋を外旋して押し戻す。インパクトの瞬間に左膝は完全には突っ張り切らないが両股関節をぶつける。右膝が完全に落ち切らないが真下に落ちる。若林は、左翼席に本塁打を打つ。
広島1-5巨人

島内颯太郎のピッチング

島内は、リリースの瞬間に左膝で地面を蹴って左足が突っ張り左股関節を引っ込めている。しかし、リリースの直前に右膝が真下に落ち、リリースの瞬間に右足の小指球で地面を蹴ってしまっている。後ろ足を軸に骨盤を回している。リリースの瞬間に右腕上腕部が凹み、アウトロー(左打者のインロー)にスライダーをワンバウンドさせる。坂倉がこれを後逸し一塁走者、二塁走者がそれぞれ進塁し一死二三塁となる。

重信は右膝で地面を蹴って右股関節を引っ込めインパクトの瞬間に左膝が外側に外れるが中飛を打つ。これが犠飛となり、広島5-8巨人

山口俊のピッチング

山口俊は、全112球の内、ワンバウンドさせた投球は7球だが、立ち上がりからリリースの瞬間に右腕上腕部を凹ませて投げる投球が多い。
4回二死一二塁、山口俊は、61球目、リリースの直前に右膝が真下に落ち後ろ足を軸に骨盤が回っている。リリースの瞬間に右足の小指球で地面を蹴っている。左膝が突っ張らず、右腕上腕部が凹む。
真ん中低目にフォークをワンバウンドさせる。
磯村は、左足の着地とシンクロして後ろ体重になって骨盤が回り、これを空振り三振。
広島打線は、山口俊を助けたことは否めない。

8回表、山口俊は、リリースの直前に右膝が真下に落ち後ろ足を軸に骨盤が回っている。リリースの瞬間に右足の小指球で地面を蹴っている。左膝が突っ張っているが、右腕上腕部が凹む。
西川は、インコース(左打者のアウトコース)ベルトの高さのストレートに対し、右足を着地したとき左足前脛骨筋が回外(内反)し、左膝が前にも倒れず外側にも逃げない。
右膝で地面を蹴って右股関節を引っ込め、ヘッドをボールの外側に入れる。両股関節をぶつけると左膝が投手方向に向き真下に完全に落ち切らないが落ちる。
西川は中堅塀右に本塁打を打つ。
広島2-7巨人

一死一二塁から山口俊は、リリースの瞬間に左足は突っ張るが右膝が外側に外れ右腕上腕部が凹む。

松山は、アウトロー(左打者のインロー)のフォークに対し、割れを作ってスパイクの外側に体重をかける。右膝で地面を蹴って右股関節を引っ込め、左肘が右股関節の前に出る。インパクトの瞬間に両肘が伸びてしまい左膝が外側に逃げるが右翼席に入る本塁打を打つ。
広島5-7巨人

まとめ

いずれの投手も投球内容にメンタルは関係ない。
フィジカル面、技術面に課題がある。
巨人打線は、振れていないが、最低限の打撃の動きができていた。

モンティージャを降格させるにしても、横振りで打者と胸が合うヘルウェグやローレンスを昇格させて使うのはやめていただきたい。
振り下ろす直前にヘッドが寝るメヒアを昇格させても打線の強化にはならない。

試合経過

1回裏

モンティージャは、5球目、アウトロー(右打者のインロー)にスライダー135キロをワンバウンドさせる。

モンティージャは、10球目、アウトロー(右打者のインロー)にフォーク135キロをワンバウンドさせる。

モンティージャは、11球目、真ん中低目にスライダー132キロをワンバウンドさせる。

モンティージャは、15球目、アウトローにストレートをワンバウンドさせる。

3回裏

モンティージャは、52球目、アウトロー(右打者のインロー)にスライダー136キロをワンバウンドさせる。

モンティージャは、56球目、アウトローにスライダー134キロをワンバウンドさせる。

モンティージャは、60球目、アウトロー(右打者のインロー)にスライダー134キロをワンバウンドさせる。

アドゥワは、1球目、アウトロー(右打者のインロー)にスライダー123キロをワンバウンドさせる。

4回裏

アドゥワは、11球目、アウトローにチェンジアップ124キロをワンバウンドさせる。

6回裏

中村恭平は、10球目、アウトローにスライダー140キロをワンバウンドさせる。

中村恭平は、11球目、アウトローにスライダー137キロをワンバウンドさせる。亀井は、これを空振りする。

7回裏

島内は、16球目、アウトロー(左打者のインロー)にフォーク136キロをワンバウンドさせる。

8回裏

島内は、29球目、アウトロー(左打者のインロー)にフォーク137キロをワンバウンドさせる。

島内は、34球目、アウトロー(左打者のインロー)にフォーク130キロをワンバウンドさせる。

島内は、38球目、アウトロー(左打者のインロー)にフォーク136キロをワンバウンドさせる。

1回表

山口俊は、6球目、アウトローにスライダー132キロをワンバウンドさせる。

山口俊は、13球目、アウトローにスライダー131キロをワンバウンドさせる。

山口俊は、18球目、アウトロー(左打者のインロー)にフォーク135キロをワンバウンドさせる。

2回表

山口俊は、30球目、アウトロー(左打者のインロー)にスライダー133キロをワンバウンドさせる。

4回表

山口俊は、61球目、真ん中低目にフォーク135キロをワンバウンドさせる。

5回表

山口俊は、67球目、アウトロー(左打者のインロー)にカーブ117キロをワンバウンドさせる。

6回表

山口俊は、83球目、アウトロー(左打者のインロー)にスライダーをワンバウンドさせる。

8回表

中川は、4球目、アウトローにスライダー130キロをワンバウンドさせる。