2019広島vs中日14回戦打線が振るわずに引き続きカード3タテを食らう。

負けが続くとこっちは一生懸命応援しているのにバカにしてくる奴がいるって?
それはお前らがバカだから。
それはお前らがリスペクトできる人間じゃないからだよ。
イケメン高身長がチビを嘲笑するのと同じ。
すっぴんで平行二重の美人がメザイクブスを嘲笑するのと同じ
ヒョロガリがデブをディスるのと同じ
偏差値の高い学生がFラン大学の学生をディスるのと同じ。
俺は、イケメン高身長で容姿にコンプがないからチビデブハゲブスをまとめてディスってあげるだけ。
何でいじめるのって?
それは面白いからだよ。
メンタルが傷ついたって?
でもメンタルって実体がないよね。ぷぷぷぷぷ

始まる前から勝てるわけがない試合であるとわかっていたので負けたことついては何とも思わない。

新加入三好匠のバッティング

ロメロは、逆「く」の字を作ったとき、左腕前腕部を回内し左肩を右肩よりも下げる。左足はインエッジで、左足前脛骨筋、左足が前に倒れ、右脚をフットファーストで踏み出す。
左肘をつまみ上げたときに両肩甲骨はぶつかるが、左足の拇指球を支点に左膝が外側に外れる。
リリースの瞬間に左足拇指球を支点に左足拇指球の真後ろに踵が来て左膝が伸びる。右足は突っ張らない。左腕上腕部が凹む。瞬発力がボールに伝わらない。

6回表、三好は、割れを作ったときに右肘がヘッドの外に張り出す。右足の前脛骨筋が前に倒れていない。左足を着地し左膝が突っ張り左股関節が引っ込む。左足の踵を支点にヘッドステイバック。右膝を限界まで落としていないが真下に落として右足拇指球で地面を蹴る。
当てただけのように見えて押し手主導でインサイドアウトで打てています。
三好は、インコース(右打者のアウトコース)ベルトの高さのチェンジアップを打って右中間を破る二塁打。
田中広輔、髙橋大樹はヘッドの外に押し手の肘が張り出さない。

石原にKJ、こいつらにまともなバッティングを求める方が野暮ってものよ。
Maxでゴロゴーで1点
1点じゃ足りないのだから代走に田中広輔を出した段階でこれは愚策であると思った。

で、石原、KJは、共にヘッドアップ。
石原はインロー(右打者のアウトロー)のストレートを打って遊ゴロ
ジョンスンはアウトローのカットボールを打って一ゴロ

こんなんで勝ったら技術水準の面で日本のプロ野球はお終いだ。

7回表一死一三塁から小窪は、割れが足りず左足の着地と同時に後ろ足を軸に骨盤が回る。
小窪はインハイ(右打者のアウトハイ)のストレートを空振り三振

田中広輔は、アウトハイのカットボールをヘッドアップして一ゴロ。

9回は、マルティネスが登板
鈴木誠也は、9回表、二死二塁から割れの後、ストライドが広がり後ろ足を軸に骨盤が回り着地が遅れる。フルスイングできずにアウトコースベルトの高さのストレートを見逃し三振

クリスジョンスン、カイルレグナルトのピッチング

1回裏、ジョンスンは、逆「く」の字を作ったとき左股関節の外旋が解けて左膝が内に入り始める。左肘が上がらず手首が寝てアウトローにストレートが外れて平田に四球を与える。
大島は、アウトローのツーシームをヘッドアップして差され、二ゴロ
堂上は、真ん中低目のナックルカーブに泳いで右飛
ビシエドは、ストライドが広がってインロー(右打者のアウトロー)のナックルカーブを見逃し三振
ジョンスンは、2回裏、31球目、リリースの瞬間に左足の踵が一塁側に倒れ、左足の外側の甲が下を向き左膝が伸びる。右足がo脚になり左腕上腕部の付け根が凹み、ナックルカーブをアウトロー(右打者のインロー)にワンバウンドさせる。

武田は、左足の着地と同期して後ろ足を軸に骨盤が回り右足の拇指球で地面を蹴る。武田は空振り三振
ジョンスンの投球内容が良かったのではなく、中日の拙攻で7回表まで無得点

7回裏、左肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかるが左足小指球を支点に左膝が内に入る。リリースの瞬間に左足の小指球を支点に左足踵が一塁側に倒れ左膝が伸びる。左腕上腕部が凹む。アルモンテ(右打席)は、アウトコース(右打者のインコース)ベルトの高さのストレートをヘッドアップして差されて遊ゴロ
この回で交代でいいだろう。

8回裏スコアは、広島1-0中日、二死満塁
レグナルトは、12球目、リリースの瞬間に左膝が外側に外れ、左腕上腕部が凹む。アウトコース(インコース)ベルトの高さにストレートが外れる。

15球目、逆「く」の字を作ってときに左腕前腕部を回内し左肩は右肩よりも下げている。しかし、左足の踵が地面を離れ、左足の小指球を支点に左前脛骨筋、左膝が前に倒れる。フットファーストで右足を踏み出す。
リリースの瞬間に右足は突っ張っているが、両股関節をぶつける前に左膝が外側に外れ左足の拇指球で地面を蹴ってしまっている。後ろ足で骨盤を回してしまっている。
インロー(右打者のアウトロー)にストレートが外れ藤井(右打席)に四球を与える。

更に、レグナルトは、16球目、リリースの瞬間に両股間節をぶつける前に左膝が真下に落ちて左足の拇指球で地面を蹴っている。後ろ足で骨盤を回しており、手投げになっているのだ。
左腕上腕部が凹む。アウトローにスライダーをワンバウンドさせる。

18球目、リリースの瞬間に左膝が外側に外れ左腕上腕部が凹む。アウトローにスライダーが外れる。

19球目、ダブルプレーンの投げ方になってインハイにストレートが外れる。
京田に四球を与え、広島1-2中日と逆転

レグナルトの連続押し出しは、プレッシャーとかメンタルは関係ない。フィジカル面、技術面が原因である。
前述のように9回表はマルティネスが広島打線を抑えて中日が逆転勝ち

後半戦のみどころ

オールスター明け、飯塚はパワー系スリークォーター、上茶谷はストライクが入らないから四球で走者を貯めても差される。濵口は左のオーバーハンドで今の広島打線には打てない。DeNAには三連敗するだろう。今の広島には僅差で勝つ実力はない。
巨人三連戦の頭がサイドハンドに近いスリークォーターの山口俊。後ろの股関節を使ってボールの軌道と手首との距離が取りやすい。広島打線がワンバウンドのフォークを振らなければ山口俊をボコって4回6失点で降板させて九里が7回1失点、敗戦処理で出てきた田口、大江、野上らからも点を追加し11-1ぐらいで勝つのではないか。
私は、広島の連敗は、14まで伸びると見ている。
次いでに言うとメルセデスは打てるが、髙橋優貴は打てない。野村祐輔はメルセデス以上に打たれる。巨人戦は広島の1勝2敗
今オフ巨人入りが確実な會澤、巨人では山口俊ともバッテリーを組むんだな。
頭にぶつけた投手とぶつけられた捕手がバッティリーを組むとなると川上憲伸と谷繁以来だ。