2019広島vsオリックス3回戦,貧打が続き延長に入る。菊池保則,藤井皓哉が大量計9失点

広島打線は貧打が続き、ホームゲームの場合、最終回に入る前の段階で引分けであれば最も優れた投手から投げさせる。チーム一のパワーピッチャーであるフランスアをつぎ込んでも勝ち越せない。チームにとってフィジカル面でダメージの大きい試合となった。

田嶋大樹のピッッチングvs広島打線

田嶋は、左股関節を外旋して右膝をレッグアップする。二回目のレッグダウン後、右膝を内に入れるが、ここでも左股関節を外旋、右足内転筋も内旋している。
逆「く」の字を作ったとき、左股関節の外旋、右足の内転筋を内旋しているが、左足前脛骨筋が前に倒れ始める。逆「く」の字の後半には右膝が前に倒れ始める。フットファーストで右足を踏み出す。
左腕前腕部を回内し左腕を背中の方に引くが、捻転差は横に小さくい。
左肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかる。しかし、左足の踵が地面を離れ、左足の小指球を支点に左膝が外に外れる。右足はスパイクの内側から着地する。
リリースの瞬間に右足が突っ張る。左足の踵が三塁側に倒れ左膝が真下落ち、左膝から頭まで三塁側に向かって曲線のカーブができる。コッキング、体軸の傾き、肘の高さを総合するとスリークウォーターの投手である。
2回裏、髙橋大樹は、田嶋が逆「く」の字を作ってフットファーストで右足を踏み出したときに左膝をレッグアップする。髙橋大樹は、割れを作る過程で左肩が内に入る。右肘はヘッドの内側にある。左肩関節を格納し、右肘が推進。左膝を前に運び両股関節をぶつける前に左膝が伸びる(差される)。
髙橋大樹はアウトロー(右打者のインロー)のカットボールを打って捕邪飛

菊池涼介に4回裏、初安打を境目に変わったように言われるが、確かに右足内転筋の内旋のスパンは短くなりフットファーストは更に進んだが、初回から田嶋はフットファーストの投球が見られ瞬発力がボールに伝わりらず手も足もでないピッチングはしていない。変わったところは、右足の完全着地のときにスパイクの外側の踵に重心がかかり右肩が左肘の出より先に開く手投げが顕著になったところだ。
田嶋は、54球目、ダブルプレーン投球で3ボール、55球目も手投げ(アウトコースベルトの高さのストレート、ストライク)、56球目も手投げで左肘が下がりアウトローにカーブが外れて四球。フィジカル面、技術面の問題だ。

鈴木誠也は、真ん中高目のチェンジアップをスイングしてヘッドアップ。三ゴロに終わる。
髙橋大樹は、真ん中低目のストレートに泳いで中飛。

6回裏、田中広輔がチーム2本目のヒット(詳細後述)、田嶋は、92球目、リリースの瞬間に左腕上腕部が凹み、アウトロー(右打者のインロー)にスライダーをワンバウンドさせる、菊池涼介はこれを空振り三振(詳細後述)。

7回裏、エップアラーは、9球目、リリースの瞬間に右腕上腕部が凹み、真ん中低目にチェンジアップをワンバウンドさせる。

髙橋大樹は、エップラーが「く」の字を作ったときに左膝をレッグアップする。髙橋大樹は、探りのときに右足がインエッジ、右肘はヘッドの内側に入っている。割れがわずかなまま左膝と骨盤を並進させる。左足を着地させたとき左肘が張り出す。
髙橋大樹は、エップラーがワンバウンドさせたチェンジアップを空振り三振。

田中広輔のバッティング

田中広輔は、6回裏、探りのとき、割れを作って再び左足のスパイクの外側に体重を乗せて左足前脛骨筋を後ろに傾けた後、右膝と骨盤を並進させる前に、両股関節をぶつけて左足前脛骨筋が前に倒れて左足の拇指球を支点に左足首と左膝が外に外れる。

田中広輔の故障と言うのは左足の前脛骨筋か左股関節、それとも左足の腱なのか。右の脇腹か。

田中広輔は、アウトハイのスライダーをトップハンドの親指でグリップを押し込み人差し指でボールを受けてスイングするが瞬発力がバットに伝わっていない。結果は右前安打

右手で左肘の推進を押し戻せていないから右手の甲なのか。

8回裏、田中広輔は、割れがわずかで再び右膝、骨盤を並進し頭とヘッドの軌道が離れる。右膝が割れた後に左膝が真下に落ちる。

田中広輔は、インコース(左打者のアウトコース)ベルトの高さのストレートを打って右飛。

田中広輔は、10回裏、探りのとき、割れを作って再び左足のスパイクの外側に体重を乗せて左足前脛骨筋を後ろに傾けた後、右膝と骨盤を並進させる前に、両股関節をぶつけて左足前脛骨筋が前に倒れて左足の拇指球を支点に左足首と左膝が外に外れる。

田中広輔はインコース(左打者のアウトコース)ベルトの高さのストレートを打って中堅塀直撃の二塁打。

8回裏広島打線の攻撃

バティスタは、右足のスパイクの外側に体重を乗せ、左膝をオープンに運び左肩を残すが頭とヘッドの軌道が離れる。ヘッドをボールの外側に入れ両股関節をぶつける。わずかにヘッドアップさせるがアウトハイのスライダーを打って左前安打。
上本が、アウトローのストレートを、左足のスパイク外側踵寄りに重心をかけて一塁側にバント。

代打松山は、8回裏、割れを作るが左足はインエッジで右膝と骨盤を並進、両股関節をぶつけて左膝が内旋、踵が地面を離れ後ろ体重(左足のつま先の後ろに左足の踵が来る)になるが親指で左足前脛骨筋が前に倒れることと左膝が飛び出ることを抑止する。
松山は、インロー(左打者のアウトロー)のフォークを打って遊飛

野間申告四球、田中広輔は右飛(詳細後述)

9回裏広島打線の攻撃

先頭菊池涼介がワンバウンドの投球を空振り三振(詳細後述)。
西川は、右肩を残して右膝をオープンに運んでインハイ(左打者のアウトハイ)のストレートをスイング、両股関節をぶつけたときに左膝が三塁側に外れるが三遊間を抜ける安打。
エンドランだとしても4番なら左中間に引っ張って(そうすればレフトは三塁側に背を向けて打球を捕球する)走者を還せ、本塁打なら尚好し。
鈴木誠也は、右足の踵が離れ右足がインエッジのまま右足内ふくらはぎを外旋し割れを作る。左膝と骨盤を並進させ両股関節をぶつけて右膝を「真下」に落とすが、左足はスパイクの外側に重心がかかる。インハイのナックルカーブにヘッドがボールの内側→下に入りヘッドアップする。バウンドが高く弾んで一二塁間を抜ける。

笘篠は走者が走ることを知っていた、つなぐことに徹したと語るが、何で右膝が真下に落ちてんだよ。引っ張り損ねて走者を還し損ねたんだろうが。原因はメンタルじゃないよ経済関係、技術面だよ。源はフィジカル。

一死一三塁の場面、ピッチャーズカットができるから前進守備でも盗塁は難しい。一塁走者は二塁は進行方向だから二塁に偽投しても走らない。一塁、三塁へはプレートを外せば偽投できる。実際にフランスアは後ろ外しから左肩の方に体軸を回転して一塁偽投をしている。投球を投げた瞬間に、又は走者がシャッフルして打者がミートした瞬間に一走、三走にスタートを切られたくない、前進守備を破られたくないので俺は一人も前進守備はさせない。オリックスは一塁、二塁、遊撃、三塁全員前進守備。會澤はヒッティングでOK

會澤は、割れがほとんど作れず左肩関節を左肩甲骨に格納、左足の着地より先に両股関節をぶつけ右膝が真下に落ち左足の壁が崩れる。會澤はアウトローのナックルカーブを打って遊ゴロ

長野は、ディクスンが右肘をつまみ上げたときに左膝をレッグアップ。長野は探りのとき、右足がインエッジで右足の内踝が前に倒れ、割れを作れず左足のストライドが広がりフルスイングできない。長野は、アウトコースベルトの高さのストレートを見逃し三振。無気力とかじゃないよ。フィジカル面、技術面の問題。

菊池涼介のバッティング

4回裏、菊池涼介は、インコース(アウトコース)ベルトの高さのスライダーを打って左中間塀直撃の二塁打。
菊池涼介は、割れを作ったときに右足がインエッジで、左足を着地させて両股関節をぶつけると左足は突っ張るが、右膝が外に飛び出しかかり右足の拇指球で地面を蹴るが右足が滑る(後ろ体重)。打球にスライス回転がかかるが打球に角度がつく。泳がされた分、フェンスダイレクトにとどまる。
6回裏、菊池涼介は、割れを作ったときに左肩が内に入り、上体がホームベースを覆う。左肩が開いて右肘の出が遅れ、ヘッドが返る。
田嶋がアウトロー(右打者のインロー)にワンバウンドさせたスライダーを空振り三振

9回裏、菊池涼介は、ディクスンの投じた5,6球目(共に真ん中低目にワンバウンドさせたナックルカーブ)、探りの過程で右足がアウトエッジ→インエッジに切り替わり、右肘はヘッドの外側に張り出すが左肩が内に入り右脇が閉まる。割れを作らずに左膝と骨盤をオープンに並進させ着地する、引手主導でスイングし左肩関節を左肩甲骨に格納、5球目は右膝が前に飛び出す。6球目は右足が拇指球を支点に回る(後ろ体重)。
菊池涼介は、6球目のナックルカーブを振って空振り三振。

クリスジョンスンのピッチング

ジョンスンは、初球から、逆「く」の字のときに左足の踵が地面を離れ左膝が内に左足前脛骨筋が前に倒れ入ってフットファーストで右足を踏み出している。左肩は右肩よりも下げられている。

6球目、リリースの瞬間に左腕上腕部が凹んで投球をワンバウンドさせるが、左足は小指球を支点に踵が一塁側に倒れ左膝が伸びている。右足がO脚になっている。左股関節の外旋が足りていないから右足を軸に骨盤を回せない。瞬発力がボールに伝わらない。

ジョンスンは、21球目、38球目、逆「く」の字のときに左足の踵が地面を離れ左膝が内に左足前脛骨筋が前に倒れ入ってフットファーストで右足を踏み出している。

3回表二死満塁で吉田正尚は、ジョンスンが左肘をつまみ上げたときに右膝をレッグアップ。探りのときに左足がインエッジで踵寄りに体重がかかる。割れを作る前にストライドが広がって右足を着地したときに割れができる。吉田正孝はフルスイングできず見逃し三振。

上記の投げ方は降板まで変わらず、オリックス打線の打撃の動作の拙さに助けられたことは否めない。抑えられた原因としては、テイクバックのときに左肩を右肩よりも下げて縦回転を作ったこと、捻転差を横に小さくしトップを作るまでとフォロースルー期(三塁側へのタンブル&ターン)に脱力できていたこと、最大外旋位が大きく左腕前腕部の回外のときにしなりを作っていたことが挙げられる。

菊池保則、藤井皓哉のピッチング

菊池保則は右肘をつまみ上げたときに右足の小指球を支点に右膝が内に入る。左手は親指が上に切り替わる。
西野は、割れを作って右足のストライドを狭めクローズドにスイング、右膝を開きながら右肩関節を肩甲骨に格納、インサイドアウトでスイング、両股関節をぶつけると左膝が前(ショート方向)に飛び出る。
西野は、真ん中高目のストレートを打って三塁線に二塁打

菊池保則は、13球目、「く」の字のとき、右肘が逆Lのとき、右股関節の外旋、左足内転筋の内旋、右足のアウトエッジ、ステイバック、左手は小指が上であることの全てができている。
しかし、右肘をつまみ上げたときに右足の踵が地面から離れ右足の拇指球を支点に右膝が内に入る。左手は親指が上に切り替わり左肩が開く。
リリースの瞬間に右腕上腕部が凹み投球をワンバウンドさせる。
小島は、この13球目のフォークを空振り三振で二死二三塁。

二死なので外野も深めに守ってフライアウトにすればバックホームの必要はない。オリックスは表の攻撃だからサヨナラもない。二塁走者に還られても広島には裏の攻撃がある。しかし広島の外野は前進守備を採る。結果論ではありませんよ。前進守備でも打球が遅ければ本塁に還られる。2016年日本シリーズの大谷のケースの前後でも前進守備を採れと言っていない。深めの守備も批判せず支持している。俺は前進守備が嫌い。頭を越えられるのが嫌い。投球した瞬間にスタートを切られたり、三塁走者にシャッフルスタートを切られるのが嫌い。前進守備をしなけば二塁走者を三塁ストップさせられない外野手なんて要らない。深めに守ってポテンヒットで二塁走者に還られてサヨナラ負けしても納得する。数日前の記事でもいかなる場合でも前進守備は必要ないと書いている。

菊池保則は、打者大城のところでも「く」の字のとき、右肘が逆Lのとき、右股関節の外旋、左足内転筋の内旋、右足のアウトエッジ、ステイバック、左手は小指が上であることの全てができている。
しかし逆Lのときに捻転差が横に大きく、また、両肩がM字になる。
右腕上腕部を外旋してトップを作る前に右足の拇指球を支点に右膝が内に入る。右腕前腕部が回外して右手の手のひらが打者の方を向く。最大外旋位のときに両胸が打者と正対する。

大城は、割れを作ったときに右足のスパイクの外側に重心が乗り、右肘がヘッドの外に張り出す。ストライドが狭まる。振り下ろし始めに右肩が下がるがヘッドステイバックしてヘッドの軌道が頭の近くを通る。左膝をオープンに運び左肩を左肩甲骨に格納、両股関節をぶつけ左股関節が引っ込んで左膝が伸びる。右肘が左股関節の前に出る。骨盤が横にズレてバナナカーブができる。大城は、インハイのシュートを打って左中間塀直撃の二塁打。これが先制打となる。
運不運自然の次元の話ではない。大城がきちんと打てている。

菊池保則は、小田のところでも、右腕上腕部を外旋してトップを作る前に右足の拇指球を支点に右膝が内に入る。右腕前腕部が回外して右手の手のひらが打者の方を向く。最大外旋位のときに両胸が打者と正対する。リリースの瞬間に右腕上腕部の付け根がが凹んでいる。
小田は、割れを作って左足のスパイク外側に体重を乗せストライドを狭めて両股関節をぶつけ右足の壁を作る。左膝が外に外れるが回転半径を狭くしてスイング
小田は、16球目の真ん中のシュートを打って右中間に三塁打。広島0-3オリックス

中川は、割れを作って左足で壁を作って手首の下がりを抑えて打つ。中川は真ん中のカーブを打って左越二塁打。広島0-4オリックス

安達は、左肩を左肩甲骨に格納して左足で壁を作ってスイング。安達は、アウトコースベルトの高さのシュートを打って右越三塁打。広島0-5オリックス

藤井皓哉は、2球目、8球目、リリースの瞬間に右腕上腕部が凹み投球をワンバウンドさせる。左足が突っ張らずに右膝が外に外れている。両足の拇指球で地面を蹴ってシャッフル。右股関節の外旋が足りていないから右膝が外に外れる。

藤井皓哉は、17球目、「く」の字のときに右股関節の外旋、左足の内転筋を内旋しており、右足のスパイクの外側でエッジをかけられてる。右足の踵に重心がある。リリースの瞬間に左足が突っ張る、フォロースルーのときに左足のスパイクの外側で地面を蹴って上体を一塁側に倒し、右足をターン、両足をクロスさせる。しかし、右足の前脛骨筋、右膝が前に倒れ、骨盤が三塁側に滑っている。リリースのときに右膝が三塁側に外れる。右股関節の外旋が足りていないのだ。
後藤駿太は、割れを作って左足はインエッジで三塁方向に左膝が外れるが右膝をスクエアに運び、右股関節が引っ込んでヘッドステイバックする。両股関節をぶつけてスイング。
後藤駿太は、17球目、アウトコース(左打者のインコース)ベルトの高さのストレートを打って右翼線に三塁打。広島0-8オリックス

福田周平は、割れを作って左足のスパイクの外側に体重を乗せ右足のストライドを狭めて回転半径を小さくして手首の下がりを抑えてスイング。両股関節をぶつけたとき左膝が外に外れる。しかしバナナカーブを作って真ん中高目のストレートを打って右中間に三塁打を打つ。広島0-9
藤井皓哉は右腕上腕部を外旋してトップを作ったときに右腕前腕部が回外していた。

オリックスのリリーフ投手のピッチング

山﨑福也(さちや)は、左足のスパイクの外側の小指球寄りに重心をかけて左股関節を外旋して右膝をレッグアプする。右足を内に入れたときも左股関節を外旋する。
逆「く」の字を作ったときに左股関節を外旋、右足内転筋を内旋している。左足の踵が地面を離れ小指球を支点に左足前脛骨筋が前に倒れ左膝が内に入る。右足内転筋も外旋する。
テイクバックのときに左腕前腕部を回内し左肩を右肩よりも下げる。左腕は骨盤の横まで引き捻転差は標準レベルである。
左肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかるが、拇指球を支点に左膝が外に外れる。右足はスパイクの内側の踵寄りから着地するが右手は親指が上に切り替わる。
リリースの瞬間に右足が突っ張る。左足の小指球を支点に左膝が外に外れる。左足は一塁側に着地しフォロースルーのフィニッシュは頭の高さである。

山﨑福也は、8球目、逆「く」の字を作ったとき、左足はアウトエッジで腱も伸びているが、左足前脛骨筋が前に倒れ左膝が内に入り骨盤が一塁側に滑る。
インハイにチェンジアップが外れ野間のヘルメットのひさしにかすり山﨑福也は退場処分を受ける。

小林慶祐は、右足の腱を伸ばし右足のスパイクの外側の踵に重心をかけ右股関節を外旋して左膝をレッグアップする。
「く」の字を作ったときに右股関節を外旋、左足内転筋を内旋する。右足のスパイクの外側でエッジをかけ、右足前脛骨筋は前に倒れないが右膝が前に倒れる。右肩を左肩よりも下げる。
右腕前腕部を回内しテイクバックするが捻転差が横に大きい。右足の踵が地面を離れインエッジになりかかる。
右肘をつまみ上げたときに右足の拇指球を支点に右膝が外に外れる。左足は踵から着地し、左手は親指が上に切り替わり、左肩が開く。
リリースの瞬間に左膝が突っ張るが左足がO脚になる。右足は小指球を支点につま先の後ろに踵が来る。右膝が外に外れる。
フォロースルー期に左足の小指球で地面を蹴って右足をターンさせる。

試合経過

1回表

ジョンスンは、6球目、アウトロー(右打者のインロー)にスライダー141キロをワンバウンドさせる。

2回表

ジョンスンは、21球目、アウトローにスライダー140キロをワンバウンドさせる。

3回表

ジョンスンは、38球目、アウトロー(右打者のインロー)にナックルカーブ120キロをワンバウンドさせる。

5回表

ジョンスンは、81球目、アウトローにナックルカーブ118キロをワンバウンドさせる。

6回表

ジョンスンは、95球目、アウトローにスライダー132キロをワンバウンドさせる。

8回表

レグナルトは、8球目、アウトロー(右打者のインロー)にパワーカーブ123キロをワンバウンドさせる。

レグナルトは、14球目、アウトロー(右打者のインロー)にパワーカーブ125キロをワンバウンドさせる。大城は、これを空振りする。

9回表

フランスアは、2球目、アウトローにスライダー139キロをワンバウンドさせる。

フランスアは、13球目、インロー(右打者のアウトロー)にチェンジアップ138キロをワンバウンドさせる。

10回表

菊池保則は、7球目、アウトロー(左打者のインロー)にカーブ120キロをワンバウンドさせる。

菊池保則は、13球目、真ん中低目にフォーク133キロをワンバウンドさせる。

藤井は、2球目、インローにスライダー131キロをワンバウンドさせる。

藤井は、8球目、アウトロー(左打者のインロー)にフォーク129キロ「をワンバウンドさせる。

1回裏

田嶋は、6球目、アウトロー(右打者のインロー)にスライダー121キロをワンバウンドさせる。

田嶋は、14球目、アウトローにスライダー115キロをワンバウンドさせる。

3回裏

田嶋は、31球目、真ん中低目にスライダー123キロをワンバウンドさせる。

6回裏

田嶋は、92球目、アウトロー(右打者のインロー)にスライダー121キロをワンバウンドさせる。

7回裏

エップラーは、8球目、アウトローにパワーカーブ127キロをワンバウンドさせる。

エップラーは、9球目、真ん中低目にチェンジアップ138キロをワンバウンドさせる。

8回裏

近藤は、4球目、真ん中低目にフォーク128キロをワンバウンドさせる。

近藤は、9球目、真ん中低目にフォーク130キロをワンバウンドさせる。

9回裏

ディクスンは、6球目、真ん中低目にパワーカーブ137キロをワンバウンドさせる。

ディクスンは、15球目、インローにパワーカーブ138キロをワンバウンドさせる。

ディクスンは、16球目、真ん中低目にパワーカーブ136キロをワンバウンドさせる。

ディクスンは、21球目、インローにパワーカーブ137キロをワンバウンドさせる。