2019広島vsロッテ1回戦貧打により追加点が取れず延長戦にもつれ込む。

涌井秀章vs広島打線

涌井は、「く」の地を作って左肘と左膝を並進させる直前に骨盤が滑る。左足内転筋の内旋はしているが右股関節の外旋が足りない(「く」の字を作り始めたときは右足のスパイクの外側でエッジがかけられている)。右肘が上がっていかず、リリースの瞬間に右腕上腕部が凹み。フィジカル面も肉体の稼働の面も良くない。

バティスタは、3回裏、真ん中低目のストレートを振って中堅へ飛球を打つが塀手前で荻野に捕球される。
5回裏、アウトローのストレートを振って左翼方向に飛球を打つが塀際で鈴木大地に捕球される。

バティスタは、探りのときにスパイクの外側に重心が乗って右膝を真下に落として右足の拇指球で地面を蹴っている。しかし着地直前に右股関節が内旋して「割れ」がないから左足の壁が崩れてヘッドステイバックができないから打球が失速する。「荻野が上手かった。鈴木大地が上手かった。不運だ」じゃないんだよ。

西川は、4回裏、涌井が投じた真ん中低目のチェンジアップを打って右翼席に本塁打。

西川も涌井が投じたボールは、塀ギリギリでなく中段~上段に打てるボール。西川じゃ右肘と右膝を並進させるとき左膝は上に外れてこそいないが伸びてしまっているからミートの瞬間に右膝から頭までのラインができていない。

球界OBの解説者の中には、内外野の前に落ちる打球について、「後ろに体重を残して上手く打ちましたね」と言っている人がいるけど、前足を軸に骨盤を回転し、後ろ足を蹴ることによって後ろに体重を残していないからヒットになったのに、ヘッドステイバックの形だけを見て後ろに重心を残して打ったと誤解しているのだ。ヘッドステイバックの前に軸足を前足に移していることとその後に後ろ足で地面を蹴っていることを見落としているのだ。
同様の誤解は、石井琢朗、東出、迎もしている。
探りのとき骨盤が投手の方に向かっていくなまでは合っている。しかし着地直前は後ろんp股関節を外旋して割れは作っても重心は後ろ足に残したらダメなのだ。これはピッチングと同じである。
東出は小園に、ステイバックのできていない松山を手本にしろと言い、トップを固めろと言う(これはOBの笘篠も言っている)。
トップを固めることは重要じゃないんだよ。メジャーの打者はトップなんて固めなくても打っているだろうが。

田中広輔も再び左足が探りのときインエッジになりステイバックができなくなっている。

3回裏、アウトコースベルトの高さのスライダーを振って二塁打を打った菊池涼介もヘッドがボールの下に入ってヘッドアップしている。

指導者の中にはダウンスイングだから手首を返してしまうという人がいるが、ダウンスイングだからではなくボールの内側を振ってミートの瞬間に手の甲が伸びてしまうからである。
ダウンスイングというのはボールの上っ面を打つのではなくボールの外側を縦に擦り下ろすことであるということがわかっていない。ダウンヅイング、アッパースイングだとヘッドがボールの外側に入るがレベルスイングだとヘッドをボールの外側に入れるのが難しい。

緒方は監督として名将とは言えないが、バッティングコーチとしては上の三者よりもずっと優秀。右のレベルスインガーは使わないことからこのことはもわかる。野間もレベルスインガーになったから長野が使われている。守備走塁コーチとしても河田、廣瀬、玉木よりもずっと優秀。野間のバッティングは緒方が指導しろ。

走る野球ができなくなったのは野間の代わりに長野を使ったからではなく、長野を一番打者で起用しているからである。一番打者は進塁打は要らないから菊池涼介を一番に据えて左に引っ張らせればいい。引っ張らせれば打撃は崩れない。スパイクの外側に体重が乗ればボール球は振らない。日本の投手コーチはどこも総じてアホだからコーナーを突かせる。四球も増える。二番にセンター西川、三番は左打者にしたいがいないのでバティスタ、長野は5番レフト。

ロッテのリリーフ投手のピッチング

ブランドンは、スパイクの外側の小指球に重心をかけて左股関節を外旋して右膝をレッグアップ。右膝をルーズに曲げて逆「く」の字を作ったときに、左足のスパイクの外側でエッジをかけているが、左膝が内に入る。左肘をつまみ上げたときに左腕前腕部を回内し、左腕を背中の方に引かず、上体と下半身の捻転差は小さい。
左肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかる。左足首、左膝は外に外れていない。しかし、左足の拇指球を支点に左膝が内に入る。右手は親指が上に切り替わり、右足はスパイクの踵から着地している。
リリースの瞬間に右足が突っ張り左膝を落として左膝から頭までラインができ三塁側にタンブルできているが左腕上腕部が凹むことがある。右足の踵を支点に左足をターンさせる。

酒居は、右足のスパイクの外側の踵に重心をかけ右股関節を外旋して左膝をレッグアップ。2回目のレッグアップの前にも右股関節を外旋する。
「く」の字を作ったとき、右足の小指寄りでエッジをかけ右股関節を外旋、左足内転筋を内旋。右肘が緩い逆Lのときに左手は親指が上になる。
右肘をつまみ上げたとき右足の拇指球を支点に右膝が内に入り左肩が開く。左足はスパイク内側の拇指球寄りから着地するが完全着地のときにスパイクの外側の踵に重心が移る。
リリースの瞬間に右膝が真下に落ち右膝から頭までラインができるが、左足が突っ張らずO脚になる。ホームベース方向寄りに上体がタンブルする。

益田は、右足のスパイクの外側の踵に重心をかけ右股関節を外旋して左膝をレッグアップ。「く」の字を作ったときに右股関節を外旋し右足はスパイクの外側でエッジをかけ、左足内転筋を内旋している。
右肘をつまみ上げたとき、右足の拇指球を支点に右膝が内に入る。左手は親指が上に切り替わり左肩、左膝が開く。左足はスパイクの外側の踵から着地するが、完全着地のときにインステップしている。
右腕上腕部を外旋してトップを作る前に右腕前腕部が回外する。
リリースの瞬間に左足は突っ張らない。右肘の高さは右肩関節よりわずかに上、体軸はわずかに一塁側に倒れるスリークウォーター。右膝が真下に落ち頭までラインができる。
左足の小指球で地面を蹴ってシャッフル、左足はスパイクの外側の踵で着地し、右足はスパイクの内側で三塁側に着地する。

田中靖洋は、右足のスパイクの外側の踵に重心をかけ右股関節を外旋し左足をレッグアップ。「く」の字を作ったときにスパイクの外側でエッジをかけているが右膝が前に倒れ内に入り始めている。骨盤が三塁側に滑る。左足の内転筋の内旋はしている。テイクバックのときのときに右腕前腕部を回内し、骨盤の横まで右腕を引く。
右肘をつまみ上げたとき右足の拇指球を支点に右膝が内に入る。頭が骨盤の中心線より前に出される。左肩が開く。左足はスパイクの内側の寄りから着地し、完全着地のときにスパイクの外側の踵に重心が移る。
リリースの瞬間に左足は突っ張るが右腕上腕部が凹む。右足のターンはできている。

西野は、右足のスパイクの外側の拇指球寄りに重心をかけ右股関節を外旋して左膝をレッグアップ。「左膝を内入れしたとき二塁ベース方向にステイバック。「く」の字を作ったときに右足のスパイクの外側でエッジをかけるが、右足の踵が地面を離れ右足の拇指球に重心をかける。左足内転筋の内旋はしているが右股関節の外旋しが足りず骨盤が滑る。
テイクバックのとき右腕は骨盤よりも前までしか引かないが右股関節を外旋し上体と下半身の捻転差は大きい。テイクバックのとき右腕前腕部が回外している。
右肘をつまみ上げたとき右足の拇指球を支点に右膝が内に入る。腸腰筋が内旋する。左足はスパイクの内側から着地してるが、左手は親指が上に切り替わり左肩が開く。

リリースの瞬間に右膝が真下に落ち頭までラインができる。左足はほぼ突っ張るが右腕上腕部が凹む。右足のターンはできているが上体のタンブルは小さい。

鈴木誠也のバッティング

鈴木誠也は、8回裏、酒居の投じた通算9球目、インコースベルトの高さのフォークを見逃し。
11球目アウトローのスライダーにヘッドが返る。13球目、探りのときに左肩が内に入り左肩が押しての推進より先に開いて真ん中低目のフォークを空振り三振

前回、前々回の記事と重複するが、鈴木誠也の場合、真ん中やインコースを振れない原因としてこの試合に限らず、ステップ幅が広がる、左肩が内側に入るが当てはまる。軽度の踵体重はしょっちゅうある(後ろに滑ってないのでこれは構わない)。

割れを作るときに右股関節を外旋するわけであるが、前脛骨筋は回外して小指球側、スパイクの外側に体重がかかる(内反)。

割れの後、先に軸足を先に前に移していないと、ミートの瞬間に両股関節をぶつけて右膝を真下に落とすとき、前脛骨筋は拇指球側に回内して拇指球側に体重がかかる(外反)。

守備で前踝を故障した関係で内反が難しいのでステップ幅が広がってしまう。

鈴木誠也に対しては、鈴木誠也が引退するまで相手投手はこの面を攻めてくる。

対策としては、左膝を骨盤まで上げるのではなく外国人選手のようにヒッチを明確にして波動を作ることで内反の負担を軽減させる、軸足を前に移したら拇指球を支点に右膝を落とすのではなく投手のように右足の拇指球で地面を蹴って右膝を真下に落とすことが挙げられる。

中﨑翔太は二軍調整と一軍で投げさせながらの調整のどちらが妥当か

九里は、1回表の岡の三振(32球目)、3回のレアードへの四球(62球目)、中村奨吾の三振(95球目)を始め、リリースの瞬間に右腕上腕部が凹んでワンバウンドさせた投球が97球中6球。5回終了の段階で97球だがこれ以上投げさせるのは無理。球威のない投手はコーナーピッチングをしたらダメだ。手投げになる。

中村恭平はクイックでは、逆「く」の字のときにスパイクの外側でエッジをかけられているが、内踝が前に倒れている。右足内転筋の内旋も足りない。大腿骨のヒッチアップの前に骨盤が打者の方に並進してしまう。左肘をつまみ上げるときに小指球→拇指球と支点が移る。左膝が外に外れる。右足はスパイクの内側から着地しているが右手は親指が上になっている。最大外旋位のときに左膝が真下に落ちラインができるのが早すぎる。リリースの瞬間に左膝が折れ曲がる。

中村恭平は、中村奨吾に真ん中のストレート152キロを投じるが、押し手主導で左前安打を打たれる。2-2の同点とされる。

九里は無駄球が多すぎた。全ての投手に言えることだが中村恭平も見せ球は要らない。3球続けてゾーンに投げるのは間違いではない。中村恭平は、もっとストレートに磨きをかける必要がある。

フランスアは、左足をプレートの後ろに外し左肩の方に体軸を回転して一塁牽制、岡をアウトにする。

自チームの攻撃が裏のホームの試合では同点の場合、優れた投手から順に投げさせるからフランスア、中﨑の順になるのは止むを得ない。一岡、中村恭平、レグナルトの順番も間違ってはいない。俺だったらフランスアを回跨ぎさせずに10回に中﨑を投げさせる。それで中﨑が打たれて負けたら仕方がない。できるだけ投手の損耗を抑える。結果論ではないですよ、常日頃回跨ぎは反対していますから。

ブルペンとマウンドでは傾斜、地面の硬さが異なるから股関節の外旋、ストライドの幅が異なってくる、ストライドの幅が広がれば左足の着地から右肘が出てくるまでの間ができるので投球に関係してくる。右腕が遅れて出てくる投げ方というのは最大外旋位が大きく前腕部が肘より遅れて出て前腕部を回外したときに前腕部がしなる投げ方を言い、左足の着地から右肘が推進するまでの間は短くないといけない。しかし。メディアや一部の球回OBは、「捻転差を大きくインエッジで「く」の地を作ってストライドを広げ、左膝と左肘の並進後、右股関節の外旋を右肘の推進より先行させ、左足の着地に右肘が遅れて出てくる投げ方」を称賛している。

中﨑は、リリーフで肩関節の外転、外旋、内旋を無数に行っているから既に相当棘下筋は損耗している。これはリリースの瞬間の右腕上腕部の凹みとなって現れる。

中﨑は、左膝と左肘を並進した後、リリースの瞬間に両股関節をぶつけたときに左足が突っ張って左足で壁ができる。「く」の字のときにスパイクの外側に体重が乗って左膝と肘の推進のときに右股関節の外旋ができていれば、左足で壁ができれば左の股関節が引っ込んで骨盤の回転よりも右肘が前に出る。バッティングのミートの瞬間のヘッドステイバックと仕組みは同じである。

しかし、右肘をつまみ上げるときに右足は腱が伸びてスパイクの外側でエッジがかけられているが、前脛骨筋が外反して右膝が内に入っている。クイックで投げるとそれが顕著になる。左足で作った壁が崩れてフォロースルー(前腕部の回外)のときに左膝が折れ曲がる。上体が本塁寄りに倒れる。手投げになるから棘下筋に負荷がかかる。前足でなく後ろ足で骨盤を回転させているから瞬発力がボールに伝わらない。

中﨑は棘下筋の損耗が、軸足移動を修正することで負担を軽減し誤魔化せるレベルか否かでファームで調整させるか一軍の試合で投げさせながら調整をさせるかを決めればいい。

私見では、ファームに落として3週間リハビリ、二軍で複数試合登板させると二軍の打者の始動、ドアスイングに馴染んでしまうので基本的に二軍戦では投げさせない。リハビリ後、二軍戦はギアを上げずに試運転1度のみで投球内容は問わない。一度の試運転だけで一軍に戻して敗戦処理→僅差のビハインド。

試合経過

1回表

九里は、19球目、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる。

九里は、32球目、真ん中低目にチェンジアップ132キロをワンバウンドさせる。

2回表

九里は、40球目、アウトローにチェンジアップ129キロをワンバウンドさせる。

3回表

九里は、51球目、真ん中低目にチェンジアップ130キロをワンバウンドさせる。

九里は、62球目、真ん中低目にチェンジアップ127キロをワンバウンドさせる。

5回表

九里は、95球目、真ん中低目にチェンジアップ129キロをワンバウンドさせる。

8回表

レグナルトは、5球目、真ん中低目にチェンジアップ135キロをワンバウンドさせる。

レグナルトは、12球目、真ん中低目にストレート148キロをワンバウンドさせる。

10回表

フランスアは、12球目、アウトローにスライダー136キロをワンバウンドさせる。

2回裏

涌井は、19球目、真ん中低目にフォーク123キロをワンバウンドさせる。

4回裏

安部は、51球目、アウトロー(左打者のインロー)にストレート140キロをワンバウンドさせる。

7回裏

ブランドンは、12球目、アウトロー(右打者のインロー)にストレート151キロをワンバウンドさせる。

ブランドンは、13球目、真ん中低目にスライダー1130キロをワンバウンドさせる。

10回裏

田中靖洋は、9球目、アウトローにスライダー138キロをワンバウンドさせる。

田中靖洋は、12球目、アウトローにスライダー137キロをワンバウンドさせる。