2019広島vs阪神12回戦,アドゥワ誠2回7失点

フィジカルの存在という源があって、肉体の稼働という根拠があって権利義務関係が形成される。他人の肉体を使って他人の肉体を働かせることを決定し後付けで目的(大義)が作られる。属性や価値が付与される。最初から存在に価値、属性、義務が備わっているのではないから「そもそも論」というのは頭の悪い者がする論述の展開である。

アドゥワ誠のピッチング

アドゥワは、ブルペンでの投球、マウンドでの投球、肩が冷える、回跨ぎ、休養、連投という過程を経て棘下筋が損耗している。先発を委託されいかに労働力を再生産していくか、どのように肉体を稼働させていくかが課題である。

アドゥワは、テイクバックで背中の方に引くのをやめ、上体と下半身の捻転差を小さくした。ここは進歩したところ。しかし、テイクバックの段階で右股関節の外旋が足りずに右股関節が内旋し、右足内転筋が内旋してしまっている。それにより左足内転筋の内旋ができていない。梅野に本塁打を打たれた投球、大山に三塁打を打たれた投球、近本に右前打を打たれた投球は、いずれも右肘をつまみ上げたときに右足の拇指球を支点に右膝が内に入っている。
ヒッチアップによって右肘をつまみ上げる前に両足が並進しているから、左手を小指を上から親指を上に転換させてしまい右肘をつまみ上げたときに左肩が開く。2回表の梅野に本塁打打たれた投球、大山に三塁打を打たれたの投球もこれに当てはまる。
梅野、大山は左膝が割れながら左肩を残して逆方向に打っている。

右股関節の内旋と左足の内転筋の内旋が右肘の推進より前に並進してしまっているから左足の内くるぶしが開く。結果としてはリリースの瞬間に左足が突っ張る。左足のスパイクの外側で地面を蹴ってシャッフルできる、右足のターンもできる。しかし、手投げの動きで右肘を推進させるから右肘が伸びて棘下筋に負荷がかかる。右腕上腕部がリリースの瞬間に凹む。

ボールが高いのが良くないのではない。インハイに外れるのが良くない。アウトハイは必要。
プロの打者は、バットをボールの軌道の距離が取りやすい低目のワンバウンドを振らない。

瞬発力の乗ったストレートが投げられないから打者の始動を遅らせ体を前に出すことができない。動くボールが活きてこない。

アドゥワは手投げで右肘が下がり髙山に四球を与える。
木浪はレベルスイングで右肘を抜きながら押し手でヘッドを運ぶが手首を返してしまう。
近本、糸井は共にスイングの軌道をヘッドアップさせている。

糸原はドアスイング、ヘッドをボールの外側に入れ手首の下がりを抑えるが左飛。
マルテは振り下ろす直前にヘッドが寝て手首が下がりヘッドアップし左肘を使ってバットでボールを掃うことで手首の位置を戻している。
アドゥワは57球目アウトローにスライダーをワンバウンドさせマルテは二塁進塁。
梅野は右肘をヘッドの外側に張り出し右脇を空け左膝をオープンに運んで真ん中低目のカーブを右前打。

アドゥワのバント処理については打球の正面に入り左足のスパイクの内側でエッジをかけ、右足の拇指球に重心がかかってトップを作るのが遅れた。

菊池保則も低目のワンバウンドが多いから打者はフォークを振ってくれずに球数が増える。

アドゥワを2回続けて先発に失敗しただけで中継ぎに転向させるというのは早計であると言えなくもない。
先発調整をさせてきた投手をシーズン中にリリーフに転向させることはブルペンでの投球の過程で無駄に右腕の棘下筋を損耗させてしまったことになる。このままずっとリリーフで起用するというのであれば使い捨てである。技術面で先発のできない投手を勝ち継投に組み込むことはリリーフの軽視である。アドゥワは今のままでも、始動が遅くドアスイングのファームの打者相手であれば抑えられてしまうので、ファームで再調整というのは妥当ではない。ストレートの練習をさせるだけというのであれば球数を多く投げさせる必要はないから一旦中継ぎで調整させて先発に戻すというのであれば理解できなくもない。

鈴木誠也のバッティング

ガルシアは、74球投げて5回を終了させた段階でワンバウンド投球が0。左肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつけて剥がす投球をしていた。リリースの瞬間に右膝も突っ張っていた。6回になって左腕上腕部が凹み始めワンバウンドの投球が頻発した。左肘をつまみ上げたときに左足がインエッジになって左膝が内に入っている。

鈴木誠也は、1,3回、6回の二度の打席と、探りのときに右足のスパイクの内側でエッジをかけステップ幅を手前に引き戻すことができずに着地しているのでフルスイングができていない。

6回裏 西川は右膝が開いてヘッドがボールの内側に入るが右肩が残っていたことで左前に落ちる。
磯村がインサイドアウトスイングで右前安打。

ガルシアは手投げの投球で小窪に四球を与える。田中広輔は探りのときにステイバックができており、スライス回転がかかっても左前に落ちる。髙山は、右肘をつまみ上げたときに右足小指球を支点に右膝が内に入り左足がインステップする。本塁への送球がアウトローに外れる。
長野は踵体重になって空振り三振。

6回裏野間がヘッドアップさせ遊ゴロを打つ。この打撃が野間の成長を阻んでいる。

木浪は、ハーフバウンドの頂点で捕球、右肘をつまみ上げたときには右足のスパイクの内側でエッジをかけ(インエッジ)、インステップする。マルテは右肘をつまみ上げたときに右足がインエッジでステップ幅が広がる。大山も右肘をつまみ上げたときに右足がインエッジで骨盤が回り始める。マルテは右肘をつまみ上げたときに右足の小指球を支点に右膝が内に入っている。
焦りだとかいうメンタルは関係ない。技術が未熟なのだ。

ガルシアはアウトローにスライダーをワンバウンドさせて菊池涼介に四球を与える。
バティスタは、ヘッドがボールの外側に入れ壁を作って左前安打。
しかし、鈴木は、インハイ(右打者のアウトハイ)を見逃し三振

山口翔はもう2~3回先発で見てみたいが、遠藤はテイクバックが横に大きく右肘の推進よりも骨盤が先に回転するので一軍では通用しない。ケムナブラッドは、右肘の推進よりも骨盤が早く回転するので左足はスパイクの外側から着地しておりリリースの瞬間に左足が突っ張らず一軍では通用しない。九里の先発復帰が妥当。フランスアのクローザーは、個人的には順番に拘らず相手のクリーンアップのときに登板させたいが、窮余の策なのだろう。

試合経過

1回表

アドゥワは、11球目、真ん中低目にカーブ111キロをワンバウンドさせる。

2回表

アドゥワは、47球目、アウトローにスライダー128キロをワンバウンドさせる。

アドゥワは、57球目、アウトローにスライダー128キロをワンバウンドさせる。

アドゥワは、65球目、真ん中低目にストレート138キロをワンバウンドさせる。

3回表

中村恭平は、3球目、アウトローにストレート149キロをワンバウンドさせる。

中村恭平は、11球目、アウトローにストレート150キロをワンバウンドさせる。

5回表

九里は、9球目、アウトローにチェンジアップ129キロをワンバウンドさせる。

6回表

九里は、21球目、アウトローにチェンジアップ133キロをワンバウンドさせる。

7回表

菊池保則は、8球目、アウトロー(左打者のインロー)にフォーク133キロをワンバウンドさせる。

菊池保則は、15球目、アウトロー(左打者のインロー)にフォーク130キロをワンバウンドさせる。

菊池保則は、29球目、アウトロー(左打者のインロー)にフォーク132キロをワンバウンドさせる。

9回表

中﨑は、12球目、アウトローにスライダー139キロをワンバウンドさせる。

6回裏

ガルシアは、79球目、アウトローにスライダー132キロをワンバウンドさせる。

ガルシアは、92球目、インロー(右打者のアウトロー)にチェンジアップ138キロをワンバウンドさせる。

ガルシアは、96球目、アウトローにチェンジアップ139キロをワンバウンドさせる。

ガルシアは、105球目、アウトロー(右打者のインロー)にスライダー135キロをワンバウンドさせる。

7回裏

藤川は、7球目、アウトローにストレート142キロをワンバウンドさせる。

8回裏

ピアースジョンスンは、12球目、アウトローにパワーカーブ134キロをワンバウンドさせる。

9回裏

ドリスは、3球目、アウトローにツーシーム156キロをワンバウンドさせる。