2019広島vsヤクルト10回戦,荒川に輝く三等星鈴木誠也のバッティング

鈴木誠也のバッティング

鈴木は、探りのとき右足のスパイクの外側でエッジをかけているが右足は拇指球寄りに重心をかける。振り下ろし始めに若干右肩が下がりヘッドステイバック。左手で右肘の推進を押し戻してボールの外側を擦り下ろす。これ、詰まらせて打っています。

バットをボールの下に潜らせてバックスピンをかける。”自分はホームラン打者ではありませんから”という言い訳が通用しない”レベルスイングなんかクソくらえ、石井や河田の教えなんかクソくらえ”のメジャーのホームラン打者のバッティング(比喩でなく本当にそうです)。
もはや東出や迎は誠也を説教できません。
ミートの瞬間、俺は追わなくてもわかる本塁打を確信しました。

誠也よ、カープを捨てろ、メジャーへ行け!

鈴木誠也は右脛骨(けいこつ)内果剥離骨折により、スパイクの内側、拇指球を支点に左足に軸足を移す動作が俊敏にできなくなり、それまでは打てていたインローが打てなくなった。投げるときの軸足移動と逆の軸足移動をする左打者並みに捕手側の股関節の内旋のスピードが落ちたのだ。
ヤクルトベンチには特攻型の守備を奨励した河田もいる。

他球団によるインロー攻めは、障害者いじめのようなもの。しかし経済関係における生存競争においてはそれは正当化される。プロ野球選手は同情されたらお終い。

3回表の第二打席は、探りのとき、右足は踵に重心をかけるが、スパイクの内側でエッジをかけステップ幅が広がる。

インローのストレートにフルスイングができずに見逃し三振に終わります。

30分間中断の後、投手は肩が冷え、地面が掘れ易くなるのでステップ幅の調整も難しい。しかしバティスタはステイバックが足りず上体が突っ込んで左膝が右肘の推進より先に開いて三振

5回の第三打席、鈴木はインローのストレートに対し、拇指球を支点に右股関節を内旋し両股関節をぶつけ左足が突っ張り、左足の壁ができる。左足を軸に左膝を開きながらボールの外側にヘッドをぶつけバットが折れる。結果は左翼線寄りの二塁打。

バットをへし折られ打者にとっては屈辱だ。バットを折られなければ”河田てめえコノヤロー、思い知ったかボケ!”と叫んでいたところだが、俺はグッと呑み込んだ。

西川は、5回表、とんでもないドアスイングでグリップ寄りにボールが当たりスライス回転がかかる。
それでも安打になったのは、探りのときに左足のスパイクの外側でエッジをかけ左股関節を外旋、右足内転筋の内旋ができており、ヘッドが立っていたからである。
安打、凡打に運不運はない。完璧ではない打ち方をしていても必ず根拠がある。

これで5-3と勝ち越し。

髙橋奎二は、左肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかるので、両肩甲骨を剥がすことでボールの回転数を増す土台となっている。逆「く」の字をルーズに作ったときの左股関節の外旋、右足内転筋の内旋が足りず、右手も親指が上になっておりリリースの瞬間に右膝がタイトに曲がっている。故に逆球が多かった。

鈴木誠也の第一打席の投球では左肘をつまみ上げたときに左足の拇指球を支点に左膝が内に入っており、右足はスパイクの外側の踵から着地していた。

バティスタの引っ張りは間違いではなく、引き付けて打てていないのが問題。
“引き付けて右方向に打て”だとヘッドがボールの内側に入って手首の位置が下がるから速い球が打てない。引き付けて引っ張るが正しい。

外国人打者は日本人打者よりも始動が遅く、投手側の膝を高く上げることをせしない。トップも日本人選手のようにカチっと作らない。しかし、ヒッチによってステイバックして捕手側の足のスパイクの外側に重心をかけてから軸足を移動している。

日本人打者のようにカチっとトップを作ることよりも予備動作で波動を作ることの方がずっと重要である。トップを固める必要はないがステイバックは重要である。それと股関節の外旋→内旋のスピードが重要。

大瀬良大地のピッチング

ヤクルトは村上が19歳3か月で4番。
村上は早生まれにカテゴライズされるので20歳の奴等と同学年。

私が20歳のときはと言うと既に野球は辞めており、曲作りとライヴ活動の日々、活動費はイタ飯屋のバイトで稼いでいました。

鈴木誠也はダウンスイングですが、村上は、右肘を抜きながらのレベルスイング。ヘッドを残して体の近くにスイングが通過する。ミートの瞬間にボールを縦に擦って右翼席に本塁打、ヘッドをボールの下に潜らせず、スライス回転をかけて本塁打。村上はプロではホームラン打者ではなく中距離打者。

大瀬良は、「く」の字を作ったときまでは、右股関節の外旋、左足内転筋の内旋はできているが、右肘をつまみ上げたときに右膝が内に入り、左肩が開いてしまっている。

大瀬良は、1回だけで32球を要しますが、その後は打たせて取るピッチングで1イニング平均12球、104球で7イニングを食った。

フランスアは、左腕上腕部を外旋してトップを作る前に両股関節をぶつけ、リリースの瞬間に右足が突っ張る。上体を三塁側に倒して左足を三塁側へターン、両足をクロスさせる。

村上はフランスアが左肘をつまみ上げ始め、右足スパイクを内側から着地させ始めたときに、右膝をレッグアップ、更にヒッチアップも遅れ、空振り三振。
この球は、世界中の誰も当てることができないだろう。

中﨑は、大半の投手と同じく中指と人差し指をくっつけボールの外側を縦に擦るカットボールの投げ方でストレートを投げる。

中﨑は、リリースの瞬間に左足が突っ張り、右股関節の外旋、左足の内転筋の内旋はできている。コッキングの角度もオーバーハンドの角度を維持できている。フォロースルー期の右足のターン次第でストレートは再生できる。

球数を投げれば投げるほど、肩関節の外旋、内旋の回数が増えるから肩関節が擦れ棘下筋が損傷していく。中﨑は棘下筋が相当損傷しているのでコーナーピッチングはしたらダメだ。

先頭打者から全力で投げる必要はない。本塁打さえ打たれなければいい。ゾーン内に投げていかないといけない。

次の試合の先発は山口翔と小川

山口にとってもチーム状況が1勝1敗ならどうとか0勝2敗ならどうかは関係ないだろう。
山口は、骨盤の回転方向と右肘の推進方向が逆でシュート回転する投げ方なので、現段階では2回5失点ぐらいだろう。仮に序盤で広島打線が小川を打ち崩しても勝利投手になるのは難しいだろう。あくまで練習台だろう。