DeNAの先発投手候補エディスンバリオスのピッチング

バリオスは、右股関節の外旋をしてから、右足踵に
重心をかけて、スパイクの内側でエッジをかけてステップ。

左膝を内に入れ、二塁側に右股関節を外旋してから投げるが、フットファースト

トップを作る過程で、右足でエッジをかけられているときと、右足で蹴り始めているときとがある。

右肘をつまみ上げたとき、右股関節、腸腰筋は内旋しないが、左肩が開いて、左肘と左膝が並進しない。

左足はスパイクの内側の踵寄りから着地。

左足の着地から右肘の推進までに間がある。

フォロースルーで一塁側に右足をターンさせる。